FC2ブログ

ここでは、 に関する情報を紹介しています。

連絡

父が亡くなりましたので、ちょっと休ませていただきます。
私はもったいながりだ。
特に、洗い物に関してもったいないと考えることが多い。
洗い物といえば二種類ある。
食器と衣類だ。
そのどちらにもモッタイナーを発揮する。

たとえば食器なら、
夕食のおかずが冷や奴、朝の弁当の残りの炒め物、サラダ、だったとしよう。
おつまみが足りなくなって干物を焼くことになったら、
それは食べ終わった炒め物のさらに乗せたい。
新たな皿に乗せたら洗い物が増えるからだ。

少しだけ残っているごはんを片づけてしまおうと思ったら、それは冷や奴の器によそう。
冷や奴といえば、わが家では伊勢うどんのたれで味付けをする。
当然汁が残るのだが、ごはんをよそうとなれば汁があっては困る。
これは流したりせず、薬味や天かす、生卵などを入れておつまみとして食べてしまう。
むしろ伊勢うどんのたれの味が付いたごはんがうれしいぐらいだ。

まだ飲み足りない、豆やあられでもうちょっと飲みたいという時は、
常に近くにあるメモを1枚ちぎり取り、フチを折って小皿代わりにする。
袋から直接食べると手が汚れるからだ。
もちろん、モノによっては小鉢を使う時もある。
そのときは「小鉢って便利」と思う。


衣類の場合、
たとえば脱ぎっぱなしの短パンがあったとしよう。
もちろん、居酒屋や買い物ぐらいならそれを穿いていく。
しかし、それだけで洗濯した方がいいだろうか。
汚れるか汚れないかはともかく、一度畑に穿いていってから洗おうか、と思う。

休日の朝から畑に行ったとしたら、もうズボンは汗だくだ。
ちなみに、うっかりボールペンを入れたまま洗濯してしまって、
ポケットあたりにインクが染みついてしまった会社の作業ズボンを畑用にしている。
午後も畑に行かなければならないとしたら、これをもう一度穿けばいいのではないか。
なにしろ、また汗だくになるのは決まっているし、インキ漏れズボンはそれだけなのだ。

しかし、たいていこれはちづるに阻止される。
となると洗濯してあるきれいなズボンを午後のためだけに汚さなければならない。
午後は疲れているからそんなに大層な作業はしない。
そんなときのために、短パンをその辺に脱ぎっぱなしておくのだ。


そんな私の上を行くのが、私の母だ。
日めくりの紙が折って置いてあった。
ちょっとゴミでも捨てるときのために取ってあるのだそうだ。
もちろん包装紙やレジ袋、プラ容器などもちゃんと保存している。

先日実家に行ったとき、洗面台に水が溜めてあったので何か訊ねたら、

「まだきれいな水やから」

ということだった。
絶対何かに使ったに違いないのに。






↑袖を一度通したら洗濯するって人はそんなに自分が汚いと思っているのでしょうかクリックしてね。




見つけたら拾う
朝、寝室を出て外を見ると大雨だ。
昨夜は風の音で夜中に何度も目覚めさせられた。
台風は九州の向こうだというのに、三重県でこのありさまだ。
なんと凶悪な台風だろう。

家を出る前はどしゃ降りだったのに、玄関を開けたらやんでいた。
これも日ごろの行いの良さだろう。
会社までは再びどしゃ降り。
車はひさしに近いところに停めて会社に走り込んだ。

タイムカードを打ってぞうりを靴にはき替え、傘をさして外に出る。
駐車場入り口のカラーコーンを片づけなければならない。
雨は小降りだったが風が強く、傘の操り方に苦労しながらコーンを移動させたが、
ズボンのすそはびしょぬれになってしまった。
これではノボリはもちろん、ワゴンも出せないだろう。


店の中にも水が入っていた。
自動ドアの密閉性に問題があるらしく、時化ると店内に水たまりができることがある。
こんな時は入り口を開け、私が窓拭き用のハンドワイパーで水を掃き出し、
奥さんと小柄子ちゃんがぞうきんで拭いてくれる。
雨がひどくなってきたので自動ドアは使わず、
お客さんもシャッター横のドアから出入りしてもらうことにした。

再び時化降りになったころ、9時出勤の二人が来た。
朝礼が済んだら、また水が入ってきていたので、総出で応急処置をする。
早番の女子二人はニヤリ。
この水の始末はいつも出勤してすぐするので、9時の二人はこの状況を知らないのだ。
「いつもこんな苦労をしているのだぞ」と知ってもらういいチャンスってことだ。


雨風がひどいので運送屋さんが来た時以外はシャッターを閉めていた。
我が社の配達の人は気の毒に、車一杯の荷物を積んでいたのに、
降り方がひどいので納品を昼からにしてくれと言われたそうだ。
という話を聞いた時には、雨はやみ、空が明るくなっていた。
だからシャッターを半分開けておいた。

仕事をしていると、ドドドドッと『和太鼓でギネスに挑戦』みたいに地鳴りがしてきた。
これはいかんとシャッターに走る。
凄まじい雨が斜め45度に降って入口がえらい事だ。
外に出してもいないワゴンが洗車状態だ。
あわててシャッターを閉め、ワゴンの吹き掃除だ。

これは少々天気が回復したように見えても油断はできない。
『天使降臨』のように光が射してきたとしてもシャッターは閉めておこう。
ややこしい天気め。

とはいえ、この天気のおかげで帰りにワゴンやノボリを片付けずに済んだ。
母も来なくていいというので、まっすぐ帰宅できる。
なんだか案外涼しいぞ。
よし、久しぶりに部屋でダンベル運動をしよう。






↑汗でびしょびしょクリックしてね。




もう
「まずは黙って最後まで聞きなさい」
という前置きで教えてもらった話だ。

私の住んでいるところは、今でこそ伊勢市の一部となっているが、
平成の大合併までは独立した“村”だった。
田んぼや畑の多い農村地帯で、土地を持っている人が多かった。

ところが、どこの農家でも同じだろうが、あとを継ぐ人があまりいない。
ご両親が亡くなったり、あるいは存命中でも農業をやめてしまうところがある。
すると農地は放置され、草に飲まれて荒れ果ててしまう。
そんな土地があちこちにできていた。

そういうところには、マンションやアパートが建つ。
遊んでいる土地があるとお誘いがあるらしい。
さて、ここにも同じような成り立ちのアパートがあった。
大家さんは50代の男性で、両親は亡くなり、結婚もしていない。

ここに一人のおばあさんが住んでいた。
けっこうな高齢だったので、この大家さんも気にかけていたようだ。
そうしている間に、二人は親しくなっていった。

となるとおばあさんというのはおせっかいをしたくなるものだ。
独り身でいる大家さんのことが心配になってきた。
なにしろ真面目で地味でおとなしく、女性に積極的になるタイプではなさそうだ。

「彼女はいないの?」

「いません」

「好きな人は?」

ここで大家さん、なぜかおばあさんに打ち明けた。

「○○という居酒屋にいる、20代ぐらいの女の子」


○○とは、私がここでいう『いつもの居酒屋』だ。
ということは、

Mえではないか!


ということは、大家さんは少なくともいつもの居酒屋に行ったことがある人だ。
もし、ボトルキープでもしていたら誰かわかるだろう。
それはあまりに気の毒なので、素性がわかる部分は伏せて、
ちょうど女将さんとMえしか店にいない時にその話をした。

2人とも私と同じようにびっくりしていた。
「この話、そこに行くの?」と。

ちなみにおばあさんは、
「20代は無理やからあきらめようね」
と慰めたそうだ。






↑もし本人がこのブログを見ていたとしたらクリックしてね。




ワザだ
土曜日は計画的に動かなければならないと思っていた。
金曜までは不安定な天気で、日曜は確実に雨。
貴重な晴れの日だ。
しかも畑に肥料を混ぜ込んでからベストタイミングの2週間。
なんとしてもダイコンの種を蒔いておきたい。

あれは数年前、まだまだイケる、と思っていたナスやピーマンが台風にやられ、
仕方なしに片づけて、例年より早くダイコンを蒔いたことがあった。
この時のダイコンが大豊作だったのだ。
種袋の説明を読んだら、なんとお盆過ぎから蒔くことができるではないか。
それまでが出遅れていたのだ。


朝、早めに家を出て畑に寄る。
母へのお土産にナスとオクラを収穫する。
ホームセンターに寄ってダイコンの種を買う。
去年の残り種もあるのだが、本年度の第一弾なのだから新品を蒔いておきたい。
蒔き時が8月下旬から9月下旬というお徳用サイズを買った。

実家に行き、母を買い物に連れて行き、一緒にお昼を食べて、
ちょっと棚の片づけなんかをして2時頃に帰ってきた。
まだ日がきつかったので、落語なんぞを観て時間をつぶし、3時ごろに家を出ることにした。

その前に種の確認だ。
今日買った分だけでは足りないような気がする。
去年の残り種も持って行こう。
ダイコンの種は5センチ間隔で穴を開けて蒔いて行く。
新しい種と古い種を交互に蒔けば、間引きの時に自然と悪いものが除かれるはずだ。

あっ、去年の種の蒔き時は10月下旬から11月下旬になっているではないか。
この種ではなかったかと種入れの中を探すともう一袋あった。
『蒔き時、3月下旬~5月下旬』
夏ダイコンではないか。

これはいかん。
現場で足りなくなってあたふたするのはいやだ。
近くのホームセンターで買っていこう。
もう大袋は必要ないだろうから、小さいのを2袋買った。
種メーカーは違うが、蒔き時は8月半ばから9月いっぱいだ。


5メートルの畝2本とその半分の畝2本に5センチ間隔に種を蒔いた。
最初に買った大袋の種を半分も使わなかった。
まあいい、キュウリやオクラを片付けたら、第2弾、第3弾と蒔くのだから。

で、このネタを書くために、種袋の説明を再読して気付いたことがあった。
『去年の種の蒔き時は10月下旬から11月下旬』
と書いたが、これは収穫時期だった。
蒔き時はちゃんと8月下旬から9月下旬だ。
そりゃそうだ、なにしろ去年蒔いたんだから。
もう。






↑夏野菜が悪かった分まで豊作を願ってクリックしてね。




夢見る