FC2ブログ

ここでは、 に関する情報を紹介しています。
今日は建国記念日で、火曜日だけど休みだ。
誰か知らないけど、建国してくれてありがとう。
ただ、ハッピーマンデー法とやらが施行されて以来、祭日は月曜日に寄せられている。
お国が連休を作って国民に散財させようという魂胆なのだ。
おかげで週の間にポツンとある休日は貴重になってしまった。

3月20日の春分の日は金曜だから、土曜が休みだとポツン感はない。
4月29日の昭和の日はポツンと水曜なのだが、どうしてもGW前なのでありがたみが薄い。
7月はオリンピック絡みで海の日とスポーツの日が木金と連休にしてしまったし、
9月の敬老の日と秋分の日は月火とまたもやつながってしまっている。
残るは11月3日、火曜日に文化の日があるだけだ。


確かに連休は連休でありがたい。
まとめて予定を立てられるし、出来なかったことを翌日回しにすることも可能だ。
しかし、だからこそ何もできないということも言えるだろう。
予定を詰め込み過ぎて全部をこなせず、達成感のない休みになってしまったり、
連休だからと前日に飲み過ぎて、連休中体調不良なんてこともある。

それを考えると、ポツンな休日は、
「あら、今日は仕事に行かなくてもいいのね」
というほのぼのとした雰囲気がある。
しかも、週の半ばだからリズムを崩さないためにも普段通りに起きるから、
連休の1日より長い休みになったりするのだ。


逆に、月曜日の扱いは雑になる。
普段のハッピーマンデーに仕返しするかのように月曜に辛く当たってしまう。
「どうせ1日出勤したらまた休みだもんな」
ということでテキトーに過ごしてしまうのだ。

私も本当は日曜に野菜スープを大量に作って、今週のお昼にしようと思っていた。
が、火曜が休みだったらもったいない。
だってお昼用を休日にも食べてしまうことになるのだ。
だったら火曜に作った方がいいか―、と思うのも当然ではないか。

結局、月曜のお昼は魚肉ソーセージとカップ麺だった。
これがハッピーマンデーな月曜日だったらどこかにお出かけしていたはずだ。
むしろ、なんで出勤せなならんのか、と思ってしまう。
火曜が休みならこんな凡月曜も休みにしとかんかい。
と、ハッピーどころか荒んだ月曜になる。


それはともかく、私は今日は忙しい。
畑に行くはずだった日曜を二日酔いで過ごしてしまったからだ。。
午前中は畑に行ってエンドウに支柱を立てたあと草取りと天地返し。
お昼を兼ねて買い物に行き、帰宅後は先日買った筋トレ本を読み、野菜スープ作りだ。
そして夕方からちづると飲みに行く。

あー、連休じゃないけど、やっぱり詰め込んでしまった。






↑途中で書くことを変えたのでおかしな文章があるかもしれないけどクリックしてね。




パターン七つ
2018年6月27日『おやつにスリル』という記事に、
区が各家庭に配布してくれた災害用非常持ち出し袋から、
賞味期限の切れた非常食がいくつか出てきたことを書いた。

出てきたのはビスケットと五目ごはんとマフィン風のパンと味噌汁。
ビスケットはそのときに会社に持って行って食べた。
あとの三種はどうなっていたか。
あれからずっと、キッチンのカウンターの隅に置いたままになっていた。

それを食べるときがやってきた。
理由は二つ。
まず、断捨離的気分が高まってその辺り物を少々処分したため、
隠れていたこいつらが目につくようになったのだ。

もう一つの理由は、ちづるが残っていたごはんを食べるといい、
それがうらやましかったからだ。
なので、その中で選んだのは五目ごはんだ。
これは袋入りの乾燥ごはんで、袋に熱湯を入れて30分ほど待つと出来上がるらしい。
お湯を入れて一杯飲んでいたらちょうどいいタイミングだ。

賞味期限は2010年7月だが、完全密封で乾燥しているのだから腐っている心配はないと思う。
開封した時、匂いを嗅いでみたが、カビ臭いということもなかった。
むしろとてもおいしそうな五目なかおりだ。
混ぜてひとくち食べてみる。
私の好きなややパラパラタイプでとてもおいしかった。


となるともっと片づけたい。
翌日の朝、マフィン風のパンを食べてみることにした。
賞味期限は2010年6月だ。
これは缶詰になっていて、小型の缶切りも付属している。
うっすら錆が浮かび始めているのでちょっと心配だが、キコキコして開けてみた。

マフィン風、の意味が私にはよくわからずにいたが、
中に入っていたのは、薄紙に周りを包まれたカップケーキみたいなものだった。
匂いはおかしくないし、見たところカビも錆もない。
缶から出してフォークでちょっと切ってみた。
なんだかフワフワ感がなくてぽろぽろと崩れる感じだ。

でも、味自体はそんなものって感じだ。
味見だけして、残りは3時のおやつにコーヒーと食べよう。
飲み物があったらパサパサ感も気にならないだろう。


二種類の長期居候がいなくなってカウンターが広くなった気がする。
となるとあと一つ、缶ジュース風味噌汁だ。
具はネギとワカメの赤だしらしい。
賞味期限は2008年7月29日になっている。
これは水分が多いだけに食べるのに勇気がいる。

こっそりちづるの朝ごはんに出してみようか。






↑今朝は健康だクリックしてね。




昭和のマンガ
5時過ぎにダイコンを持っていつもの居酒屋に行った。

Qちゃんが来て隣に座ったが、それ以外の常連さんは来ず、
若者を中心にいくつものグループでごった煮のようになった。

その中に、私の顔見知りの業者さんや、Mえの友達や、
Qちゃんの子供の知り合いなどがいっぱいいることがわかった。

さらに女子をナンパする男グループや、
座敷で混ざり合っていくグループや、
トイレに立てこもるやつなんぞが現れ、
酒池肉林の大騒ぎになっていた。

気が付いたら0時を過ぎていた。
Mえと友達がカラオケに行くのに誘われたが断った。

今日は久しぶりに畑に行く予定であったのだが……







↑朝ごはんは食べたのでクリックしてね。



反省してます
この冬は前半がチョー暖冬だったので、当たり前のはずの寒波がべらぼうに辛い。
あまりの寒さに「サザビー」とか「ザンブロンゾ」とか「サムの息子」などと、
なんとなく寒そうな意味のない単語を仕事中につぶやいてしまうほどだ。
昨日は暖を取るためにトータルで240回も腕立て伏せをしてしまい、ジムを休む羽目になった。
なにか別の方法で暖かくならなければならない。


まず、一番簡単な方法が『一枚多く着る』だろう。
実は会社には防寒用のジャンパーが置いてある。
首のまわりにモワモワしたものが付いていてとても暖かい。
「なら着ろ」という声が木霊の声のようにあちこちから聞こえてくるようだ。

これは昼休みだけ着ている。
昼休みを暖かく過ごすためだ。
ずっと着ていたら、昼休みが暖かい感じがしないではないか。
寝るときは暖かくないと風邪をひいてしまうだろう。

それに、これを着ると体が一回り大きくなってしまいジャマなのだ。
自幅間隔が狂ってあちこちにぶつかったり、積んであるものを崩したりしてしまう。
袖のところも大きいので仕事がしにくい。
だから、寒いのに昼休みが終ると脱ぎたくなってしまうのだ。


ズボンの下に何か穿くといいと言われた。
私は作業ズボンの下はトランクスのみだ。
太ももの辺りが寒いのは特に辛さにつながるような気がする。
周りの人に聞いてみると、最近は男子でも下に何か穿いている人が多いようだ。

が、その人たちが口をそろえて言うことは、一度穿いたら手放せない、というセリフだ。
となると、毎日の分を買わなければならないし、毎日の洗濯物が増えるということだ。
なにしろもう二月、間もなく春になると思うともうちょっとの辛抱のような気がする。


カイロを貼るという手もある。
家にも買い置きがあるはずだが、暖冬のせいですっかり忘れていた。
テレビで紹介されているのを見たが、背中の肩甲骨の間に貼るととても暖かいらしい。
残念なのは、その場所は自分で貼れない場所だ。
私が出勤の準備をしているときは、ちづるは朝ドラを見ているから頼めない。

もう一つ考えられるのが、うっかりこれを貼ったままジムに行ってしまうことだ。
いーや、ワシはやってしまう。
あのカイロが汗で塗れたりしたら、超高温になったり爆発したりするのではないか。
あるいは恥ずかしいのではないか。
そう思うとなかなか手が出せないのだ。


そんな私だが、ときどき靴下は二枚重ね穿きをすることがある。
これを脱ぐときはどうしたらいいのだろう。
重ねて脱いであったらちづるに怒られるのは必至だ。
一枚ずつぬぐとしたら「右右左左」か「右左右左」か「右左左右」か。

効率を重視したら「右右左左」だが作法としては「右左右左」のような気がする。
だが作法の中で効率を取り入れると「右左左右」になるだろう。
ちなみに昨日の私は「左左右右」だった。
どうでもいいか。






↑今年はフリースも出してなかったのでクリックしてね。




つめたっ
カロリーを消費してお腹をひっこめなくてはならない。
もちろん徒歩出勤だ。
ところがこの日、日本に御来訪していたのは今年一番の寒波。
いつもなら途中で暑くなって脱ぐ帽子もかぶったままで、会社に着いても汗ばんでいない。
仕事中もできる限りストーブから離れないように段取りしていた。

徒歩出勤の辛いことは、徒歩帰宅しなくてはならないことだ。
日が長くなったとはいえ、会社を出たらすぐに夜だ。
北風は「ぴーぷー」どころか「どびゃーどびゅー」と吹きまくる。
この冬感じる一番の「寒い」いや「ざざざざぶび~」だ。


木曜日は『プレバト』の日だから真っ直ぐ帰宅することになっている。
近くのショッピングセンターでちづると落ち合って、買い物をして帰ろうか。
いや、それでは何のために徒歩出勤したのだ。
カロリーが消費できない上にカップ麺を買ってしまうではないか。
私は強い意思で歩き続けた。

実はMえからLINEが来ていた。
「今日は居酒屋出勤になったからおいでよ」
熱燗と一人鍋でちょっとだけ温まって帰ろうか、などと迷っていたのだ。
迷っている間にショッピングセンターを通り過ぎた。
うぬう、強い意思め。

居酒屋への交差点、赤信号を待っていられなくて家に向かった。
たぶん、居酒屋に入ったら出るときが辛いはずだ。
家に買って『プレバト』までの時間に、久しぶりに部屋で腹筋をしよう。
と思ったが、家に着いても全然体が温まってない。
あの冷たい腹筋器具に触れたくない。


じゃあ、どうしよう。
そうだ料理をしよう。
衝動買いしちゃったおからパウダーでヘルシーハンバーグを作ろうと鶏ミンチが買ってある。
早く食べなくては古くなってしまう。
なぜか私は、料理は「やりたくない」という気持ちにあまりならないのだ。

ただしやり方は雑だ。
ボールに出した鶏ミンチに玉子を一個、塩コショウして菜箸で混ぜる。
タマネギのみじん切りとおからパウダーをたっぷり入れ更に混ぜる。
水分が足りなかったのでお酒と水を足し、少し片栗粉も入れる。
それを適当な大きさにまとめてフライパンで焼く。

鶏バーグ


ちょっと分厚過ぎたかもしれない。
切ってみたが具が白いから火が通っているかどうかわからない。
とりあえず食卓に出してみた。
思ったより普通にできた。
ちづるにも好評だ。

よし、これとゴマスープで、会社のヘルシーお昼ごはんにしよう。






↑裏はもっと焦げてるけどクリックしてね。




大雪