ここでは、 に関する情報を紹介しています。
さて、先月ケガした右手親指だが、おかげさまでずいぶんよくなった。
とはいえ、まだまだむき出しで土いじりをするほど完治はしていない。
昼間は自分で買ってきた大きめの絆創膏を貼り、
蒸れない方がいいというので夜はガーゼで巻いている。

この絆創膏やガーゼを替えるときにちょっと消毒をする。
縫ったときに病院で消毒セットをもらった。
小瓶に入った消毒液、個別包装された大きめの綿棒、ガーゼとテープ。
綿棒は雑菌が入らないよう、普通の綿棒は使わないように言われた。

お医者さんは一日一回の交換でいいと言っていたが、私は二回交換している。
お風呂の時と、仕事や畑から帰って来たときだ。
どちらも絆創膏が汚れているし、汗で湿っているからだ。

安静にしていたらもうこんなことしなくてもいいのだろうが、
なにしろ利き手の親指、うっかり力を込めたり、ぶつけてしまったりする。
なので指の先端の傷口は今でも消毒液が少し滲みる。
だったら消毒は続けた方がいい。
もらった消毒液がまだあるのだから。


消毒液はあるのだが、まずはガーゼが無くなった。
殺菌されてちょうどいい大きさに折りたたまれたのが数枚入っていた。
もうそこまでのものは必要ないと思い、一番安いガーゼを買った。
これが失敗だった。
薄くてやたらでかいガーゼをハサミで切って折らなくてはならないのだ。

次に無くなったのが綿棒だ。
もう普通の綿棒でもいいかと思ったが、安綿棒は綿部が小さい。
全然消毒液を吸わないのだ。
そういえば、歯茎が腫れた時に買った薬に付いていた大きな綿棒が残っていた。
アレを使うことにしよう。

それも無くなったのでドラッグストアに買いに行った。
黒いのやら耳かき型のやら渦巻状やら、さすがにいろんな綿棒が並んでいる。
でも、頭の大きなのがない。
私はとっぷり消毒液の浸み込んだ大きな綿で患部をびたびたにしたいのだ。
ましてや歯茎用大綿棒に慣れてしまっているから、並みの綿棒では満足できない。

いいものがあった。
棒の付いてない『綿』だ。
パチンコ玉ほどの大きさで、丸くいい感じになっている綿が安く売っていた。
そうそう、病院で消毒されるときは、ピンセットでこれを湿してやってくれたっけ。

だいたい綿棒というやつは綿部が小さい上に、その中に棒が入っている。
それでは吸水量が読めないではないか。
その点この綿玉は、この大きさが消毒液量だと予測することができる。
そしてたくさん吸うから、消毒液が早く無くなるはずだ。

予想通り、これで消毒するとたっぷり消毒した感があって気持ちいい。
消毒液も順調に減っている。
が、消毒液が無くなったらこの綿玉はどうしたらいいのだろう。
百個も入っているのだ。

子供の頃みたいに鼻血は出ないし、都合よく歯茎も腫れない。
そうか、こうして救急箱にデッドストックが溜まっていくのだな。
救急の者に『デッド』を使うのはいやだが。





↑種蒔きにどうか、なんて思っちゃったけどクリックしてね。






とりあげる
先月末、飲み会があった。
いつもの居酒屋の懐かしい常連が招集をかけたのだ。
彼は会社から出向を言われて他所に行っていて、先日やっと復帰。
「歌が歌いたい」とMえを通じてメンバーを集めた。

私は指をケガしたばかりだったのと、日曜だったのと、
翌日がみそか寄席だという理由で欠席した。
次に居酒屋に行ったとき、Mえが盛り上がっているカラオケ動画を見せてくれた。
スキンヘッド1号が「♪ギンギラギンに~」と勢い付いているシーンだ。


その動画を、Mえはおばあちゃんに見せたらしい。
おじいちゃんに先立たれ、ひとり暮らしをしているおばあちゃん。
この動画を見て、

「この人、ハゲとるけど男前やな」

と言う感想を述べたそうだ。
もちろんMえはこのことを常連みんなに言いふらす。
店を上げて『1号に新恋人現る』とカラオケ以上に大盛り上がりだ。


が、このおばあちゃん、マジだったらしい。
しかも、かなりの積極派。
Mえに「紹介して」と言ってきた。
恥ずかしいのか、なかなかノッて来ない1号に、
ついにおばあちゃん、Mえに写真を手渡した。

「なに、この古い写真!」

「大丈夫、そんなに変わってへん」

という会話が交わされて持ってきた写真。
どう見ても20年は経っていそうな色合いに服装だ。

そんな事よりももっと大きな問題がある。
この写真、元々誰かと映っている写真を半分に切ったものだ。
それが、写真一枚を切ったのではなくて、アルバムごと切ってある。
だから、裏にも別の写真が切断されている。

これが、印刷された卒業アルバムみたいなものならわかる。
でもこれは、個人が好きな写真を貼れるようになっているアルバムだ。
少し粘着力のある台紙に写真を置き、その上にフィルムを被せるタイプ、
おそらく『ふえるアルバム』ってやつだと思う。
それが、台紙とフィルムと裏の写真ごと切られているのだ。
なぜ、この写真だけを取り出して切らなかったのか。


今、この分厚い写真は店の壁、カウンターの真正面に貼ってある。
昔撮った、カラオケでMえとはしゃぐ1号の写真の横だ。
おばあちゃんからは、
「まず、ごはんに連れってほしい」
と伝えられた。
1号はノーコメントを貫いている。






↑まあまあここは本人同士でクリックしてね。





誰にあげるわけでもない
盆休みに入ったが、普段通りの時間に起きる。
会社に出勤するように畑に行くのだ。
とはいえ、あんまり早くから畑でごそごそやるとご近所に迷惑だ。
ちょっと余裕を持って9時に出畑した。

車はちょっと離れたところに置いた。
いつもの駐車スペースが草だらけなので、草刈り機できれいにする予定だ。
ただし、音がやかましいのでお昼前、つまり帰る前に刈ることにする。
ご近所はまで寝ている可能性だってある。
子供がアニメを観ているかもしれない。

そんなわけで最初は手作業だ。
キュウリのツルを片づける。
ハサミで切りながらネットからはがしていき、根っこを引っこ抜く。
大きかったり小さかったり曲がってたり傷だらけだったりしたが、
15本ほど最終の収穫ができた。

次はトウモロコシの片づけだ。
今年はちょいとしくじって収穫ができなかった。
トウモロコシの根は丈夫なので、一本ずつクワを打ち込んで抜いていく。
こいつは肉体労働、一番の汗かき仕事だ。

次は台風で軒並み倒れてしまったトマト。
折れた支柱ごと立て直すのは大変だし、味見程度には収穫できたのであきらめる。
なにより、まだ収穫できているナスやシシトウに倒れかかているのが困る。
そちらに被害が及ばないように丁寧に引っこ抜く。

ナスが斜めになっている。
地面煮触れている実にはカビが生えている。
これは直さなくてはいけない。
新しい支柱を立てて補修する。

そろそろ11時、もう草刈機を動かしてもいいだろう。
ご近所もお昼ごはんには起きるだろうし、アニメの時間は終わった。
草刈機を持ってきて準備に入る。

なんだ?おかしいぞ。
燃料が送られて行かないぞ、つまり動かないぞ。
機械音痴の私には理由がわからないから、いじっていても仕方ない。
とりあえず明日はここに車を置きたいので、すぐに見切りをつけた。
そして、クワで草を削ったのだ。


ナス・キュウリ・オクラ・ゴーヤ・シソなど、収穫したものをバケツに入れる。
家に帰る前に、いつもの居酒屋の女将さんの自宅に置きに行く。
わが家の冷蔵庫にはまだたくさんあるし、また収穫できるからもらってもらうのだ。
出掛けているらしかったので勝手に玄関先に置いてきた。

家に帰る。
もうドロドロのクタクタだ。
なのに作業の進行度はまだとっかかりぐらい。
草刈機の故障が痛かった。
ともかくシャワーを浴びよう。

その前に体重を計る。
あっ、本年度の最軽量記録だ。
よし、これを目的にあと二日間、畑作業に勤しむことにしよう。
何かご褒美が無ければやっとれん。






↑午後はマジ昼寝してその後飲みに行ったけどクリックしてね。





熱中症になるとこうなるかも
昨日は私の盆休みの予定をご披露したが、やはり一番の悩みどころは居酒屋だ。
わが家には二日連続で飲みに行かないルールがある。
さて、この木曜・金曜、どちらに飲みに行こう。

普通なら当然木曜日だ。
私のリズムは火・木なのだ。
火曜がMえとAりで、木曜がMえとKちゃん、これで全員に会える。
だったらいつも通り木曜に行けばいいのだが、お盆の連休前日なのだ。
これはいろいろ考えなくてはならない。

まず一番が、二日酔い、夜更かしをしてはいけないということだ。
盆休み初日の予定は畑だ。
台風で倒れた野菜の片づけと草取りがメインの仕事だ。
しかも炎天下での作業になることだろう。
もはやおっさん、万全の体力で臨まないと命にかかわる可能性がある。

それに、休日前は店が混雑する。
普段はそれもあって金曜は避けているのだ。
人が多いということは常連も多い。
帰ろうとすると、顔見知りがやってきて、
「オレが来たら帰るのか」と言われて長っ尻になったりする。

さらに、金曜日にちづるが同窓会に行くということが判明した。
だとしたら私は家に一人。
どこかに行った方がいいではないか。
どこかってどこだ?
いつもの店さ。

更にこの日は、元オーナーとスキンヘッド1号と坊主頭Fの誕生日だ。
なにか楽しいことをするかもしれないからおいで、と誘われている。
家で一人か、お祝い会か。

そうそう火曜日にAりに『おからってどうやって炊くの』と訊かれて教えてやった。
翌日さっそく『おから炊いたので報告したい』とLINEが入った。
聞きたいではないか。
こういう話題になると、その間はAりひとり占めなのだ。

そしてもう一つ重要な要素。
火曜日はMえが個人の都合で休んでいた。
バイトはAりとKちゃんだったのだ。
だとすると木曜に行かないと今週はMえに会わないことになる、と思っていた。
しかし、MえとKちゃんが交代したのだということがわかった。
つまり、金曜にMえはいるのだ。

どうしてこれがわかったかというと、昨日、つまり木曜に居酒屋に行ったからだ。
シフト通りMえがいて「明日も来るよ」と言っていたのだ。
木曜に飲みに行ったのなら金曜は二日連続禁止ルールで飲みに行けないな、
と思ったみなさん、ちょっと待ちたまえ。

昨日はすごく早く帰ってきたのだ。
夜更かしもしなかったしもちろん二日酔いにもなっていない。
つまり、半分飲みに行ったという感じだ。

よく考えたら、土曜日も畑に行く予定だ。
だったら夜更かし、二日酔いになっていけないのは金曜日も同じだ。
おまけに「行っちゃダメ」と言うお目付け役は同窓会で留守。
これはもう、天が「半分なら行ってもいいよ」と与えてくれたチャンスに違いない。

ほら、世間でも『ケンカ両成敗』なんて言葉があるではないか。
木曜と金曜が争うより、半分ずつで平和的解決するのがいい。
お国だって「解釈の仕方」で好きなようにやっているでしょ。
「オレがルールブックだ」と言った審判もいたし、
ま、なんちゅうか、人って自分勝手なのさ。





↑勝手なお願いながらクリックしてね。






センター分けではいかんのか
7月27日に右手親指を負傷してから、ホントにいろんな予定が狂った。
アレしちゃダメ、コレできない、って感じで大弱りだ。
やらなきゃならないことや、やりたいことができないのはストレスになる。
なので、ストレス度が高いものから復帰し始めていった。

まず最初に復帰したのが、いつもの居酒屋行きだ。
傷の治りが悪くなるから、飲んでる薬に影響がでるからと、
みんながみんな、飲んじゃダメの大合唱だった。
さすがにけがをした当日の木曜日は行かなかったが、
次の土曜は報告を兼ねてビールだけちょっと飲んできた。

これに絡んで復帰したのが、野菜の収穫だ。
したくないけどしないわけにはいかない。
火木土と一日おきにしていた収穫を事故当日休んだら、
土曜にはキュウリを20本も捨てる羽目になっていた。
みんなバットみたいに育ち過ぎていたのだ。

通院のため車で出勤しているので収穫するには都合がいい。
右手に使い捨ての手袋をしてキュウリやオクラをチョキチョキする。
幸いなことに収穫ハサミは指さえ入れてしまえば傷口が当たらなかった。
手袋の中で汗をかいてしまうが、帰宅すればすぐにシャワーを浴びるので、
そのタイミングでガーゼも替える。


なかなか復活できなかったのが筋トレだ。
なにしろ傷が右手親指の腹側。
腕立て伏せをしたら傷口が地面に着くし、握ることができない。
包帯で太っている指は何をするにも力がこめられない。
汗をかくのもよくないらしい。

それで先週になって、やっと試してみることができた。
プッシュアップバーという腕立て伏せ専用の握る道具がある。
それを握らずに手を乗せるだけで腕立て伏せをするのだ。
そうすると、親指に力は入らないし、包帯が汚れることもない。


さて、復活したくなかったがどうしても復活せざるを得なかったのが棚卸しだ。
今月中に倉庫の在庫を全部数えなくてはならない。
実は紙を数えるには右手の親指は重要なのだ。
これを言い訳に今までサボってきたが、どうせやるのは私なのだ。

夕方少しずつ棚卸しをすると、腕立て伏せをする時間が無くなる。
家に帰ってからだとする気になれない。
なぜなら私の部屋は西日が当たってホットルームなのだ。
とはいえ運動は間隔を開けたくない。
昨日は棚卸しを休んで腕立て伏せをした。


そして明日からは盆休みだ。
何もかもの予定が狂う。
これを無理やり合わせる、というか良いように解釈することにした。
5日間の予定は、畑・畑・実家行き・お出かけ・畑、となっている。
畑の草取りと、台風で倒れた野菜の始末をしなければならない。

この畑作業はきっと恐ろしく体力を使う。
暑さでとてつもない汗をかくだろう。
これを『運動』と考えることにしたのだ。
連携的に考えることによって復帰させたことが全てつながる。
会社では棚卸しができ、体を鍛えながら畑も片付く。

しかも、ビールがうまいに決まっているではないか。






↑なので今日は飲みに行かない方がいいのだけどクリックしてね。





誰も助けてくれない