ここでは、 に関する情報を紹介しています。
何が良くないって、一日おきに飲みに行き、残りの一日おきに家で飲むことだろう。
お酒を飲むことが悪いわけではない。
居酒屋に行って飲む場合、良くないのは閉店まで居てしまうことで、
家で飲む場合に良くないのは、酔っ払ってホットカーペットで寝てしまうことだ。

これでは人生が短くなってしまう。
いや、死んじゃうっていうことではなく、
意識のある時間が短くなりすぎてしまうという問題なのだ。
家で何かをするということがあまりにも少なくなってしまった。


そこで私もちづるもいろんな方策を練っている。
ちづるは味ごはんをよく炊くようになった。
私は味ごはんが大好きだ。
味ごはんがあったら、弁当に味ごはんを持って行き、夜にも残った味ごはんを食べる。
これで食べるごはん量を増やし、飲む量を減らすのだ。

この作戦で。、半分は成功し半分は失敗となった。
まず、弁当を入れるのが楽になり、多少飲む量が減ったと思える。
しかし、ごはんつまり糖質をたくさん取るので太ってしまった。
しかも、居酒屋に行くとき弁当箱じゃまだ。
とりあえず、味ごはんはおいしいので、当面は続けることとなった。


夕食麺類大作戦も実行している。
テレビを観ながら何かをつまんでお酒を飲むといつの間にか深酒になっている。
そこで先に夕食としてうどんやそばなど麺類を食べることにした。
私は麺類が大好きだ。
麺類を作ればためらうことなく食べてしまう。

さすがに麺類はお腹が膨らむ。
それを見込んで、野菜とスープたっぷりとろみをつけた麺を主流にしている。
今の時期暖かい麺類はたまらない。
たいてい、それだけ食べたらそのあとお酒を飲もうと思わない。

が、麺類は消化が良い。
しばらくしてから小腹がすいて、一杯飲みたくなってくるのだ。
そこで効果を発揮するのが『高い焼酎』作戦だ。
普段買う最低価格の焼酎ではなく、ちょっと高級な泡盛を買った。
これならもったいなくてたくさん飲まない作戦だ。

これはけっこう効果があった。
ここにかぶせていくのが『ゴボウ大作戦』だ。
お酒を減らす作戦で太ってしまったのでは不健康だ。
おつまみ用にゴボウの煮物を作るのだ。
これなら多少たくさん食べてもヘルシーで、翌日お通じが良い。

この『ゴボウ大作戦』をさらに発展させた作戦を考えた。
『小粒ゴボウ大作戦』だ。
ゴボウとささみとコンニャクを細かく切って作り置き惣菜として炊くのだ。
おつまみはこれだけにして、食べるときは爪楊枝で食べるのだ。
そうすれば、摂取カロリーがとても少なくなるはずなのだ。

ちなみに『小粒ゴボウ大作戦』はまだ実行していない。
ちづるにゴボウとささみとコンニャクを買ってきてもらっただけだ。
というのも、私は飲みに行っていたからだ。
ちゃんと閉店まで居たのだからえらいものだ。





↑最近のお昼はごはんとワンタンスープでクリックしてね。






未来の話
某氏といえば、いつもの居酒屋の常連メンバーの一人で、
たまにこのブログにも登場するが、実はとても大変な状態にあった。
昨年末、車にはねられ全治三か月の重傷を負ったのだ。
だから庭で牡蠣を焼いたり、Fの家で食い散らかしたりしていた時も、
鎖骨にはボルトが入り、リハビリをしている最中だった。

けがは病気と違って痛いところ以外は元気だ。
彼は暇を持て余していた。
アニメ『ワンピース』を全話観ようと考え、友人にDVDを借りたそうだ。
これでかなりの時間を有意義に過ごすことができる。
と思ったらしいが、別の問題が現れてきた。

なにしろ動かないのだ。
太って来て当然ではないか。
全治三か月のケガももはや後半、復帰する時期が近づいている。
彼は運動をすることにした。

そのとっかかり『メルカリ』だ。
私はよく知らないのだが、ネットを通じて商品を買ったり売ったりできるらしい。
まず彼が買ったのが『ワンダーコア』だ。
背もたれの付いた腹筋台で、背もたれを押す感じで後ろに倒す運動をする。
いわば起きあがり腹筋の逆運動だ。

これは腹筋界ではとんでもないブームになっている。
なにしろ、これのおかげで今まで主流だった腹筋ベンチがスポーツ店から消えてしまった。
そんなワンダーコアを彼はとても安く手に入れたそうだ。
メルカリの仕組みは私にはわからないが、彼はそちらにハマっていった。
どんどん筋トレグッズを買い集めて始めたのだ。

「メルカリにハマっている時間に運動をせんかい」
と忠告したら、
「ぐうの音も出ない」
と言っていた。
とりあえず両足を広げる運動は続かなかったので、ワンダーコアを始めるそうだ。

で、実は一ついらないのがあると打ち明けられた。
本当は1万円相当の物なのに2千円でだったので衝動買いしたのだが、
自分は絶対に使わない自信があるのだそうだ。
開封もしていないそれをくれるという。

私は普通の腹筋台を探していた。
普通の通販では高いので、メルカリでも探してみようかと思っていたところだ。
しかしタダでくれるというのなら、それを使ってみたらいいのではないか。
箱の写真を見たらいかにも腹筋に効きそうな運動をする機械だ。
私はありがたくちょうだいすることにした。

外国製品か


ご覧のとおり、私もまだ開封していない。
しかもやつは通販でもないのにおまけをくれた。
前にある謎の機器と、上に乗っている麻雀パイとウエスト96cmのジーパンだ。
タダで新品をもらうのに、おまけをいらないとは言いにくかったのだ。
断捨離は私もしていたのだが、されたのは初めてだ。

この筋トレグッズを断捨離する羽目になりませんように。






↑続かないと思ってもクリックしてね。





勇気が出ない
ねす



というのも、話の始まりは木曜日だったのだ。

いつもの居酒屋を出たあとカラオケに行き、帰宅は深夜になってしまった。

寝る前、

「これは最大限に睡眠時間を取らないとしんどいぞ」

と思った私は、目覚ましのアラームを最遅設定の時間にセットした。

つまり、ダウン絵さえ書ければ更新して出勤できる時間だ。

金曜はサササッと更新して事なきを得た。

そして土日は休み。

目覚めた時間に起きて更新だ。

土曜はそこそこの時間に起きたのだが、

その夜飲みに行き、とても酔っ払ったので起きたのはお昼。

生活のリズムを取り戻すため、昨日は普通の時間に寝た。


アラームの時間を戻し忘れて。


そんなわけでこんなことになっています。




かふぇ




↑あっ、とんでもない時間だクリックしてね。




羽生結弦はすごい。
優勝しちゃった。
金メダルだ。
こうなると思ってた。
この方向に矢印が付いているような人なんだから。

まず、羽生家に生まれたのがすごい。
そしてご両親が『結弦』と名付けるセンスの持ち主だったこともすごい。
普通だったら『譲』あたりになるのではないだろうか。
ともかく世の中に『羽生結弦』という固有名詞ができてしまったのだ。

そしてあの顔。
和風の最高峰ではないのか。
男前だが女性的でもあり、キリリと引き締まると迫力が出る。
なのにスタイルは日本人離れしている。
手足はスラリと長く、ジャンプするのに筋肉質ではない。

なんかテレビで宣伝している女子がモテモテになる恋愛ゲームの相手のようだ。
壁ドンとかされたい女子が山のようにいることだろう。
何なら御簾の向こうで声だけ聞こえる公家の役でもいいかもしれない。
いや、やっぱりその姿が見たいだろうか。


こんななのに性格もよさそうだ。
世界一なんだからベテランと言ってもよさそうだが、
なんだか初々しさも持ち合わせている。
「ただいま」なんてこっそり言うところなんかぞくぞくするほどカッコいい。
表彰台に飛び乗るところは子供っぽくてかわいいのではないか。
プーさんが好きだというし、投げられたぬいぐるみは寄付するだと。

そして運もいい。
なんと、彼が獲得した金メダルが冬季オリンピック千個目の金メダルなのだそうだ。
もはや何か持っているとしか言いようがない。
こうなると、けがをしたことさえサクセスストーリーのスパイスぐらいに思えてくる。

フィギュアスケートを始めることができるということは、家もお金持ちなのだろう。
あれだけ足が上がりクルクル回ることができ体が柔らかいのだから、
カンフーでも覚えたらすごく強くなることだろう。
もちろん運動神経もべらぼうに良いに決まっている。
ひょっとしたら将棋を指したら藤井聡太に勝てるかもしれない。

精神力も強いだろうし、がんばり屋さんだし、機転も利くし、ええいもう。
この人に弱点はないのか。
きっと知られてないところに苦手なことがあるはずだ。
自転車には乗れるのだろうか。
コマは回せるだろうか。

もしかしたら、歌がヘタなのではないか。
リズム感はいいのだろうが、歌には音程という要素がある。
どうなのだ。
歌はヘタなのではないのか。
というか、歌ぐらいヘタであってくれ。





↑彼は二日酔いなんかしないんだろうなあクリックしてね。






三つの意味で滑るの得意
オリンピックも盛り上がり、いよいよ羽生結弦登場という今、
世間の話題は「無人島に一つだけ持って行くなら何か」と
「最後の晩餐に食べるなら何を選ぶか」に二分されている。
この二つでも『最後の晩餐』の方がやや有利なようだ。
無人島に行く機会などまずないが、最後の晩餐は誰にでも必ずやってくるからだ。

その食事が最後の晩餐になるパターンはいくつか考えられる。
しかし、寿命が尽きるという設定なら脂っこいものは食べたくないだろうし、
世界が滅亡するというのなら、どこの店もやってはいないだろう。
所詮たとえ話なのだから、健康体でなんでも食べられる状態と仮定しよう。

だとして、もう一つどうしても考慮しなくてはならない要素がある。
季節はいつか、ということだ。
つまり、その時の“旬”の食べ物は何なのか。
私の食べたい“アレ”は一番おいしい時期なのか。
こんな大事な要件を忘れて話すわけにはいかない。

真冬にスイカとは、言わないだろうし真夏に鍋焼きうどんは答えにくい。
やはり最後の食事となるのなら、それにふさわしい時期に食べたいではないか。

雑煮、みかん、スキヤキ、恵方巻、おでん、カキフライ、
イチゴ大福、つくし、タケノコ、かしわ餅、山菜そば、
アユ、カキ氷、冷やし中華、そうめん、生ビール、メロン、
柿、栗ごはん、桃、サンマ、新米、クリスマスケーキ、
季節によって食べたいものが違ってくる。

さらに、私は野菜を作っている。
自分で丹精込めて作った野菜は格別だ。
季節ごとに収穫したものを、最後に食べたくなるのも当然ではないか。

冬だったら大根サラダ食べたい。
コカブの煮たのもおいしい。
サッとゆでたホウレンソウもたまらない。
採り立てレタスにマヨネーズつけて食べたい。

じゃがバターたまらない。
コマツナ炒めたい。
ミズナで味噌汁したい。
スナックエンドウにマヨネーズつけて食べたい。

トウモロコシ齧りたい。
焼いたナスをショウガ醤油でいただきたい。
トマトに丸ごとかぶりつきたい。
キュウリにマヨネーズつけて食べたい。

なんにでもニンニク入れたい。
トロトロに煮たネギをハフハフしたい。
サトイモの皮をむきながら食べたい
キャベツにマヨネーズかけて食べたい。


逆もアリだ。
私の最後の晩餐のときに、もう食べられないものがあるのではないか。
ウナギはまだあるだろうか。
クジラは獲ってもいいのだろうか。
マグロは? サンマは? フォアグラは?

ちなみに、今のところ私の最後の晩餐は『カレーパン』だが。





↑一日三食プラスおやつと晩酌だけどクリックしてね。






土手でもないのに