FC2ブログ

ワシのこと

ここでは、ワシのこと に関する情報を紹介しています。
蚊が増えてきた。
やつらは今年生まれた若々しい蚊だが、私はずいぶん昔に生まれて衰えている。
使い古した老眼では縦横無尽に飛び回るやつらをロックオンすることはできないし、
判断力の鈍った脳は、スマホを持った手で蚊を叩こうとしたりする。

仕事中はまだいい。
蚊が出た時だけ集中して戦うことができる。
しかし昼休みはいやだ。
休むことに集中したいから、蚊の相手をしていられない。
かといって、蚊といって、のシャレではないが、喰われて痒くなったらリラックスはできない。

私の昼休みは三段階に分かれている。
食事、読書、昼寝だ。
それぞれがおよそ20分、案外規則正しくこのルールを守っている。
そのどれもに蚊は大敵だ。
なんとかしなくては。


意地を張って蚊なんぞと戦っていても時間の無駄だ。
私は避難することにした。
とりあえず、食事は職場の机を利用する。
特に蚊が多い日は蚊取り線香を焚いて対処している。
パンや大豆や魚肉ソーセージをさっさと食べて片づける。

その後は外に出ることにした。
裏口から出たところに幅1メートルほどの日影ができている。
ここに折りたたみのディレクターチェアを持ってきて過ごす。
外だから余計蚊が多そうな気もしたが、日光が強いせいかまだ見たことはない。
本とスマホとイヤホンを持って青空の下、まるでバカンス気分だ。

建物の裏なので強い風は当たらない。
眠りを誘うそよ風ぐらいで、読書から昼寝にスムーズに移行できる。
横には側溝が流れていてその向こうはアパートの駐車場だ。
ときどき住人が通っているがそれは気にしないことにした。


が、一つだけ難点がある。
この裏庭の一角にトイレがある。
店長は自分の部屋で食事をした後、このトイレに来て、
私の横を通って車に行って寝ているらしい。
で、通りざまに仕事の話をして行くのだ。

「売り上げが落ちている」

「社長の機嫌が悪い」

「本社が忙しいらしいけど手伝いに行ってやったら?」

愛想笑いで受け答えしているが、
『店長除け線香』という言葉が頭の中に渦巻いている。





↑絵に煙を描き忘れたけどクリックしてね。





やがていなくなる
そんなわけでTシャツで寝た。
寝るだけなのでもちろん二軍の白Tシャツだ。
もちろん目覚めた時もTシャツ。
Tシャツで更新をし、朝ごはんを作って食べて、新聞を読んだ。

この日は天気がいいのに案外涼しく、さらっとした徒歩日和だ。
実家にも行かなくていいし、久しぶりに歩いて出勤しようと思っていた。
徒歩だと普段より20分ほど早く家を出る。
カバンも変えたいのでもう仮眠をしないことにした。

あとは着替えて家を出るだけ、という時になって気付いた。
このTシャツを脱いで仕事Tシャツを着て徒歩出勤したとして、
会社に着いたら汗だくで、別のTシャツに着替えなければならないのではないか。
だったらこのTシャツで出勤してから着替えたら、洗濯物が一枚少なくて済む。
よし、そうしよう。

本当に涼しかったのかもしれない。
会社に到着してもそんなに汗をかいてない。
ラジオ体操とトカゲウォークと逆立ちをしてもサラサラだ。
だったらこのまま仕事をしたらいいのではないか。
着換えに持ってきたTシャツだって、お腹に穴の開いた二軍品なのだ。


さて、徒歩出勤の日は夕方になるとなぜか飲みに行きたくなってくる。
なにしろ今週は火曜日も行っていない。
木曜は『プレバト』だからちょっと飲みのテイクアウトがパターンだ。
ときどきMえも仕事帰りに寄ることがある。

Mえが来るなら都合がいい。
彼女の誕生日が超自粛中だったのでプレゼントをあげていない。
で、ウチの店の商品でスヌーピーのくじ引きがあったのでそれを贈ることに決めた。
今日来るのならもう渡してしまえる。
連絡をとってみよう。

予想外の返事が返ってきた。
Mえのシフトは土曜なのだが、Kちゃんに用事ができて金曜も入ることになったらしい。
でも、今日も寄ってみようかな、という気持ちもあるようだ。

土曜はMえがいるとわかっているからきっと人がたくさん来るだろう。
ただ、モノがくじ引きだから大勢いた方が盛り上がるかもしれない。
常連には言ってないらしいから、金曜は空いているだろう。
『プレバト』もないからゆっくりできる。
本日木曜ならKちゃんもいるし、Mえもお客だし、早く帰れる。

「で、今日は行くの?」

とMえから催促が来た。
木曜か、金曜か、土曜か、いや、とりあえず木曜である今日行くかどうかだ。
決めた。
LINEに返信をする。

「今日のTシャツは乳首が透けるから行かない」

「なんやその理由」

と言われた。





↑自粛のせいで飲みに行かなくても平気になったような気がするけどクリックしてね。




そら
ずいぶん暖かくなってきた。
6月も目前なのだから当然だ。
来月には昼が一番長い日がやってくるのだ。

だから寝ていても暑い。
寝床でも、朝の仮眠でも、会社の昼寝でも寝苦しい。
私は暑いとイライラしてきて、そうなるとイライラすることを思い出したり、
ありもしないイライラを想像したりして余計イライラする。
そろそろ本格的に夏生活にしなくてはならない。


仕事に来ていくTシャツを薄いものにしようと思った。
するとちづるにこう言われた。

「あなたは新しいTシャツを会社に来ていくと、必ずおなかに穴を開けます。
 しかも、半袖を着ている期間はとても短い。
 じきにノースリーブになるのだから、もうちょっとがまんしなさい」

なるほどそれも一理ある。
だったら他のところで調節しよう。
パジャマをやめてTシャツで寝るのだ。
寝るだけだったらお腹に穴が開くこともあるまい。
こうして夜は少しだけ涼しくなった。


ちづるにはこう言われたこともある。

「あんなに健康に気を使っていながら、どうして健康診断でちょっとだけ尿酸値が高いのか。
 それは水を飲まないからですよ。
 もっとたくさん水分を摂らないと、将来痛風になるかもしれませんよ」

今まで会社では、朝一で水筒とカップ一杯分のお湯を沸かしていた。
まずコーヒーを飲んで、残りの水筒でお昼のカップ麺やスープ、午後の飲み物にしていた。
でもこれからはさらに汗をかくようになる。
よし、2リットルのペットボトルを持って行こう。
それを小さいマイボトルに移して、しょっちゅうグビグビ飲むのだ。


で、マイボトルを会社に持って行ったのだが、置き場がない。
なんだかマイ食糧庫が狭くて暑苦しい。
あっ、これは冬場に暖を取るためお茶漬けを食べていた丼ではないか。
お茶漬けの粉もある。
これは家に持ち帰らなければ。

ペットボトルもケースで置いておこうと思ったのだが、狭苦しい。
この箱を置いたら腕立て伏せができないのではないか。
あっ、ストーブが出しっぱなしではないか。
こんなものは倉庫の奥深くにしまい込んでしまわなくてはならん。

こんな話をコタツに入って書いているが。






↑ケースでカップ麺買っちゃったのにクリックしてね。




書きにくいだけだし
いよいよ今日から新学期、間違えた、出勤だ。
昨日腹筋はしたが、体は鈍っているのではないか。
ラジオ体操は覚えているだろうか。
仕事の段取りはちゃんとできるだろうか。
なにしろ、これといったイベントもなく黙々と休んだので、すごい長期休暇のような気がする。

この休みの間に衣替えをした。
今日から作業服は夏服だ。
薄くて軽くて明るい衣装だ。
ひょっとしたら踊ってしまうかもしれない。

そして外は上天気。
最高の行楽日和だ。
ずっと家に居たから職場に行くのを行楽だと思おう。
会社までの道中を遊歩道のように歩くのだ。


そうだ、歩きたい。
休み中、畑の草取りや土のふるい掛けをしたが、ウォーキングのような汗はかいていない。
夜明けは早く、日暮は遅くなっている。
やっぱり徒歩通勤したいではないか。

が、衣替えをしてしまったのだった。
もう仕事は作業ズボンにTシャツのつもりだ。
するってぇと、持ち物はどうしたらいいのだろう。
去年まではどうしていたんだっけ?

サイフと鍵はズボンのポケットに入れる。
目薬やリップクリームはカバンでいい。
メガネとマスクは職場に置き場所がある。
やはり問題はスマホだ。
ときどき親父の入院している病院から連絡があるので身に着けていたい。

夏服の上着もある。
しかしこれは長袖だからすぐに脱いでしまうだろう。
昔の半袖上着もあるが、これはポケットが浅く、動きによっては落としてしまうに違いない。
となるとベストか。
そういえば、ベストを着て仕事をしていたような記憶がある。

しかし、徒歩出勤をしたらベストさえ着ていられないだろう。
たぶん、涼しい日のために上着かベストを会社に置きっぱなしにしていたはずだ。
置きっぱなしのポケットに入れっぱなしにしていたら、電話が鳴っても出られない。

腰に小物入れを付けていたのではなかったか。
でも、そういうモノ入れにそういうモノはない。
すててしまったのだろうか。
なにしろGW前の事さえ覚えていないのだ。
去年の夏のことを覚えているはずがない。

もう一つの心配は、ちゃんと出発できるかどうかだ。
昨日までのようにテレビを観ながら二度寝してしまいませんように。





↑この更新ものんびり癖がついてて困ったわクリックしてね。





なんとか追いつけ
畑の野菜にありがたいお湿りの雨があった翌日、
花壇のブルーシートをはがしてみる。
カラカラ、とまではいかないが、ふるいをかけるには良い乾燥具合だ。
どうせ一日二日で完成する作業ではない。
ちょっとずつやっていこう。

花壇の5分の1ほどは作業が終わっている。
仮の仕切りとしてレンガが並べてある。
ふるいをかけ終わった土が多くなってきたらレンガを移動させる。
まずはその5分の1の雑草を取らなければならない。
畑を優先しすぎたので、すっかりスギナが育ってしまったのだ。


作業を開始したのは十時頃だった。
直径36センチのふるいにスコップで土を入れ、5分の1の方でフルフルする。
一部穴が開いてしまっているのでそちらに土が行かないように注意する。
大きめの石はバケツAに、草の根っこはバケツBに、
元々敷石にしていた青い砂利は敷石部に撒く。
ふるいに残った小さめの砂利たちはコンテナに入れる。

あとはただこれを繰り返すだけだ。
スコップで土を入れ、フルフルして分別。
日差しは夏のように強く、腰には見えない疲労がたまってくる。
お昼まで、およそ2時間作業した。

仕事した
※猫除けに植木鉢が並べてあります。


母を買物に連れていったとき買ってもらった生ラーメンでお昼にする。
チャーシューとメンマもちゃんと買ってもらった。
モヤシは我が家で買ったものだ。
ずっと外食をしていないのでラーメンは久しぶりだ。

2時ごろまで休憩をして、良いふるいを探しにホームセンターに行くことにした。
その前に畑に寄る。
畑の前の道のくぼみに、作業で出た石や砂利を敷き詰める。
草の根っこは畑の端に積んである草と一緒にしておく。

車にガソリンを入れ、ホームセンターでふるいの替え網を買い、
コンビニでおつまみとアイスクリームを買って帰宅。
あとはまた、録画してある番組を観て、ハードディスクの空きを増やすだけだ。


ゴールデンウイークの最終日となった今日、振り返ってみたらよく働いた。
畑の草取りは完了したし、夏野菜の種も蒔いた。
花壇の作業に取り掛かることもできたし、ハードディスクには30時間ほど余裕ができた。
運動は一度腹筋をしただけだったが、畑や花壇で汗をかいたので体重も減った。
出かけちゃいけないというルールを課せられたために、作業ははかどったのだ。

あとただひとつ、忘れてはいけないことがある。
今夜、髪の毛をバリカンで刈らなければいけない。
誰にも会わないからと無精をしてきたのだ。
夜、酔っぱらって寝てしまいませんように。






↑完成までにまた草が生えるだろうけどクリックしてね。




落ち慣れている