ワシのこと

ここでは、ワシのこと に関する情報を紹介しています。
私はいつも申し訳ないと思っている。
このように内容の薄い駄ブログをたくさんの人が見てくれているというのに、
なかなかこちらからブログにおじゃますることが無く、コメントの返事も遅い。
というのも、更新は毎朝しているのだが、夜パソコンを開くことが少ないのだ。
週に2~3回、それも短時間だ。

そのせいで他のしたいこともできていない。
去年の分のヨンホンゲの絵を保存してないし、去年の写真も整理できてない。
スマホのバックアップもしたいのにまだとりかかっていない。
ネットで腹筋台が買いたいのに、探せていない。
一週間が忙しすぎるのだ。

月曜はいつもの居酒屋の定休日なので家に帰り『ネプリーグ』を観ながら夕食。
火曜はいつもの居酒屋、バイトはMえとAり。
水曜は家に帰り録画した番組を観ながら夕食後『ミラクル9』『相棒』
木曜はいつもの居酒屋、バイトはMえとKちゃん。
金曜は家に帰り、前日録画した『プレバト』を観ながら夕食。
土曜は朝から実家に行き、午後収穫したダイコンを持っていつもの居酒屋。
日曜はお休み。

だいたいこれが私の一週間だ。
二日連続飲みに行かないルールがある上に、
居酒屋女子には一通り会っておきたいのでこういう形になってしまう。
しかし、今週はいつものように過ごすことができない変則週だ。

というのも、水曜がいつものメンバーで新年会なのだ。
いつもメンバーとは、いつもの居酒屋の常連と女子のことだ。
となると定休日の月曜か、バイトが三人とも休みの水曜しかない。
月曜から深夜になるのは辛いので、必然的に宴会は水曜になるシステムだ。

しかし、二日連続で飲みに行けない私は辛い。
火曜と木曜が飲みに行けなくなるからだ。
となると、いつもの居酒屋の定休日である月曜に違う店に行き、
金曜にいつもの居酒屋でAりとKちゃんに会うことになる。
だとしたらMえと月曜日に会っておかなければならない。

新年会で三人と会うのだからそれで良さそうなものだが、そうはいかないのがA型だ。
なぜかバランスをとっておきたくなるのだ。
常連どもにそんな気持ちは起きないのだが。

そんなわけで、月曜はMえとトレーニングジムに行くことにした。
いや、話の流れでMえに誘われたのだが。
ここから予定が見事に狂う。
雪パニックでジムどころではなかったのだ。

だから、家に帰って『ネプリーグ』と思ったら特番でつぶれている。
火曜はまっすぐ帰って『鑑定団』を観ることができた。
そして本日水曜、なんとまた夜に雪の予報が出ているではないか。
木曜は家に帰るから録画せずに『プレバト』が観られる。
金曜はなんとバイトの入れ替わりがあって、MえとAりなのだそうだ。
だとしたら、土曜に収穫するダイコンはどうしたらいいのか。

というか、パソコンを開く予定を立てろよ。





↑この記事のカテゴリが『ワシのこと』以外のなんであろうかクリックしてね。






てちょう君です
ちょっと遅めの時間に寝室に行く。
平日なのにとっぷり夜更かしをしてしまった翌日だ。
なるべく早く寝たいのに『カリオストロの城』なんかをやってるのがいけない。
穏やかに安静に気持ちよく眠るための準備をする。

まずはスマホを充電スピーカーに接続する。
準備中のBGMと眠りに落ちるまでの子守歌代わりに3曲だけセット。
この音楽が鳴っているうちに枕に頭を埋めたい。

最初にのどにシュッシュとスプレーする。
これでむせたりすることを防ぐ。
鼻の下とあごにヴィックス・ヴェポラッヴを塗りマスクをかける。
こうすると呼吸がしやすくて暖かい。

ここでキッチリ布団に入り、手の甲にハンドクリームを少し出し、明かりを消す。
先にハンドクリームを塗ってしまうと、リモコンが触れない。
だから、手の甲に必要量を出しておいて、暗くしてから手にすり込むのだ。
しかし、ちょっと順番を間違えて先に明かりを消してしまった。
大丈夫、ハンドクリームのチューブは手の届くところにあるから手探りでも問題ない。

ぶぴすぽっ

あ、どうやら残りが少なかったらしい。
出てきたのは空気ばかりのようだ。
もう少し絞り出しておこう。

手の甲のハンドクリームが落ちないように気をつけながら、
チューブのふたを閉め、定位置に戻す。
左手の甲の上にあるハンドクリームを塗り広げるために、右手を重ねる。

ぬちやっ

あっ、多い。
余計に絞り出さなければよかった。
暗闇の中、右手と左手のクリームサンドが出来上がっている。
これではどんなに丁寧に擦り込んでも、両手はベタベタのままだろう。
ふとんの中に入れられない。
どこか余分なクリームを塗りつけられる、お肌が荒れているところはないか。

そうだ、私はくるぶしがひび割れるタイプだ。
くるぶし・かかとから乾燥しやすいむこうずねあたりに塗りつけてやろう。
両手が使えないから足でふとんをはねのける。
上半身を起こして足首周りをつかんでみる。
やはりガサガサになっていたくるぶし周辺にクリームを塗りつける。

だが、まだまだ両手ハンドクリームは豊富だ。
もっと足の上の方まで塗りつけたい。
なのにパジャマの裾が邪魔だ。
しかも、手でめくり上げることができない。

ベッドに仰向けに寝転がり、両足を天井に向けてブルブルする。
パジャマの裾がめくり上がってきた。
よし、これならOKだ。
上体を起こすとパジャマが元に戻る。
ええいもう!

もう一度寝転がって足を上げてブルブルブル。
このままの状態でハンドクリームを足に塗らなくては。
ああ、体が堅いから手が届きにくい。
そうだ、片足ずつやればいいのだ。

両手両足にクリームを塗たくって、ようやく人並みの湿り気になった。
これでようやく寝ることができる。
ふとんを戻してその中心に納まり呼吸を整える。
あとは睡っと眠するだけだ。

BGM終わっとるやないか。






↑朝、顔を洗った時ぬるっとしたけどクリックしてね。





分けてほしくはない
人間は迷う生き物である。
だから右か左か迷ったとき、どちらを選ぶか基本的スタンスを決めておいた方がいい。
こうである場合はこう、と定まっていれば、それに合わすことで決定ができる。
ちなみにちづるは、朝の情報番組『ZIP!』のプレゼント4択は全て赤にしている。

ホームセンターに行った。
目的は筆ペンだったのだが、ちづると解散して買い物しているので、
まだまだ時間つぶしをしなくてはならない。
私はスポーツ用品売り場に行った。

腕立て伏せ用のアームバーがあった。
会社での腕立て伏せではこれを使っている。
最近寒い日が多くて、筋トレをするのが億劫になっているのだが、
徒歩で帰宅してからだと体が温まっていて運動しやすいことに気付いた。
先日部屋で腕立てをしたとき、このアームバーが欲しいと思ったのだ。

さてどうしよう。
自宅用に買おうか買うまいか。
こんな時はそう、基本スタンスを思い出すのだ。
私の基本スタンス1、過去を思い出す。

なぜ、会社で腕立て伏せをしているのか。
職場を引っ越して必要なものをそろえているとき、
自分の部屋にあった使っていないアームバーを持って行ったのだ。
部屋にいらないから会社に持って行ったものを、また買う必要はない。
これは買わない!


その横にアンクルウェイトが売っていた。
これはウォーキングの負荷を高めるために足首に装着するおもりだ。
最近歩き慣れてきたので、徒歩通勤が物足りなくなってきた。
正月を過ぎて体重も増えている。
トータルの運動量を上げてみてはどうだろう。

今の運動時間を増やすことなく、運動量だけ増やせるアンクルウェイト。
ダイエットのために、買うか買わまいか。
基本スタンスその2、未来を考える。

このおもりをつけて歩き始めたとしよう。
いったいいつ外すのか。
外すとしたら運動量が減ることになる。
一旦つけたとなると、それからはどんどん重さを増やしていくしかないのだ。
これは買わない!


賢い買い物をして満悦の私。
帰宅してダイコンを煮、仮眠していると夕食時間だ。
ダイコンの煮ものと干物と明太子で焼酎を飲もう。

おつまみが無くなったが、お腹がなんだか物足りない。
考えてみれば、干物や明太子は腹に溜まらないし、ダイコンはすぐ消化される。
そして私はあそこにインスタントラーメンが一個だけ残っているのを知っている。
ラーメンとは、考えただけでスイッチが入ってしまうものだ。
ああ、食べたい、でもやめた方がいいのはわかっている。

ここで基本スタンスその3だ!
ラーメンは食べるまで迷う。
食べないと決めたつもりになっても「やっぱり食べようかな」と迷うのだ。
だから、食べる!

ぎゃー、空前絶後の体重。





↑迷うことなくクリックしてね。






基本設定はまちがってなかった
朝、目覚まし時計が鳴る。
止める。
しばらくすると充電スタンドのスマホが音楽を奏で始める。
止める。
再び目覚ましが鳴る。
止める。
スマホが奏で初め、それを止めた途端目覚ましが鳴る。
そのへんで起きる。

これは目覚まし時計とスマホのスヌーズ時間のずれによって起きる現象だ。
目覚まし、音楽、目覚まし、両方という起きるのに具合の良いセットになっている。
ただ、その時は何度目の目覚ましかわからなくなっているので時間を見る。
目覚ましとスマホでは3分ほどずれている。

リビングに降りてきてコタツに入る。
時計を見る。
なぜだ、どうして起きてトイレ行ってここに来るだけで8分も経っているのだ。
大慌てで更新しなければならないではないか。
毎朝同じように慌てるのは、リビングの時計が狂っているからだ。

スマホとパソコンの時計はテレビと一致しているので合っているはずだ。
リビングの時計は少しずつ狂っていき、今では4分も違ってきた。
腹が立つのは、これが電波時計だということだ。
どんなで電波を受信しとるのか。


新年を迎え、会社からお達しが出た。
簡単に言うと、一分一秒でも早く帰れということらしい。
私の退社時間は5時半だ。
でも、気を使って5時28分ごろからノボリやワゴンを片づけ、
タイムカードが34~5分になるように気を使っていた。

でも、31分でも30分でもいいというのだ。
店長には「すまんけどそうしたってくれるか」と申し訳なさそうに言われたが、
私としては願ったり叶ったりだ。
そもそもよほどあわてたお客さんでも来ない限り、残業になったことなどない。
なったところで10分もかからないのだ。

しかし、このギリギリを狙うのが難しい。
スマホで30分だと思っても、タイムカードは27分ぐらいだし、
そのとき仕事場の時計は34分だ。
なのでタイムレコーダーの前で1分待つことが多いのだった。


それはいいとして『時計』が出てくるネタは書くのにとても苦労する。
『とけい』と打つとまず『トケ井』と変換されるからだ。
これは『とけ い』と分かれているのでそれを直してからでないと『時計』にならない。
なので最近では『トケ井』にしたいときは『とけい』と打ち、
『時計』を出したい時には『どけい』と打っている。

いろいろとややこしい生活になってきたもんだ。






↑本社で何があったのかクリックしてね。





ちゃんとしたトケ井の仕事
いつもの居酒屋で盛り上がり、閉店までワイワイやったあと、
バイトが終わったMえと坊主Fともう一人のお客とでモスバーガーに行った。
「オニオンリングが食べたい」という理由で行って、なぜチーズバーガーを食うのか。
6時から飲んでいてそれがまだ入る、私の容量よ。


胃なんてものは伸び縮みするからどうにでもなる。
どうにもならないのが、デジタルの容量だ。
今、気になっているのはスマホの容量だ。
なんか表になって出るやつを見たら、まだ全体の4割ぐらいしか使っていないようだ。
しかし、こちらは充電の容量がおかしくなっている。

だから心配なのは『cloud』というやつの容量だ。
Sちゃんに教えてもらったところによると、
『cloud』の容量は少ないから音楽や写真が多いとオーバーしてしまうらしい。
となると、買い替えのときにこれだけではデータの保護ができない。

わかったのは、私は写真を『cloud』に入れてないことだ。
写真を入れてないとまだまだ余裕があるようだ。
だったら、写真だけパソコンに取り込んでしまえばいいのではないか。
そう思ったが、心配なのはパソコンの方の容量だ。
スマホの写真を一気にパソコンに移したら、容量オーバーしてしまうのではないか。


さて、そんなことよりも心配なことがあった。
他でもない、この『いぢわるこみ箱』の容量だ。
これはF室(通称FC2)にどれだけかの容量を借りて書いている。
それがいっぱいになったらどうなるのだろう。
事前に教えてくれるのか、それとも古い方から消えていくのか。

他の方のブログを見ていて気になる記事があった。
写真がメインのブログなのだが、容量がいっぱいになったので、
今までのブログはそのままで、新しく続編を立ち上げたというのだ。
やはりそうなのか、限界があるのか。

私が『いぢわるこみ箱』を始めたのは2005年の3月だ。
もう13年になろうとしている。
その間、容量のことなど気にしたことが無かった。
大丈夫なのか急激に心配になってきて、ちづるに調べてもらった。

その話をしたらちづるも心配になったようで、すぐに調べてくれた。
F室のどこに容量が表示されるのかわからないのでちづるも苦労したようだ。

「わかった!」

「で、残量は」

「残量というか、今使っているのが容量の2%」

にぱーせんと?
13年もやってきて?
説明を聞いた。

F室では、一つのブログに与えられる容量は10ギガバイトで、
文章は無制限なのだそうだ。
すると『いぢわるこみ箱』が容量を使うのはほぼイラストのみ。
これが毎日およそ2キロバイト。
メガバイトはどこにいったんや。

っていうか、
『いぢわるこみ箱』中身うすっ。





↑あと650年は安心なのでクリックしてね。





楽をしました