ワシのこと

ここでは、ワシのこと に関する情報を紹介しています。
ある日、本社から1パレットの紙が届いた。
パッと見で300kgぐらいだろうか。
サイズも種類も色も柄もいろいろだ。
紙屋とか印刷屋には必ずこのような半端紙が大量に残っている。
社長がときどき片づけをしては「店で何とかしてくれ」と持ってくるのだ。

ただ、今回の山には恐ろしい張り紙がしてあった。

『5月分』

ということは、6月になったら次のが来るということか。
一ヵ月のうちにこれを処分しないと、加算されていくシステムなのか。
これを持ってきたО川に訊いたら、少なくとも来年の1月分までできているそうだ。
まだ以前持ってきた分も置いてあるのに。

あとで社長がやってきて説明を受けた。
なにやら新しい機械が入るので、その場所を開けるために片づけをしたらしい。
これらはもはや死に在庫なので、どう処分してもいい。
多少でもお金になれば儲けものなのでよろしく、ということだ。

よろしく、と笑顔で去っていく社長が気楽なものだが、
これらに場所を占拠される我々はたまったものではない。
店長と奥さんと三人で相談したが、安売りしてしまうしか手はないとなった。
なにしろ古い物なので、正規品と混ぜて売ることはできない。


まず、種類別に仕分けだ。
切っただけで売れるものはA4サイズにして店に渡す。
色物柄物の珍しい紙は10枚百円で店内で売っている。
残りからハガキサイズが取れたら、それも店に渡す。
ネット注文の商品に「こんなのもありますよ」とサービスとして入れて送るのだ。

コピー用紙として使える紙は事務所で使う。
もっと小さい白紙はメモにしてお客さんにサービスで渡す。
厚手の紙は、荷物を贈るときに底に敷いたり、筒にして隙間に詰めたりする。
薄くて色の付いた紙は、3ミリほどの幅に切って、贈り物に詰める紙パッキンにする。

あとは得意の百円ワゴンだ。
色紙はメモ。
画用紙、書籍用紙は表紙をつけてお絵かき帳。
薄い和紙は書道の練習用。
それ以外の物は適当なサイズにして、セロファンで包んでそのまま並べておく。

早く処分したいので、一包み、一冊の量が今までの倍ぐらいにしてある。
ある意味、超お買い得バーゲン中なのだ。


それでもなかなか減ってはいかない。
なので商売をしている友人におすそ分けしたりする。
社長からは「最終的に捨ててもいい」と言われているのだから横領ではない。
しかも、「これをやる」と言って無理矢理持って行くのだ。
そしてそれを恩に着せて、はるちゃんの電気椅子に誘うのだ。






↑腕立て伏せの時間が減るけどクリックしてね。





間違いではない
ご存じの方は少ないかもしれないが、私は案外忘れっぽい。
土曜日に居酒屋にメガネを忘れて火曜日にとりに行くはめになったし、
会社にスマホを忘れたことはこのブログの記事にもした。
そういえば「今日の記事はこういう風に書こう」と考えていたのを忘れ、
二回にわたって書きなおすという事態にも陥った。

もちろん細かいことはもっとある。
サイフから出てきた謎の紙を見て、友人に頼まれた見本だと思いだしたり、
夕食のとき電子レンジを使おうとしたら、朝温めたものがそのまま入っていたり、
居酒屋で注文した塩サバを女将さんが忘れていて、謝られたが私も忘れていたりした。
百円ショップに行くたびに、買おうと思っていたものは思い出せないし、
ワカメを水でもどすのに、器にワカメだけ入れて水を入れ忘れたりしている。


先日、いつもの居酒屋で面白いことがあった。
70代で「バカヤロウ」が口癖のSやんに関する話だ。
それを思い出したのがテレビを観ながらの夕食中。
見たい番組だったのでちづるにこう言った。

「おもしろい話を思い出したから、次のCMになったら『Sやん』って言うて」

話すことを忘れてしまうことがあり得るので、キーワードをちづるにもらうのだ。
そしてテレビ番組と夕食は続く。


「Sやん」

「なんやて?」

「Sやん」

「なにが?」

「あんたがCMになったら『Sやん』って言えって言うたんやろが!」

「あ、そうやった!」

「で、なにがあったん?」

「なんやったっけ?」

「ボケとんのかー!」

それ以来思いだせていない。
おもしろい話ならブログネタにも使えるかもしれないのに。
なので、居酒屋に行ったらどんな話だったか聞こうと思っているのだが、
行くとそのことを忘れてしまっている。

こうやって貴重なネタをたくさん無駄にしているに違いない。
あと、段ボールで思いついたネタがあったはずなのだが、なんだったっけ?





↑覚えてなくてもクリックしてね。






平常だ
しまった!
本当は書こうと思っていたことを忘れていた!
というのは17日のネタ『はるちゃんのわるだくみ』の変更をネタにした、
昨日の『内容変更のお願い』の内容のことだ。

元々『はるちゃんのわるだくみ』は新人を連れて行くとサプリメントがもらえるので、
誰か連れていきたいのだがいろいろな理由で誘えないことを肝にしている。
わざわざ書きなおしたのは『その後飲みに行く事が理由で誘えない人』を追加したかったからだ。
それ以外にも誘うのに迷いのある重要な人を忘れていた。
だからそれだけ追加してみよう。


     ※


どういう人なら私の誘いに応じてくれるだろう。
体に不調があって、治療をしたいと思っていて、こういう機械の効能を信じやすく、
しかも私の言うことを聞く人。
いる、私の両親だ。

どちらももう年なのだから仕方ないのだが、
母はいつも膝が痛くて嘆いているし、親父はいろんなことでずっと通院をしている。
こういうお試しコーナーがあると知ったらきっと飛びつくことだろう。

しかし、二人とも歩くのが苦手だ。
このスーパーは広いから、一番近いところに車を停めてもけっこうな距離がある。
たどり着いたとしても、混んでいたら丸椅子に座って待っていなくてはならない。
親父は耳が遠いのではるちゃんの関東弁は聞き取れないだろうし、
わがままな事を言ってはるちゃんに迷惑をかける可能性がある。

それに2人を連れてくるとしたら私が隣の市まで二往復しなければならない。
効果があったと感じたら、毎週行きたいと言いだすに違いない。
なによりも考えておかなければならないのは、
はるちゃんはいつか帰ってしまうということだ。
そのときのマイナス要素を考えると、知らないままの方がいいような気がする。


     ※


と、辛気臭いことを書いてしまったが、もっと直したいことがある。
『はるちゃんのわるだくみ』の続編『内容変更のお願い』のことだ。
なんだその味もそっけもないタイトルは。
実はタイトルで悩んでいるうちに時間が迫ってきて、とりあえず付けたのがこれだった。

『はるちゃんのわるだくみ改稿版』の方がよかったか。
『続はるちゃんのわるだくみ』や『はるちゃんのわるだくみ補遺編』も考えた。
SFチックに『本当はそうじゃなかった日』は今までに似たのが多い。
昭和歌謡風の『二日前に戻りたい』は古臭いか。
変更する原因をメインに『忘れられた旅行』はわかりにくい。

いつもけっこうタイトルでは悩んでいるのだ。
それにしても後悔しているのは『はるちゃんのわるだくみ』だ。
はるちゃんが見たらきっと気を悪くするに違いない。
だからはるちゃんが帰ってしまう時に「このブログを見てね」と言えないではないか。





↑足腰元気になるようにクリックしてね。






壊れとる
しまった!
本当はあんな書き方をするつもりじゃなかったのに!
というのは一昨日のネタ『はるちゃんのわるだくみ』のことだ。
起き抜けの寝ぼけ頭だったので、とても重要な事を考慮し忘れていたのだ。

それは、その晩ちづるが社内旅行でいない、ということだ。
ちづるがいないのだからもちろんいつもの居酒屋に飲みに行く。
いつもの居酒屋にはKちゃんの友達Qちゃんが来ることになっていた。
ちづるがいないからQちゃんを誘ったのではなく、
「こみが居酒屋に行く日なら借りた本を返しに行く」とQちゃんから連絡が来たのだ。

これで電気椅子後の行動が制限された。
だからあのネタは、最初の2行空けたところから違ってくるのだ。


     ※


一番に思いついたのが、事務所のSちゃんだ。
彼女は私と終わる時間が一緒だし、住まいも市内、
若いしスラッと背が高くて美人だから連れていたら鼻高々だ。
とはいえ、この年齢差ではなかなかお願いしにくいのも当然。
いっしょに行くとなると、車に乗せていってもらわなくてはならない。

Mえの妹も「ヒマがあったら行ってみる」と言ってくれているがまだ行っていない。
しかし、彼女を誘うと、その後いつもの居酒屋に連れて行かねばなるまい。
お酒を飲まない子なので、車で来た時でも普通に食事をしに行ける。
むしろこの子は、お酒を飲まないので飲む人と一緒に行きたいのだ。
ただ、この日私はいつもの居酒屋でQちゃんと会うことになっている。
Mえの妹とだと言えばQちゃんには通じるだろうが、果たして二人に面識はあっただろうか。

同じ理由で誘えない人が何人かいる。
以前ジムで一緒だったTさんも、お店をやっているYさんも、
久しぶりに会う人なら、電気椅子をやってサプリもらってハイさよなら、とはいかない。
そばに私の行きつけがあるなら誘わなければならないだろう。
ああ、いったいどうしたらいいのだろう。


     ※


まあ、こんなことはどうでもいいので、結局サプリはもらえなかったのだ。
肩が痛いと言っていた配達のおっさんは来なかったし、
Mえの妹は忙しくて来られなかった。

その後普通に居酒屋に行き、Qちゃんと坊主頭Fの3人で歌いに行った。
誰もいない家に深夜に帰り、シャワーを浴びて寝た。
だったら今日のこのネタは、昨日書いていなければならないはずだ。
なぜ1日置いたのか。

ちづるが社内旅行でいないので、弁当を作らなくていい。
だから、いっぱい寝たのだ。
だから、昨日があんなに薄い更新だったのだ。

えっ、今日も薄い?





↑口数多子ももらいそこねたらしいけどクリックしてね。






シャランラ
ああ、だるい、しんどい、眠い、動きたくない。
飲み過ぎたか夜更かしのせいか、運動のし過ぎかカロリーの少なすぎか。
いや、たぶんはるちゃんの電気椅子に座っていないからだろう。
一日の来場者数が目標を突破し、はるちゃんの電気椅子はめでたく延長となった。
はるちゃんは延長の準備のため一旦東京の本社に戻り、椅子は二日間お休みだったのだ。

一応説明しておこう。
はるちゃんの電気椅子とは、近くのスーパーにできた電磁治療器のお試しコーナーだ。
一ヵ月の期間限定だったのだが、一日の来場者数が180を超えたら、
さらに一ヵ月延長すると本社からのお達しがあり、
常連たちが知り合いに声をかけ、人をかき集めて目標をギリギリ達成できたのだ。

東京に旅立つ前、はるちゃんはこう言っていた。

「目標が達成できたので皆さんにプレゼントがありますー。
 休み明けの木曜日、新人さんを連れてきてくれたら高級サプリメントを御進呈~」

なんと、その電気椅子メーカーが販売している体に良いサプリメントを、
新人と紹介者両方に一か月分ずつくれるというではないか。
なんという太っ腹。

しかしこれは大変だ。
なぜなら、延長を賭けた人集めで、知り合いは誘い尽くしている。
さらに今から新人となると、付き合いの薄い人に声をかけなくてはならないではないか。
さすが東京の企業、やることが適格だ。


こういうものに誘った時、人の反応は三種類だ。
嫌悪感を示す人、興味はないが付き合ってくれる人、健康になりたくて喜ぶ人。
この辺を見極めて声をかける必要がある。
平日だから仕事の関係もあるし、あまり遠くの人でも気の毒だ。

一番に思いついたのが、事務所のSちゃんだ。
彼女は私と終わる時間が一緒だし、住まいも市内、
若いしスラッと背が高くて美人だから連れていたら鼻高々だ。
とはいえ、この年齢差ではなかなかお願いしにくいのも当然。
いっしょに行くとなると、車に乗せていってもらわなくてはならない。

弟一家はそのスーパーから家が近い。
しかし弟はあまり興味を示さない。
姪っ子という手もあるが、若い女子は忙しいだろう。
それに来てもらうとなると、シュークリームぐらいは買ってあげなければならないだろう。

Mえの妹はどうかと思って、LINEが来たとき、それとなく探ってみた。
この春から勤め始めたので、残業はないか、仕事終わったらどこか行くのか、
そんなことを訊いていたら、Mえに「こみの態度がヘン」と泣きつかれた。
おそらくMえが連れていってサプリをもらうのだろう。


本社から配達のおっさんが来たとき、肩が痛いと言っていた。
なので電気椅子のことを教えてやったら「そりゃいいこと聞いた」と喜んでいた。
「この人は行きそうだな」と思ったがまだサプリのことは教えていない。
最悪この人を待ち伏せていっしょに椅子コーナーに入ることにしよう。

これで保険ができた。
さて、誰か一緒に行ってくれる女子はおらんかな。





↑電気椅子から居酒屋コースだけどクリックしてね。






ヨンホンゲ北へ