FC2ブログ

「99%の誘拐」

ここでは、「99%の誘拐」 に関する情報を紹介しています。
1988年作、岡嶋二人の「99%の誘拐」を読んだ。

最近流行の{無理やりどんでん返しミステリー}でも{キャラクター優先ご都合ストーリー}でもなく、ストーリー自体が面白くて読んでいるのが楽しい小説だった。

背表紙の解説によると『コンピューターに制御された前代未聞の完全犯罪』なのだが、いっさいケータイが出てこないのだ。
やはり本も新鮮なうちに読まにゃならんなあ。


インフルエンザ中は免疫がそちらに忙しかったのか、花粉症は楽だったのに、再び鼻がぐずぐず言い出した。
また鼻風邪引いてしまったかも。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
岡島二人・・・
大好きでした・・・
当時夢中になって読んでたなあ
そうか、でももう十何年も前の本になるんや・・
懐かしいなあ

スギは過ぎ、次はヒノキの花粉症だという噂が・・・。
2005/04/15(金) 16:33 | URL | kimkim #mQop/nM.[ 編集]
岡嶋二人は初めて読みました。
読みやすいし、無駄が少ないし、臨場感があっていいですね。
あと2~3作読んでみたいのがあります。
本は読み終わるまで面白いかどうかわからんもんね~
面白いのに当たるとシアワセになれますわ。

「よっしゃー、これからの花粉症はヒノキがメインだぜー!」
ってのをヒノキ舞台って言うんでしょうか・・・
2005/04/15(金) 23:37 | URL | こみ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/9-a3c2fc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック