fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

専門店で

今日はジムを休んで買い物に行った。
後輩N岡の友人が経営している魚屋へ。

いや、特に目的があったわけではない。
みんなで話をしていて、ふとそんな話題になったら魚が食べたくなったのだ。

いつものスーパーへ行かず、魚屋に行ったのはささやかな贅沢。
たまにはちょいといいものを食べてみたい。
それも刺身なんかじゃなくて、煮魚で。

お店はもう閉店間近なので品物は残り少ない。
その中に、いいメバルを見つけた。
「いくら?」
ときくと、
「結構大きいからねえ」
といいながら重さを計ってくれた。

お値段、890円。
フライパンで煮よう、と思ったら入らなかったので、
胴体で二つに切った、
と言うような大きさなのだから、安いと思った。


で、それはそれはうまかったよ~。





↑アカギレ痛いよクリックしてね






スポンサーサイト



[ 2008/02/08 01:14 ] | TB(0) | CM(7)
何度 水泳訓練しても あきませんでした。
自然状態なら、川や池、田んぼに住む どん亀のくせに ブクブクと沈みよります。

落ち着いて カラダを横にし、浮力に任せればええのに

何故か縦になってしまい、
パニック状態で『助けてくれえ~!』と暴れるので よけい沈むのです。

愛亀ゼニーは かなづちのまま、10年の生涯を終えましたが。

飼い主のウチは 父がめが 広島・江田島の海軍の学校で習得してきた『横泳ぎ』で 抜き手を切って 泳ぎます。遠くに、浦賀水道を航行してゆく大型船を見ながら。

その学校では 5キロ泳げン子は
『遊泳不能者』(=かなづち)と認定され
泳げるようになるまで、小舟で沖に連れてかれては 海に放りこまれ…(戸☆ヨットスクールかいな(;^_^A)

仕事柄 日本中の漁村を巡る夫がめが
日本で一番好きな海、ていう 伊勢志摩の海。

そこで生まれた こみさんや、〇川さんたちも 泳ぎは達者、鮮やかな抜き手を切って、泳がはるのでしょうか。

[ 2008/02/08 10:32 ] [ 編集 ]
めばる
うまいね~
最近食ってない
そんな高級魚
( ̄ー ̄)ニヤリ

ちなみに 私
泳ぎは 得意でして
個人メドレーしてまちた

最近じゃ 脂肪で
ただ 浮くだけに
なりました
┐(´ー`)┌ヤレヤレ
[ 2008/02/08 11:14 ] [ 編集 ]
文字の順序
前後が入れ替わるだけなのにこんなにも意味が変わってしまうなんてハジメテ気がつきましたわ\(・o・)/

着衣水泳、私はしたことがないのですけど、娘が小学生時代に訓練の一環でありました。
水着着てなら少々は泳げますけど、イザ、突発事故、着衣ではどうかしらんσ(^◇^;)
[ 2008/02/08 19:12 ] [ 編集 ]
かめさん>
父がめ様、横泳ぎって日本の古式泳法でしょ。
『抜き手を切る』ってかっこいいなあ。
私はいろんな人に手を切られましたが。
夫がめさんは港めぐりをしてるのね。
伊勢志摩の海を気に入ってくれてうれしいなあ。
ちなみにO川は目を開いて泳げないし、私はもう体力がありません~

oniさん>
メバルって、子供のころはたまに釣れたりしたけど、今では高級魚なのね。
ちょいと贅沢しました。
個人メドレーはすごいね。
バタフライもするってことだもんね。
いまや浮くだけとは、ビクトリーの『V』から海の『ブイ』になってしまったのね。

猫団子さん>
感心されると恥ずかしいです。
ネタに困ってのこじつけで。
今は着衣水泳って教わるんですね。
確かに覚えておいたほうがいいかも。
水着着てなら少々泳げる・・・?
水着も着ないと人魚のように泳げますよ。
[ 2008/02/08 21:49 ] [ 編集 ]
こみ人魚って・・・うふっ
美味しいお魚は高いのよね~。
1尾890円じゃ美味しかったでしょうよ。
私はもっぱら赤魚とカレイですわ。
私もすいすい泳ぎますよ。
服着て泳いだらどうかしら・・・。
[ 2008/02/09 00:22 ] [ 編集 ]
座布団一枚!
ビクトリーのv(^^)v
から
海に浮かぶブイ…て
[ 2008/02/10 08:21 ] [ 編集 ]
STマコトさん>
ちょいと奮発しました。
でも、スーパーでメバルを見たら、
半分の大きさで700円ぐらいしてたから、やっぱりお得だったみたい。
マコトさんも泳ぎが得意なのね。
冬場の服だと泳ぎにくいでしょうね。
ところで、人魚って魚を採って食べてるのかな。

かめさん>
座布団ありがとうございます。
ふふふ、ブイつながりです。
つーか、ほかに浮かびませんでした。
[ 2008/02/10 10:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム