FC2ブログ

大人は考えない

ここでは、大人は考えない に関する情報を紹介しています。
このお盆休みも、特にどこへ行く訳でもなく、
とりあえず「実家へ顔出し」が唯一の予定だった。

昼前に到着する予定だったのだが、
畑に寄ったり、買い物したりで正午を過ぎてしまった。
せっかくの休みの日、バタバタしたくはないじゃないか。
そういう気構えなので、モタモタしてしまったのだ。

「こんにちわ」というのも「ただいま」というのもなんだか妙で、
「うほーい」と言って玄関を入ると、姪っ子たちが飛び出してきて、
熱烈歓迎を受けた。

で、荷物も置かないうちに上の子が、絵本を持ってきた。
「おじちゃーん、読書感想文書いてー」

なんですとー。


まだ夏休みがあった頃、私は読書感想文が苦にはならなかった。
読みたくない本を読まされるのはいやだったが、
感想文はラクショーだった。
なにしろ、書きさえすれば「これは間違っている」とは言われない。
これほどテキトーが許される宿題があっただろうか。

苦手な宿題を交換して、友人の感想文を書いたこともある。
二歳年下の弟も、私の感想文を提出したことがある。
そこで私に白羽の矢がたったらしい。

わたされたのは『おしいれのぼうけん』という絵本と、原稿用紙が三枚。
「この本で原稿用紙3枚書いて」

ワシが書いてどうする。


何はともあれ、酒の合間に読んでみた。
保育園が舞台の、漢字の一切ない絵本だ。
ま、だいたいこんなことを書きなはれって事を、
いくつかピックアップしたらいいか。

ところが、それが思いつかない。
何を書いたらいいのか見当もつかない。
おまけに小学4年生のレベルがわからない。

これはテレビや酒のあるところでは考えられないぞ。
静かなはずの親父の部屋に行った。
隣の部屋で『笑点』がはじまった。
書けん!

結局、帰る間際にこそこそっとメモを書いて、
「あとは自分で考えるんやで」
とごまかした。

姪っ子に、
「おじちゃん、ありがとう」
といわれた時と、私のメモを弟が読んでたときが辛かった。





↑若さがないけどクリックしてね







スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こみさん 真面目だなぁ
 ボクは本を読むのがイヤで自分ででっち上げた架空の本の読書感想文を書いたことがありますよ。
 どうせ先生だって全部の本を読んでるわけじゃないだろって...こまっしゃくれたガキだったんです(^_^;)
2007/08/15(水) 00:00 | URL | モチゾー先生 #t50BOgd.[ 編集]
そういえば・・・。
小学生の頃。
切羽詰った、ひと夏のおわりに・・・。

書きました。
読書感想文。
江戸川乱歩の「パノラマ島きたん」
(きたんが、どうしても漢字が思い出せないの。しくしく)

お話は好きだったけど。
文庫本のケツのあとがきの感想文を書いたら。
入選しちゃった。
もっけもん(^^)v

2007/08/15(水) 00:20 | URL | manpuku #e8dqewdg[ 編集]
こんばんは m(_ _)m
コメントありがとうございます。。

学生時代は読書、嫌いだったなぁ。
今は違うんですよね。

それにしても・・・
小学生の感想文を考えるのは、しんどいですなぁ。お疲れ様でした。

新作は・・・
18:00までにはアップしますね。
ぜひ遊びに来てくださいな。

ではでは・・・
ランクアーップのポチ!!
2007/08/15(水) 00:38 | URL | ドダドゥド #-[ 編集]
うーむ確かに小4のレベルを考えて感想文を
書くというのは難しいかも。
幼稚園レベルなら「おしいれってこわかったです」で
済むかもしれませんがww
関係ないけど「おしいれのぼうけん」、
今ちょうど生協に注文してるところだったので
ちょっと嬉しかったです(≧∇≦)
2007/08/15(水) 01:43 | URL | みみ #-[ 編集]
いつぞや使った技
読むのも書くのもそれほど苦にはならないんですが、「きちんとした感想文」となると話は違って…。

そこでとったのが主人公へのインタビュー形式で構成。
会話文で構成されるので行数が稼げること稼げること。
あらたまった「感想」は書かなくても自分の思った方向へ会話が進むので(当然)主張したいことを書いているように読める。(^◇^;)
2007/08/15(水) 20:04 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
モチゾー先生>
架空の本の感想文って・・・
そっちの方が難しいじゃないですか。
感想文自体がSFだなんてはじめて聞きました。
逆にその本が読みたくなりますわ~

manpukuさん>
小学生が乱歩とは。
しかも『パノラマ島奇譚』(こんな字じゃなかった?)
グロくなかったですか?
たぶん先生の趣味だったんだろうなあ。
しかし、入選を果たすとはウデがあったんですねえ。


ドダドゥドさん>
本は案外好きでした。
感想文は好きではなかったけど、困りもしなかったですね。
しかしこの年になって、4年生の感想を考えるはめになろうとは。
ドダドゥドさんの続きも楽しみにしてますよ。


2007/08/15(水) 23:50 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
みみさん>
『おしいれのぼうけん』タイムリーだったんですねー。
ラストではちょっとジーンとさせられましたよ。
しかし、4年生なんだから、もうちょっと漢字のある本にしてもらいたいです。
で、自分で考えてもらいたいです。

猫団子さん>
会話形式の感想文?
それは大発明ですね~
それを認める先生も偉い!
兵隊を登場させると更に枚数が進みますよ。
一応、読んだ本は寸評を書いて記録してるんですが、今年は全然読めてないです。
2007/08/15(水) 23:59 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
後ろ姿が…
胸を打ちますねぇ~(爆)
私も人の感想文を書いたことがあります。
というか口頭で伝聞。
男子と女子が「私」「僕」と書き直して提出したらしい。
ホントにそのまま出すとは思わなかったけど。
どっちかがマネしたと
マネした感想文を出したやつがいると怒られてましたが
私の名前は出ず。
セーフでした。

2007/08/16(木) 05:38 | URL | のん太 #bzMoh9KQ[ 編集]
なつかしぃなぁ おしいれのぼうけんhttp://blog6.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">http://blog6.fc2.com/image/icon/e/446.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">http://blog6.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">

昔読みました~
個人的には ぐりとぐらが好きだったよん♪

読書感想文は苦手だったなぁ…(遠い目
2007/08/16(木) 23:13 | URL | iku #-[ 編集]
のん太さん>
私は見つかって怒られた口です。
渡した相手が名前だけ書いて出したので・・・
でも、もう一人はちゃんと書き直したのでばれませんでした。
『感想文 星新一で 大量生産』

ikuさん>
おお~、知っているのね。
私は知らなかったんだけど、有名なのね。
『ぐりとぐら』も聞いたことはあるんだけど知らないのよね。
覚えているのは『カロリーヌとなかまたち』のシリーズばっかり。
2007/08/16(木) 23:53 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
絵柄と、トケ井の不在で初期のエントリーやて、わかる
会話形式さすが猫団子はん、かしこいわあ
2014/07/08(火) 11:49 | URL | かめ #-[ 編集]
あら~時を超えて褒めてもらってる
うれしいわぁ。

過去記事のURL貼るのってやっぱ有益なことやったんやね。
2014/07/08(火) 21:29 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
かめさん>
なんと7年も前ではないですか。
この頃はペンタブレットも古いやつだったなあ。
この頃はトケ井を描かなくてもよかったのだなあ。

猫団子さん>
こんなに過去ネタまで掘り返されるブログも珍しいんじゃないかな。
ありがたいありがたい。
でも、私が過去ネタを読んでしまって、
レスがおろそかってのはこまりもんだなあ。
2014/07/10(木) 18:29 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/699-591072b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック