FC2ブログ

大物になるために

ここでは、大物になるために に関する情報を紹介しています。
人間って、二つの道があったとき、どちらかに決めるのは難しい。

AかB、答えはひとつとは限らない。
AとB、どちらかが正しいとは限らない。
AインB、二つが対等とは限らない。
A風B、あいまいでないとは限らない。
AなB、意味がわかるとは限らない。

たとえば、カバン。
以前も書いたことがあるが、私はポケットがいっぱいあって、
いろんな小物が仕分けできるカバンが好きだ。
でも、そんなカバンを持っていると、
なんでもホイホイ放り込めるワンルームカバンにあこがれる時がくる。

人の好みなんてひとつに統一できない。
だから牛丼屋に「牛丼とカレーの合い盛り」なんてメニューが現れるのだ。
AとBの好みの波、バイオリズムは流動的なのだ。
常に上にあると思っていた波が、下の波に越されることもある。
今、机に対する気持ちがそうなっている。

私が今使っている机は、80㎝×50㎝の木目調折りたたみテーブルだ。
買ったのは『無印良品』
ノートパソコンとマウスと付属品用小引き出しを置くとちょうどいいサイズだ。
一言で言うと、コンパクト。
なんといい響きだろう。

ところが、あるきっかけで気持ちが揺らいだ。
冬、コタツを買った。
コタツでのパソコンはいい!
暖かさももちろん、その広さがよかった。
何かをするときには『余裕』が大切なのだ。

思えば、最近の記事はせこい物ばかりだった。
毛が抜けただの、雨の日にカッパ着ただの、酔っ払って寝ただの、
とても人間的に大きいとは言えない。
これはコンパクトな机のせいなのだ。

『ニトリ』でステキな机を見つけた。
150㎝×60㎝で1万円。
ホントに気に入ったのだが、150㎝は私の部屋に収まらない。
そこで、120㎝×60㎝を探す旅に出た。

見つけたのは『ビバホーム』
食卓用テーブルなのだが、板と足を選ぶことができるのだ。
合計7700円。
なんだかすばらしい。

だが待てよ。
DIYコーナーに行けばもっと安い板があるのではないか。
そこで家具コーナーから資材館に移動。
そこは板の宝庫だった。

サイズも厚みもよりどりみどり。
狙いのサイズだと、およそ5000円。
でも足が高い。
一本2000円近くする。
それでは意味がない。
ほかにアイデアはないものか。

ふと気づいた。
今使っている無印の机に資材館の板を乗せたらどうだろう。
どうせこの小さい机はしまってしまうのだ。
足として使ったほうが利口なのではないか。
足の幅は80×50だし、固定されてない不安定さは残る。
でも、その分どれだけ安くあげることができることか。

待て待て、それだったら、実家が以前使っていた古いテーブルはどうだろう。
見てくれはよくないが広さは十分。
何より1円もかからずに・・・


せこいっ!
なんてせこいんだ、ワシ!
こんなことで大物になれるものか!
それもこれも全てコンパクトな机が・・・




↑広い心でクリックしてね






スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
せこせこせこせこ・・・・。
ほーんと、せっこいねー!
なんなのぉ?

って、私とそっくりですやん。

いいのよ。
この、せこさから、夢が生まれるのよ。
おーほっほ!

笑い声だけ、セレブにしてみました。
2007/07/18(水) 21:11 | URL | manpuku #e8dqewdg[ 編集]
manpukuさん>
私のセコ歴も、もうかなりになりますわ。
もちろん夢はありますえ~。
アレとアレ。
二つあるところがせこいわ~。
お~ほほほ。
 ↑
男セレブも「おーほほ」でいいでしょうか?
2007/07/18(水) 22:15 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
・・・・?
「おーほっほ」
「おーほほほ」
「おーほほ」

なんだか、密林のゴリラかも。

大物への道は険しい。

頑張ろうね。こみさん!
って、私もか。
2007/07/18(水) 22:51 | URL | manpuku #e8dqewdg[ 編集]
manpukuさん>
あ~~~あ~あ~~~
私はジャングルの大物ターザンです。
manpukuさんは「チータ」にしてあげます。

それにしても道は厳しいです。
道があるのかどうかも怪しいです。
でも「いっしょに」がんばりましょうね。
manpukuさん。
2007/07/18(水) 23:57 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/677-4b7023bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック