fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

三寒四温だと

今年の冬は、妙に暖かかったり、突然すごく寒くなったり、
また地方によって大雪が降ったり、夏日になったりと不安定だ。
それでも寒い日と暖かい日を繰り返しているうちに、
徐々に温暖な日が増えてきて、春が近づいているのがわかる。
こういうのを『三寒四温』という。

で、この『三寒四温』という言葉、どう使ったらいいのだろうか。
三寒四温という言葉自体に、暖かいのでも寒いのでもない、
なんだか曖昧な感じであるという意味を含んでいるようだ。
期間も一日二日で判定できることではない。
漠然としていて、つかみどころのない四字熟語だ。

「あ~三寒四温」と味わうものではない。
「あっ、三寒四温だ」と気づくのもおかしい。
「こないだ三寒四温やったよね」と振り返るのも妙だ。
「三寒四温なう」と伝えるのは間違いだろう。
「三寒四温…なの?」と問われても困る。

「三寒四温風でいこか」
「断じて三寒四温ではない!」
「ちょっと三寒四温見てくる~」
「三寒四温のせいでこんな目に……」
「代わりに三寒四温でどや」
なんてのは納得できない。

私が思うに、三寒四温の正式な使い方は、
三寒四温と言われるような寒暖をくりかえす時期が来て、
「ああ、こういうのを三寒四温というのだなあ」
とつぶやくときしかないのではないか。


なぜ私がこんなに三寒四温に辛く当たるのか、不審に思う方もいるかもしれない。
実は、私と三寒四温との出会いは気持ちのいいものではなかった。
誰しも生まれながらに知っている言葉などありはしない。
私が『三寒四温』という言葉を知ったのは、クロスワードパズルだった。

クロスワードで7文字というのは結構な大物である。
確か,ところどころに『ん』が入るのはわかっていた。
しかしそれ以上、どれだけ考えても当てはまる言葉が思いつかない。
ギブアップして答えを見た。

『サンカンシオン』

なんじゃ、そりゃ。
クロスワードの答えはカタカナだから、なおさら何のことかわからない。
考えて考えてついに諦めて見たクロスワードの答えが、
聞いたことのない単語だったときの落胆よ。
ミステリーの犯人が登場人物欄にないようなものではないか。

新しい言葉を知ったうれしさなんて微塵も感じない。
ただ眉間にしわを寄せるような不快感のみだ。
いかさまをされたような、裏切りにあったような、だまし討ちを受けたような、
マイナス要素満点の、新知識獲得だった。

そういうわけで、私は『三寒四温』という言葉に風情を感じない。
むしろ苛立ちを覚えるぐらいだ。
花粉症の季節なのでなおさらだ。






↑それ以来自分で使ったことはないはずクリックしてね。




三と四
スポンサーサイト



[ 2024/03/02 07:02 ] 言葉遊び | TB(0) | CM(6)
ふぅむ…ときて
[太字]オチ!!(≧▽≦)(≧▽≦)

先日、「古文漢文は使わないから必要ないって意見があるけど、それを知らないとこういう言葉遊びも出来んやん」って言う意見があったの思い出した。

一例;
春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく生え際 少し明りて旅だちたる髪の細くたなびきたる。- 裏枕草子

[ 2024/03/02 07:26 ] [ 編集 ]
あっ、強調文字にしたつもりやのに
要らん字を消したつもりが要るモン消したった。(;'∀')

こう書きたかったんやのに
オチ!!(≧▽≦)(≧▽≦)
[ 2024/03/02 07:29 ] [ 編集 ]
話題がズレタけど
夕べインスタで見たのだけど、くるねこ大和さんって漫画家さんが花粉症で鼻の噛みすぎで鼻の下がガビガビで辛かったからニベアクリームの青缶をぬりぬりしたら、花粉症がおさまったって(@ ̄□ ̄@;)!!

鼻の下に塗ったニベアクリームが花粉をくっつけて体内に入るのを阻止したのでは?との意見がありました。
ニベアクリームじゃなくても家にある似たようなクリームでも効果あるかも?!
[ 2024/03/02 07:30 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
どのオチやろ?
文章のか、クリックお願いのか、イラストか?
要る字を消すことはよくありますねえ。
とりあえず、その例を見る限りでは古文漢文は必要ないですな。

ペコさん>
なんか鼻の下に塗るタイプの薬もあるもんね。
ニベアで代用できたらありがたい。
メンソレではいかんのかなあ。
オロナインはスーッとしないし。
ヴェポラッブは案外高いのよね。
[ 2024/03/03 16:29 ] [ 編集 ]
三寒四温は小4ん時の担任のセンセが教えてくれました
クロスワードパズルの最後の一つで、未知の言葉に当たったらハラ立ちますやろなー


三寒四温を教わった時に、「光の春」いうのんも教わりました
節分過ぎた頃、陽射しは明るくなっとんのにまださぶい、
お日さんの光だけ春になった、いうことらしいです
まあ、なんでこんな余計なことまで書いたかというと
ハナシを光るとか禿げるとかいう方向へ持ってきたいだけですわ


司書猫団子さんの裏枕草子で思い切り笑いました


[ 2024/03/04 12:33 ] [ 編集 ]
かめさん>
未知の言葉だからこそ、最後のひとつになるんだけどね。
日本語の豊かさには驚かされますねえ。
「光の春」というのは初めて聞きましたが、
まるで俳句の季語のようですね。
でもまあ、出てきたときに「始まったな」と思いましたわ~
毎度誘導をありがとうございます。
[ 2024/03/04 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム