fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

離れさせてください

朝はまず、朝礼の前か朝礼が終わってすぐ、
血圧に効くヤクルト『プレティオ』を1本飲む。
10時にはコーヒーを淹れ、ゆで卵やハイカカオチョコをいただく。
このコーヒーは熱いので仕事中にチビチビ飲むことになる。
どうかするとお昼にスープを作ろうとしたら残ってることもある。

さて、コーヒーが含む有名な成分カフェインには利尿作用があるらしい。
その作用と、職場の寒さ、そして飲んだコーヒーの冷たさで、
お昼辺りはとても頻繁にトイレに行くことになる。
昼休み前に行って、お昼終わってすぐ行って、またすぐ行く。
どうかすると昼食と読書の間にも行ったりする。


先週から会社で工事が行われていることを何度か書いたが、
これは、浄化槽を廃止して下水につなげる工事なのだ。
この日はちょうどその切り替えが行われたために、
午前中に30分ほどトイレと水道が使えなくなると言われた。
膀胱を鍛えてないおっさんは慌ててトイレに行ったのだった。

そして昼休みの読書中に店長が連絡に来た。
昼休み明けの1時から、浄化槽の汲み取りが行われるらしい。
そんなことを聞いたから、なおさら利尿が気になってしまう。
ちなみに私は『りにょう』は『離尿』という字を想像していた。
尿が体から離れるのであって、何の利があるというのだろう。

ともかく私はこれで精神的離尿が促進された。
読書後の睡眠に入る前にもう一度トイレに行っておいた。
作業は40分から1時間ぐらいという話だ。
そのぐらいならマイリトルボーコーももつだろう。


1時40分を過ぎた。
外を覗きに行ったらまだ作業は行われている。
離尿したい。
いや、体内ではすでに尿は体から離れているはずなので、それを放ちたいのだ。
かといって「尿を放つ」と書くと生々しいので『離尿』で行かせてもらう。

あ~離尿。
いやちょっと待てよ。
店長は、臭いがするといけないからシャッターを閉めると言ったのだ。
午前中の切り替えみたいにトイレを使ってはいけないとは言わなかった。
ひょっとしたらトイレは離尿に使用してもいいのではないか。

いや待て、って待つのが辛いというはなしなのだけど、
私一人が一回分の離尿をしたとして、あの巨大浄化槽になんの影響があろうか。
たとえ作業中に少々の水分が流れてきたとしても、
それは管内の残り水分だと認識されるのではないか。
つまり、流さなければいいのではないか。

離尿して職場に戻ると、ちょうど店長がいた。
作業が終わったらすぐに流しに行きたいのでそれとなく、
「トイレは何時に使えるようになりますかねえ」と訊いたら、
「あ、使ってもいいんですよ」と言うではないか。

「じゃあ、流してきます」と言ってしまった。





↑なんかシモの話ですいませんクリックしてね。





おしっこ
スポンサーサイト



[ 2024/02/08 06:58 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(3)
足の向きが絶妙
アカンって言われると余計に気になるんやなぁ。

ガマンは良くないよ、うん。
https://blog-imgs-108.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-171031magiwa.jpg
その1年半後
https://blog-imgs-125.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-190311auto.jpg
って去年同じように貼り付けコメントしてたな
https://blog-imgs-170.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-231202daisanji.jpg

この足の向きの絵はこれがあった!!(何喜んでんねん)
https://blog-imgs-134.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-200214gaman.jpg
[ 2024/02/08 07:15 ] [ 編集 ]
さまぁ~ずさんの
さまぁ~ずさんの「心配性」って歌、知ってますか?
(正確にはマイナスターズの「心配性」)
なんか思い出してひとりにまにましてしまいました。
[ 2024/02/08 22:44 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
さすがに三回描いてそれを突き付けられたら別の絵にしますわ。
つーてもそれ以外のことは思いつかんもんね。
年を取るとこれがリアルになってきます。
いつか大惨事が訪れそう。

葉牡丹さん>
知らなかったのでYOUTUBEで探してみました。
ふふ~ん、これはにまにましてしまうなあ。
社内でもこんなに心配になるんだから、タヌキの出る道だったらね。
[ 2024/02/10 16:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム