fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

初めての里帰り

この土曜日は母の通院日だ。
施設に入所したとき、通院か往診か選ぶことができたのだが、
4週ごとの通院で、2回に1回は私がくすりだけもらってくればよかったので、
実質2か月に1回なので通院にした。
そのぐらいのペースなら、実家に戻るのもいいだろう。

朝、スーパーで以前よくお昼に食べていたお寿司を買って実家へ行く。
ちづるをおろして、私だけで施設に母を迎えに行く。
病院で診察を受け、実家に行き三人でお昼を食べて、
ちょいと休憩したら戸締りをして母を施設に送る、という予定だ。

薬をもらって実家に着いたのが正午をちょっと過ぎたころだった。
ナイスなタイミングだ。
手を洗ってうがいをしたら早速昼食にする。
母には久しぶりの助六だ。
のり巻きを吸い物に浸けるのを見るのも久しぶりだ。


食べ終わったら母がいきなりこう言った。

「さあ、そしたら行こか」

あら、なんだか帰る気満々ではないか。
母を実家に連れてくる一番の心配は「施設に戻りたくない」と言い出すことだった。
でも話をしていると、実家の印象は薄れているようだし、施設の生活は気に入っているようだ。
すんなり戻ってくれるとありがたい。
とはいえ、洗い物や戸締りもしなければならないので、ちょっとおしゃべりをしていると、

「今日はもうどこにも行かん」

と言い出した。
いやいや、そいつは困る。
とひやひやしていたら、今度はこう言った。

「あんた車やったらついでに乗せてってくれるか?」

どうやらどこが自分の居場所だか確定していないようだ。
ともかくこのチャンスは逃せない。
わかった!と慌てて用意をして母を車に乗せる。
施設まで3人でドライブだ。

到着したらスタッフさんたちが出迎えてくれた。
連れられて行く母の後ろ姿に「バイバーイ」と手を振った。
するとスタッフさんが気を利かせてくれて母をこちらに向かせてくれた。
すると母が、

「なんや、乗せてってくれへんのか」

危ない危ない、お別れシーンはスルーしなくては。






↑名残を惜しんではいけないのねクリックしてね。




しらんふり
スポンサーサイト



[ 2023/06/11 07:11 ] 身内のこと | TB(0) | CM(3)
まぁまぁスルーっと行ってオーライ?
お出かけ日和。
[ 2023/06/11 07:21 ] [ 編集 ]
治療が終わったら
これに挑戦(⁠ノ⁠^⁠_⁠^⁠)⁠ノ股関節大丈夫かな

この子笑顔でやってるからいいなぁと♪⁠(⁠┌⁠・⁠。⁠・⁠)⁠┌
[ 2023/06/11 18:34 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
ほぼ完ぺき、と思っていたのに……
血圧データ入れてくれてあった書類入れを施設に返すの忘れてたわ。

ペコさん>
これは結構ハードかも。
でもリズム物はノリでできるから続けやすいのよね。
いきなりフルパワーはダメですよ。
[ 2023/06/14 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム