fc2ブログ
2024 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 04

草の季節

あっ、週間天気予報がかわっとる。
それもいい方に。
次の土日は土曜の朝しか畑に行けないと思っていたけど、
なんとずっとお日様サンサンマークが並んでいるではないか。

こうでなくては困る。
なにしろ次の土日はもう4月なのだ。
とりあえず草取りをして、畑に溝を掘って取った草や野菜くずを埋めて、
野菜くず捨て穴の腐葉土や肥料を撒いて耕さなければならない。
これからの時期の畑人は忙しいのだ。

とはいえ、土日も丸ごと畑に行くわけにはいかない。
実家に行くのはお休みにはならないのだ。
となると働く時間が限られてくる。
朝食後から実家に出かける10時頃までと、午後の一旦帰宅の3時間ほどだけだ。
これで予定の作業を終えることができるのだろうか。


で、ちょっと考えていることがある。
先日、私の畑の地主であるちづるの叔父さんが亡くなった。
今は叔母さんが一人で暮らしているらしいのだが、この家は畑がたくさんある農家だ。
叔父さん叔母さんが畑をしなくなってから、やってくれる人のある畑は人に貸し、
借り手のない畑は娘婿さんたちがときどき草除けにトラクターで耕している。

トラクター…ああ、なんて心地よい響き。
アレを何とか借りることができないだろうか。
あるいは、その娘婿さんたちがついでに耕してくれるか。
なにしろ、私の畑の隣は使っていなくて、彼らが耕しに来るところなのだ。
私に「この畑もやらない?」とお誘いもあったが、いきなり倍以上の広さになっては手に負えない。

だから、ついでの時に耕してもらいたいのだが、トラクター乗りは人の畑を耕したがらない。
なぜなら、いくら草ボーボーだとしても、何かが植えてある可能性がゼロではないからだ。
実際ウチの畑は草ボーボーのスキマにスナックエンドウとソラマメが植えてある。
となるとトラクターを借りに行かねばならないか。
しかし私はトラクターの操縦法を知らない。

前の道を通るトラクターを呼び止めて、酒の一升でもさし上げて耕してもらうか。
いわばトラクターのヒッチハイクだ。
でもこのヒッチハイクは本当のヒッチハイクと違って、あとくされなしとはいかない。
なにしろここを通るトラクターは何度でもここを通るのだから。

まあ、それはまた考えるとして、天気予報がもう一回変わるというのだけはありませんように。






↑会社を一日休んでみようかなどと思っているけどクリックしてね。




丸い
スポンサーサイト



[ 2023/03/29 06:54 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(3)
あれっ?司書さんは?
草がそよいで気持ちよさそうやねんけど
これは通りすがりのトラクターに一献献してでもなんとかせんなんという状況…
ミステリーサークルのヨンホンが、倒れませんように
[ 2023/03/29 22:57 ] [ 編集 ]
何と!うっかりしてた
昨日は早朝から忙しくて…言い訳。

トラクターで耕されたふかふかの土が待ってる畑、うっとりするなぁ。
[ 2023/03/30 04:27 ] [ 編集 ]
かめさん>
早くしないと草の根が強くなっちゃうのよね。
この休みでどこまで行けるか…
ヨンホンの根は強くならんけど。
司書さんが草取りに行ってくれてたらいいのに。

猫団子さん>
そんなことがあるんだとびっくりですわ。
よほどの多忙でお疲れなのかな。
トラクター後の土は畝も作りやすいしねえ。
ああ。
[ 2023/03/30 12:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム