fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

派手なのに無視される

実家で母によく作るおかずと言えば、
『ダイコンとはんぺんの煮物』『サトイモと手羽の煮物』『ハクサイと牛肉の煮物』
がトップスリーだ。
野菜とたんぱく質の組み合わせが変わったり、ちくわやあげがはいったりするが、
不動のメニューと言っていいだろう。

もちろん私も実家に行ったときはこれらを食べる。
だから、健康ノートには本日の食事として記入する。
しかし、そこには省略されていることがあるのだ。

ニンジンだ。
たいていどれにでも色合いとしてニンジンが入っているのに書かない。
例えば『ハクサイと牛肉の煮物』にシメジが入ったとしたら、
『ハクサイと牛肉とシメジの煮物』と書くのに、そこにニンジンが存在してても書かない。
なぜニンジンはこんなにないがしろにされているのだろう。

さきほど「色合いとして」と書いたが、ニンジンは色合い以上にはなれないのだろうか。
栄養があるということは聞き及んでいるが、栄養よりもあのオレンジ色が重要視される。
よく考えたら、あれだけバリエーションの豊富なみそ汁でさえ、
『ニンジンのみそ汁』というのは聞いたことがない。


ここで私は、同じ赤いものとしてエビ問題を思い出した。
もちろんエビは堂々とメインを張れる食材だ。
しかし、天ぷら界でトップを誇るエビが、なぜ寿司界ではあんなにしょぼい扱いなのか。
ひょっとしたらニンジンにも料理次第で目立つことが可能なのだろうか。

とはいえ、思い出すニンジン料理と言えば、きんぴらとシリシリしかない。
シリシリが本当にシリシリだったかも自信がないほどだ。
で、これらがニンジンがメインかというと、どうもゴボウやレンコンの方が先輩感がある。
そもそもこのニンジン料理自体が、弁当の中の色合いになっている気もする。

では、野菜スティックはどうか。
アレはそもそも、他のメンバーもひっくるめて、食卓の色合いの役目がある。
その中でもニンジンはひときわ目立つ。
ただ、ここでも一番はキュウリだろう。
残念なことに、食事が終わって残されている中でも、あのオレンジ色は目立っている。
なのにあのオレンジ色は『ニンジン色』と呼ばれることはないのだ。


こうなると、逆にネガティブな考え方をしてしまうではないか。
つまり、もしニンジンがあの派手なオレンジ色でなかったら。
ああ、いかん、つい『絶滅』という最悪の言葉を連想してしまう。
だからこそニンジンはあれほど虐げられた立場でも耐え忍んでいるのではないか。

ひょっとして『ニンジン』って『忍の字』からの変化なのだろうか。






↑2月22日ってニンジンっぽいけど『猫の日』に負けるなクリックしてね。




オレンジ

一昨日赤福でしとるがな。


スポンサーサイト



[ 2023/02/22 06:54 ] 世間話 | TB(0) | CM(2)
ニンニンニン
ニンジンの絵で検索したらこの記事に辿り着いて、やっぱり「忍」から変化した説が正しいのかしらと思った。
http://tabekube.blog6.fc2.com/blog-entry-4545.html

右手に掲げるトップはおにぎりやな。
(多いから例示貼り付けはしない)
ダイコンは太いから本体やなしに葉本を持っている絵が多いな
https://blog-imgs-139.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-201130sanbon.jpg
[ 2023/02/22 07:16 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
なにをやってたんだろうな、ワシ。
これと比べたらオートミールのカッコイイこと。
やっぱりおにぎりは描きやすいねえ。
それより、このポーズが描きやすいんやろね。
持つか足付けるかですな。
[ 2023/02/23 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム