fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

甘党になりなさい

土曜日は母の月に一度の通院日だった。
特にどこかが悪いわけではなく、どうにかならないように診てもらっている感じだ。
今回は以前の検査の結果を聞く。
ケアマネさんから足のむくみのことを連絡してもらったのでその話もあるだろう。

検査の結果、あんなに食べているのにやや栄養不足気味、やや貧血気味。
鉄分も少し数値が低いらしい。
なのでタンパク質やほうれん草を摂りなさいということだ。

足のむくみは、一番良くないのが座ったままでいることらしい。
腎臓は健康だというので一安心。
トータルで、加齢によるバランスの崩れだそうだ。
ただし、塩分は控えるように、と。


こいつが難しい。
なにしろ母にオートミールや煎り大豆を食べさせておくわけにはいかない。
母は濃い味付けが好きなのだ。
シューマイでもコロッケでもポテトサラダでもしょうゆをかけたがるので、
私が「これは味がついている」と言ってそのまま食べさせている。

なんといっても、今はメインおかずが煮物だ。
ダイコン、サトイモ、ハクサイのルーティンに、
牛肉、手羽、はんぺん、ちくわなどを組み合わせている。
味付けはほとんどが麺つゆなのだが、なにを煮るときも最も薄い割合いにしている。
麺つゆならおでん、白だしならお吸い物の味付けだ。

足がむくみ始めたころから、さらにそれを薄めるようにした。
代りに酢を入れてみたり、だしを増やしたりした。
ショウガで風味を増やしてみようとも考えている。
酢やショウガはなんかよさそうではないか。

困るのは間食だ。
母は堂々と「私はめったに間食をしない」と宣言しているが、
買い物のたびに買うお菓子たちが、次に来たときには激減している。
しかも、甘いお菓子よりしょっぱい系を好むようだ。

とはいえ、あれば何でも食べている。
どうせ何を食べたかは忘れてしまうのだから、これからは甘いものにしよう。
そればかりでは嫌になるだろうから、三重県名物『田舎あられ』は買ってやろう。
これはあられなのだがとても味が薄いのだ。
良い名物が地元に会ってよかった。

そうそう、診察が終わって退室した時、お医者さんが大きい声でこう言った。

「赤福食わしといたらええ」

母は血糖値は正常なのだ。





↑ちづるはおはぎが嫌いクリックしてね。




赤福

スポンサーサイト



[ 2023/02/19 07:55 ] 身内のこと | TB(0) | CM(6)
「田舎あられ」やったら急須の中でお茶漬けになってても慌てんで済むしな(そうか?)
いやいやその箱は「御福餅」かもしれん。

…どこまで天邪鬼のコメント。
[ 2023/02/19 08:18 ] [ 編集 ]
こみさんへ
こんにちわ~~☀

「赤福餅」やったら急須の中でお湯漬けになってても「お汁粉」になって
慌てんで済むし(そうか?) パクリましたスミマセン(笑)

御福餅が発売されたとき え~~っ!!??て めちゃ混乱しました
昔のことやけど 確か中央道の どっかのSA
[ 2023/02/19 12:51 ] [ 編集 ]
赤福は宝永4年創業、御福餅本家は元文3年創業
自分で書いといてなんやけど、宝永4年と元文3年どっちが古いんか判らん。
宝永4年=西暦1707年
元文3年=西暦1738年
…なるほど。

ついでにいぢわるこみ箱で「赤福」といえばこの絵を真っ先に思いついたんやけど
http://blog-imgs-31.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-070504tsu.jpg
これは2007年の記事の挿絵で記事自体はそれやないん。
名前が記事の中に出てくるのは2005年5月のみそか寄席記事が最古やね、ただ絵がないんよ。
記事に直接名前が出て絵がリンクするんは「嘘をつくのを忘れてた四月」
http://tabekube.blog6.fc2.com/blog-entry-2623.html
カレンダー絵でした。…カレンダー。
[ 2023/02/19 19:28 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
急須はいややけどな。
知名度だけの問題かな。
他所の人に聞かれたら『お福マック』のことを教えてあげたいわ。

komamichiさん>
確かに、ソフトなお汁粉かも。
ちょっと薄そうやけどね。
発売された時を知ってるなんてすごい~
なんかもともとはいっぱいいろんな店で売ってたらしいですわ。
まさに伊勢の名物ね。

猫団子さん>
なんにしろ昔の話やねえ。
こみ箱の歴史でも、一番古い話やがな。
あ、パクリの筆ペン画。
えーとね、今日、一月の絵を描きました。
[ 2023/02/20 00:48 ] [ 編集 ]
懐かしい、モノクロの「しにせ」に「つ」の絵
阪神大震災で用務先が倒壊し、先方の人ら安否も分からん、いうことで
急遽出張から戻った夫がめ。
大阪から近鉄経由で名古屋へ
「抜け」て新幹線に乗り、
金沢文庫駅に迎えに行ったら赤福の箱、下げてました

あの箱の色には安堵とともに、「何があっても食て生き延びるわ」と、
呆れた思い出がありますー

塩気あかん、
たぶんダシのタンパク質も良えことない
どないしたらええんかとよそ様のことながら悩み持って読んで

ドクターの最後の一言に吹き出しましたー
[ 2023/02/20 21:04 ] [ 編集 ]
かめさん>
あの絵を覚えててくれたとはありがたい。
赤福はお土産の中では最重量級やと思います。
日持ちしないけど、お腹はふくれます。
塩気「抜く」のって実は大変なのよね。
だとして、雑なこと言うお医者さんです。
あと、「抜け」に「」はいらんよ。
[ 2023/02/23 16:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム