fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

悲しき安物

まったくこのチラシの量よ!
まるで新聞が電話帳みたいな重さだ。
配達の人の握力が心配だ。

新聞の折込チラシとは宣伝だ。
だから、その内容は、
「安いですよ~」
「いいモノですよ~」
「はじめますよ~」
のどれかに当てはまる。

最近は、パチンコ店の、
「出ますよ~」
各種大型店の、
「ポイントがいっぱいつきますよ~」
ってなのもある。

ひっくるめると、
「ウチの店に来るとお得ですよ~」
と言っているのだ。
そりゃそうだ、損は売り物にはならない。

ウチの近くのスーパーがチラシを出していた。
スーパーと言っても、同じ建物の中にいろんな店が入っている。
本屋、写真屋、薬屋、靴屋、おもちゃ屋、めがね屋、百円ショップ。
その全ての店が何らかの「お得ですよ~」を発表している。

その中に、マッサージやさんがあった。
マッサージ料がお得に、つまり安くなっていた。

なんとひどい話だろう。
商品を売る店はいい。
値段を下げても、お客さんが増えればトータルの利益は上がる。
しかしマッサージやさんの商品は労働力だ。
お客さんが増えれば、それだけ労働も増える。
いわば、安くこき使われることになるのだ。
多少収入が増えても、ヤケ酒に消えてしまうに違いないじゃないか。

マッサージ屋さんは割引なんかしたくないと思う。
ただ、ショッピングセンター全体が安くするイベントをするので、
参加しない訳にいかないだけなのだ。
つまり、グループの圧力で安くさせられているのだ。


昔、勤めていた会社では、残業が8時を過ぎると夜食が出た。
遅くなりそうな人は、数種類のメニューから選んで注文した。
話によると、お店と会社との契約では、一品300円までだったらしい。
古い話だが、当時でもこれはきつかったと思う。

ある日、ラーメンからチャーシューが消えた。
店としては苦肉の策だったに違いない。
しかし、こんなに悲しいことがあるだろうか。
ラーメンから、チャーシューが消えたのだ。
「悲しみはボクの丼に」だ。
元ネタはなんだ?

作るのは店、食べるのは社員、払うのは会社。
このゆがんだ三つ巴が、悲劇を生んだ。
会社は悲しまない。
300円で納まりさえすればいいのだから。
しかし、社員の心にはチャーシュー1枚分の穴がぽっかり開いてしまったのだ。


安くするというのは、こんなにもダメージの大きいことなのだ。
みなさんにも、そういう一面を考えてもらいたい

ただ、ラーメンでもマッサージでも、値段が上がるのもとても悲しい。
それはもう、台風の強さで言うなら、猛烈に悲しい。
ああ、何もかもずっとこのままでいてくれたらいいのに。





↑どうぞ気安くくりっくしてね







スポンサーサイト



[ 2007/05/03 02:05 ] 世間話 | TB(0) | CM(7)
横浜・栄区には
とある大型公共施設の一部に フェアトレードのお店があります。
途上国のひとが(しばしば、女性や子供)不当に安い工賃で働かされ 安くあげた製品が先進国で安売りされ ひいては 先進国の労働者の職場も奪ってゆく。

かめが大好きな100均で売ってるものも そんな製品が多いらしいのです(;_;)
[ 2007/05/03 16:53 ] [ 編集 ]
う~む、かめさま・・
難しい・・・。
先日、「ブラッドダイヤモンド」を観ました。ダイヤの値段も相当、あやしいそうです。観てて、「ホテルルワンダ」も思い浮かべました。
う~ん、とはいえ、
実はアタクシ、失業中。
職安へ「ハロ~!ワーク・サガシテマス」となると、国内でも、
色々、矛盾感じますです。はい。
えいえい!OH!
[ 2007/05/03 21:21 ] [ 編集 ]
かめさん>
あら~、社会問題ですね。
企業の工場が軒並み中国にできたとか聞いたことありますよ。
百均はそうかもしれません。
だって、とても百円では無理だと思えるものが並んでますもん。
全体を見ないとわからない問題がありますね。

manpukuさん>
あらあら、お仕事探し中ですか。
今はやっぱり少ないんでしょうか。
何ならダイヤモンド掘りは・・・
ちょっと怖いですよね。
わが家は幸いダイヤモンドには縁がないです。
矛盾、不公平、いっぱいあるけど、
負けずに仕事探してくださいね。
[ 2007/05/04 00:44 ] [ 編集 ]
じゃあ、こみさんの給料もずっと入社当時のままで!(笑)
[ 2007/05/04 18:08 ] [ 編集 ]
タイトルの元歌が
懐かしいのばっかりや
[ 2007/05/04 23:21 ] [ 編集 ]
マッサージはもともとボロ儲けなので(元デがかからない)もっと安くてもいいくらいなんですよ~
[ 2007/05/05 00:29 ] [ 編集 ]
八咫烏さん>
どきっ!
それでは誰かさんが許してくれません。
私はひどい目にあいます。

かめさん>
新しいのはわかりませんね~。
脳に吸収力があった頃の歌しか浮かんできませんわ~。

ハラキリさん>
ほほう、そうだったのか~。
でも、あの店のあの娘には、
もっといい目をさせてあげたい。
いや、普通のマッサージやさんですよ。
[ 2007/05/05 09:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム