fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

格闘

先週の日曜は、目覚めたときはガンガン照りだったのに、
朝食を食べるころには雨が降っていた。
おかげでずっと気になっていた畑の草取りには行けず。
天気予報というのは信用できない。

あの後、史上最速で梅雨明け宣言がなされ、
毎日灼熱乾燥干物体感の日々が続いた。
草取りどころか、水やりを考えなければならないぐらいだ。
あー、なんでもいいから畑に行きたい。


土曜は実家に行く日だ。
普段よりちょっと早めに家を出た。
母とスーパーで買い物をし、小さな寿司と母がチンしてしまった五目ごはんでお昼。
母を説得してシャワーを浴びさせ、キュウリとナスの鉢に水をやって帰宅した。

時間は3時過ぎ。
仮眠もアイスクリームもなしで着替える。
畑に行くのだ。
夕方になるとウチの畑の草ボーボー部分は隣の家の陰になるのだ。
それでもペットボトルを2本と氷嚢を持って家を出た。


笠、軍手、首タオル、長袖シャツを着て使う道具はねじり鎌一つ。
サトイモの畝の草取りだ。
むずかしいのは、サトイモ2列の間にダイコンが植えてあることだ。
草に埋もれてしまっているサトイモの苗とダイコンを避けて草を取る。
刈るのではなく、土より下の部分を掘り起こして引っこ抜くのだ。

力のいる作業だが、左手の親指は相変わらず痛い。
草をつかむ力が弱いので、右手の『掘り』を頑張らねばならない。
とりあえずセンターのダイコンより左側をやっていく。
向こう端まで行ったころには影が長くなっている。
できるところまでやろうと右側に取り掛かったら5時のサイレンが鳴った。

ありがたいことに今は一年で一番日の長い季節だ。
まだまだ夕方感はなく、暑すぎるのか蚊も出ない。
もうちょっとだけ、もうちょっとだけと進んでいって、右側も終えることができた。

サトイモの畝


明日、日曜は夏野菜の畝の草を取り、畝間の草をクワで削って苗の根元に寄せておこう。
一番奥の何も植わっていないところの草も取ろう。
この日使わなかった氷嚢も明日は必要になるだろう。

と思っていたのに、雨降っとるやないか!
ヒマワリは咲いているのに。

ヒマワリ





↑畑の写真が良くなかったのでヒマワリでごまかしたのだけどクリックしてね。




草の海
スポンサーサイト



[ 2022/07/03 07:36 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(5)
雨やね
土曜日にそれだけで来たんやからヨシとしましょ。
[ 2022/07/03 07:47 ] [ 編集 ]
おっ!
背景が緑色って珍しいね。
お疲れさまでした(*^-^)ノ
[ 2022/07/03 09:55 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
そのあと雨が止んだようだったので行きました。
どうせ雨でぬれるか汗で濡れるかの差だから。
畝と畝間の草取りができましたわ。
化成肥料も撒いてきたから雨降ってほしいわー

トチイチロウさん>
でしょー
楽しました。
でも今のペイントは色を選びにくいのよね~
[ 2022/07/03 21:52 ] [ 編集 ]
こみさん
向日葵の写真がいいね
向日葵畑で姫を摑まえてね
[ 2022/07/04 06:01 ] [ 編集 ]
りら姫さん>
ヒマワリは写真映えしますね~
ウチの庭の広さでは追いかけっこできないけど。
[ 2022/07/06 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム