fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

豪華二本立て

9時半、の予定をちょっと過ぎて家を出た。
ホームセンターに寄って紙パンツと神棚さんの榊を買う。
スーパーに行ったら、いつにも増しての大混雑だ。
ちづるによると、土曜はポイント5倍だから混むのだそうだ。

そんなわけで実家に着いたのは11時だった。
この日は母をパーマ屋さんに連れていく予定だ。
母の散髪が終わってちょうどお昼って感じだ。

「そしたらパーマ屋さん行こか」

「膝痛いから行かへん」

これで遅れた分が取り戻せた。


母と話をしながら、血圧を測ったり、風呂掃除をしたり、戸棚を片付けたり、
吸い物を作ったりしていたら11時半。
ちょっと早めのお昼にする。
昼食はスーパーで買ってきたいつもの寿司だ。

ごちそうさまをしたのがちょうど正午。
ここから20分のくつろぎタイム。
そして10分の説得タイムを経て、母に風呂に入ってもらう。
その間に引き出しを二つほど片付ける。

探していた母のマイナンバーの書類が出てきた。
他に現金が1万円、図書券と町内会がくれる商品券。
戸棚から出てきた大昔のお好み焼き粉や乾麺、かつお節などは持ち帰って処分だ。
薬屋さんから買ったのレトルトカレーはまだイケそうだ。

母が風呂から出てきた。
服を着て落ち着いたのが1時半。
昼から畑を耕すという理由で、普段より早く実家を出た。


帰宅して着替えて畑に行く。
草の海に車を突っ込んで停車。
まずはサトイモの畝の間に、先日見つけた夏ダイコンの残り種を蒔く。
それが終わったら、あとはひたすら耕すのみだ。

5時のサイレンが聞こえてきた。
スナックエンドウを少しだけ収穫して帰宅。
盛りだくさんだが、面白みのない一日だった。
ただ一つだけスパイスが。

ちづるがびっくりしたような声を上げた。

「このレトルトカレー、賞味期限がまさに今日!」





↑今日はキュウリの種を蒔こうクリックしてね。





温め
スポンサーサイト



[ 2022/04/24 06:57 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(8)
思わず「オメデトー」と呟いた
ネタにもなって万々歳やね。

以前はターバンの巻き線があったの。
線は抜けたけど真ん中の飾り?は健在やね。
参考画像
http://blog-imgs-31.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-080228kare-.jpg
http://blog-imgs-30.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-101202kare-.jpg
[ 2022/04/24 07:26 ] [ 編集 ]
おはようございまーす
散髪できてよかったね(^^)

こんなん見つけました。

https://ameblo.jp/pekoyuuko/entry-12739121220.html

Mえちゃんたちに教えたら
[ 2022/04/24 09:50 ] [ 編集 ]
ではご期待にお応えして
「インド人もビ~ックリ」w
[ 2022/04/25 00:32 ] [ 編集 ]
調べてみたら
インドでターバンを巻いているのは結婚式の新郎と、人口の2パーセントのシク教徒くらいしかいないそうですが、シク教徒がターバンを巻いているのは、戒律で「髪を切ってはならない」というのを守らなくてはならず、髪をまとめなければ生活ができないからだそうで、つまりあの布の中身は超が付くほどのロン毛だそうで……。
[ 2022/04/25 01:53 ] [ 編集 ]
ポール・プリッツさんへ
じゃあ、ラプンツェルみたいなおっさんがたくさんいるんだね😅
なんかやだw
[ 2022/04/25 08:42 ] [ 編集 ]
ラプンツェルみたいなおっさん
ウチもなんかやだけど
伊勢に一人、羨ましがってるおっさんが居そうやね
[ 2022/04/25 20:32 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
そうか~、ホータイみたいにせないかんだんや。
飾りがないとおしり探偵みたいやったから。
トケ井の色やし。

トチイチロウさん>
いえいえ、散髪は母がひざ痛で拒否されて。
ちなみにМえはちょっと太った方がいいぐらいなんです。

ポール・ブリッツさん>
きちんとまとめてもらってありがとうございます。
なんとターバンにはそんな秘密があったのね。
髪をまとめなければ生活できない……
ワシはシクシク教。
[ 2022/04/25 21:49 ] [ 編集 ]
トチイチロウさん>
ラプンツェル!
ヨンホンでもなれるかしら!

かめさん>
長いのと本数は別問題やと思うけどね。
[ 2022/04/25 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム