fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

何度目かの冷や汗

仕事の後、コンビニで買い物をして実家に行った。

実家は坂を下ったところにある。
家の前まで行くと、雨戸はまだ閉めてなくて、部屋の明かりは消えていた。
車はバックでその窓の前に停める。

郵便受けには新聞と回覧板と、宅配の不在票が入っていた。
玄関も明かりが点いてなくて鍵がかかったままだ。
鍵のかかっていないお勝手口から入ることにした。

中に入ると今の豆球しか点いていない。
スリッパの位置から母が寝室にいることが分かった。
寝室の戸を開けると、すぐ右手がベッドだ。
母が頭まで毛布をかぶっている。
「おい」と声をかけて揺さぶってみた。

「はい」と言って母が顔を出した。

母の説明によると、こたつでテレビを見ていたらウトウトしてきて、
眠くてたまらんので転んだら困ると思って寝床に入ったのだそうだ。
自主的にそういう行動をとるというのは正しい。
気分が悪いことも、熱も頭痛もないというので一安心だ。
夕食を食べることにした。


買ってきたものを見せて、母にお金をもらう。
母は借りができるのが嫌いなので絶対にお金を払う。
それを忘れて何度も払おうとするので、私は「もうもらった」と断る。
これを毎回7~8回は繰り返す。

炊飯器の保温が切ってあったので、ごはんを電子レンジで温めた。
おかずは買ってきたポテトサラダとシャウエッセンのウインナーだ。
他のおかずは次に私が来るまでの母用においておく。

翌日がゴミの日なので出すごみをまとめて、デイサービスの用意をする。
表の部屋の雨戸が開いていたことを言うと「閉めといて」と言われた。
どうして訊ねたかというと、母は私が買える時にその窓を開けて見送ってくれるからだ。
玄関から帰るときは、私が出たら鍵をかけてもらい、私は車へ。
母は表の部屋に入り、窓を開けて「あ、まだおった」と言うのがルーティンだ。

しかしこの日はお勝手口から入った。
「膝が痛いのだからもう表に行かなくていいからな」と言うと「わかった」という返事。
お休みを言って外に出た。
ゴミをポリバケツに入れて出していると、玄関に母の気配がする。
お隣に回覧板を回して車に乗ると、私がわざわざ閉めた窓の雨戸を開けた。

「今日はいいとこに停められたねえ」

ここしかないのだが。
そして見送られて私は帰る。






↑翌日はデイサービスに行ったらしいのでクリックしてね。




また逢う日まで
スポンサーサイト



[ 2022/04/06 06:56 ] 身内のこと | TB(0) | CM(9)
ドキドキした
安心したから揚足鶏を買おうっと。
「母は私が買える時にその窓を開けて見送ってくれる」
[ 2022/04/06 07:17 ] [ 編集 ]
ドキドキした2
安心したから揚足鷄は今にある。
「中に入ると今の豆球しか点いていない」
[ 2022/04/06 14:20 ] [ 編集 ]
ドキドキした3(最近のコメント欄に表示されてる投稿者名見て)
ああ~、居間の誤変換やと今気が付いた。
マルボ隊員に書かれてめっちゃくやしい。(読んでた時は『今現在豆電球しかついてない』と勝手に補足して読んでた)

朝一で投降した直ぐ後に「安心したから帰る途中で揚足鶏を買おうっと」って書けばよかった~書くときそこまで思いつかなんだ~って勝手に悔しがってたのになぁ。

だからね、マルボ隊員も
「安心したから揚足鶏は今居間にある。」って書いてほしかったわ(謎の上から目線)
[ 2022/04/06 18:19 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
ぎゃー

偽猫団子隊員さん>
ぎゃー2
[ 2022/04/08 18:12 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
なんか猫だらけになってたもんね。
で、悔しいものなのね。
なんか自動校正機能が付いてるみたいだなあ。
『構成』も『昨日』も確認しました。
[ 2022/04/08 18:16 ] [ 編集 ]
コメント読み返して思たこと
結構、毛が抜け
コメ猫だらけ。
[ 2022/04/20 20:02 ] [ 編集 ]
上手い!
「毛だらけ」って書いたげへんの、……だいすき。
[ 2022/04/20 20:34 ] [ 編集 ]
司書猫団子はん、おおきに
ちょいちょい出てくる揚足鶏の文字に誘われて、ついカーネルサンダースさんとこ行ってまうんですわ
[ 2022/04/20 21:54 ] [ 編集 ]
お二人
かめさん>
急に思いついたんですな。

猫団子さん>
ななな、なんやそれ。

かめさん>
いーなー、近くにあって。
[ 2022/04/20 22:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム