fc2ブログ

機能的問題点を理解すべき

ここでは、機能的問題点を理解すべき に関する情報を紹介しています。
N岡が家庭の事情で二日ほど休んだ。
店長が朝礼で言う。

「私は来年の3月には退職するのだから、誰かが休んだ時はバックアップする人が必要だ」

それを、今のメンバー内で話し合って決めておけというのだ。

今、出勤体制は、8時半から5時半の人と9時から6時の人に分かれている。
N岡は特別に、8時半から6時だ。
今の状態のまま、店長とN岡がいなくなると、5時半以降女子一人の時ができてしまう。

となると悪魔の白羽の矢が立てられるのは私だ。
以前、店長と奥さんが6時までいた時、二人に用事があると私が6時までいたことがある。
この時はタイムカードは普通に打って、時間まで職場で筋トレをしていた。
しかし、今度はそういうことではない。
私に、レジや電話を取らせようというのだ。


実は夕方だけではなく、平時にもそうさせようという話はあった。
店が忙しい時のためにレジを覚えろと言われたことがある。
無理だ。
お金のやり取りだけならともかく、ペイペイだのカードだのポイントだの会員だの、
イオンでクレジット払いでおろおろしている奴が覚えられるはずがない。

電話だってそうだ。
ずっと昔いた会社で、定年後に再就職したおっさんが、
電話の対応でクレームの嵐を受けているのを見た。
今の私にはわかる。
おっさんに電話は無理なのだ。

まず、聞こえない。
普通でも聞こえにくいのに、あちらがマスクをして話している可能性もある。
ましてや隣の席で別の電話の受け答えなんかされたら、こちらの会話は不可能だ。
普段の電話でも、必要な電話は静かなところに移動して出るようにしている。
必要でないと思ったら知り合いの電話でも出ない。

そして言葉が出てこない。
会話の途中に「あの~え~とほれ」が多用される。
先日など『はさみ』が出てこなかったので、手でチョキチョキやって見せたことがあるぐらいだ。
これでお客さんと会話なんかできるはずがない。

お得意さんの名前だって出てこないのだ。
伝票を見て、商品を用意して、店に届けるときにはもう忘れている。
特に最近多いカタカナやアルファベットの店名、会社名は全く入ってこない。
お客さんの名前を忘れてしまうなんて失礼ではないか。

実は、こないだからこちらに来たSちゃんの苗字も思い出せていない。
産休中のお肌ツル子ちゃんの苗字も忘れてしまった。
なんと、休業中のいつもの居酒屋の常連さんでも名前の出てこない人がいる。
こんな脳なのだ。

だから、N岡は休むな。






↑決まってたはずのオチも忘れちゃったのでクリックしてね。





二個
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
人がいない時間はお店を閉めて…ってそうはいかんよな
さぁ、今から特訓しよう。
2021/09/17(金) 07:07 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
あらら
退職して、お百姓さんになったら?
過疎化で開いてるがあるかもしれないから、開いてる畑引き継げるかもよ(  ̄▽ ̄)
たそがれ清兵衛の映画の中で清兵衛が「世の中が変わったら侍やめて百姓になる」って言ってたよ
2021/09/17(金) 09:08 | URL | トチイチロウ #joykwWQw[ 編集]
カミの国伊勢のカミ屋さんの
カミ(上)の人らの都合でカミ出し、カミブロック作りに加えて電話取ったりレジ打ったりせえ、と…

こみさん、賢いし楽しいからすぐ仕事覚えてお客さんの人気者にならはるやろけど

お客様各位
お支払いはカミのお金でお願いしますー
2021/09/17(金) 13:53 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
ちょっと今、閉めすぎてるからなあ。
いろいろあって週休二日制になってるのよ。
特訓してできるようになったら、びっくりするぐらいこき使われるんですよ。

トチイチロウさん>
実は今の畑の隣も開いてて「どう?」なんて言われてるんですよ。
野菜作りを商売にするのは嫌だなあ。
居酒屋に持ってって生ビールをサービスしてもらう程度がちょうどいいです。

かめさん>
できるようにはなりませんよー
それができるぐらいなら、ここに動画上げてますがな。
お金は紙に限るよね~
なんてこと言ってたら、新渡戸稲造の5千円札が回ってきましたぞ。
2021/09/19(日) 21:09 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/5754-09c88e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック