fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

猫の手があれば

ちづるは用があって遅くなるというので、私が会社帰りにスーパーで買い物をしてきた。
家に着いた時には雨はザンザカ降り。
助手席には荷物がいっぱいだ。

ちづるが先に帰宅したときには、私は堂々とその前に車を停める。
しかし今日はちづるが後になるし、翌日私は休みでちづるは出勤だ。
私は玄関前に車を停めることになる。
ここは斜面なので車が傾き、しかも重力に逆らって傾きの上に向かって降りなければならない。

ここは一度で終わらせたい。
何往復もして濡れるのはごめんだ。
効率的に荷物を持って素早く玄関のポーチ下に入りたい。


まず、小物の入ったミニバッグを斜に掛ける。
これが一番重要だ。
というのも、これの外ポケットに玄関の鍵が入っているからだ。
鍵が取り出しにくいと玄関でおろおろすることになる。

続いて通勤用のショルダーバッグを右肩に掛ける。
会社で使うタオルや手帳、本なんかが入っている。
薄いタイプで2室に分かれているので、普段はミニバッグもその1室に入れている。

次に買ってきたものの入っているエコバッグを持つ。
これも本来なら肩に掛けられるのだが、私の右肩はすでに満員だ。
かといって左右の肩に荷物を下げられるほどのいかり肩ではない。
だから左手で持つしかない。

最後に厄介なのが残っている。
昼食やささみやゆで卵を持っていくための小型のクーラーボックスだ。
材質がハードだし、取っ手が中心についているから他のものと同時に片手で持つのは難しい。
それでも雨の中の往復よりはましだと思い、無理やり持った。
左手の親指と人差し指はエコバッグ、残りの3本指がクーラーボックスの担当だ。

いざ雨の中に飛び出さんとおしりをドア側に寄せる。
痙攣しそうになっている左手の握力と腕力を総動員して荷物を持ち上げ、
助手席と運転席の間にあるひじ掛けを乗り越えさせた。
ドアを開ける前に、忘れ物がないか最後の確認だ。

なんかある。
靴下だ。
そうだ、車に乗り込んだ時脱いだやつをポイと置いたのだ。

エコバッグに放り込みたいところだが、食品と一緒にするのは嫌だ。
もちろんクーラーボックスにも入れたくない。
左手の指の間に挟むことは不可能ではないだろうが、圧力で汁がじゅんじゅん滲み出てきそうだ。
ミニバッグには入らないし右手は玄関の鍵を空けなければならない。
となるとショルダーバッグに入れるしかないのだ。

かといって美しくセッティングされた左手をほどきたくはない。
でもそのままでは右手は届かない。
ええい、仕方がない、再び握力と腕力を使って荷物を助手席側に下ろし、
右手を伸ばして忌まわしい靴下をつまんでショルダーバッグのタオルに包むように入れた。

それだけの話。





↑ちづるが悪いと思いますクリックしてね。





手荷物無し
スポンサーサイト



[ 2021/08/21 07:00 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(4)
ワタシの手を貸してあげましょうか?
水たまりに荷物をぶちまけちゃった…ということにならないかとハラハラして読んでました。
大惨事にならなくて良かったわ。
猫の手をご所望でいたらいつでも貸す用意は出来てますけど脱いだ靴下を拾うのはご遠慮したいなぁ。

手と毛と言えばこの絵が一番に浮かんでくる。
http://blog-imgs-31.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-temokemo.jpg
[ 2021/08/21 07:32 ] [ 編集 ]
こみ箱では毛ぇと手ぇはワンセット
苦労して持ち上げて靴下ひとつ残すとは…
クリックしたら、ちづる様のせいになってました
[ 2021/08/21 08:38 ] [ 編集 ]
濡れた靴下はつまみたあない
猫団子はん、割り箸の古いのんでつまんだげたらええと思います
うっとこ、子がめ2の部屋、やむなく片付けにはいる時は、ビニール手袋して、海岸の清掃ボランティアで使こてた金属のハサミでパンツとか持ち上げますー
[ 2021/08/22 21:28 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
そんな失敗はしませんよ~
ほっとこうかと思ったけど、車に残しておくのが嫌で無理をしました。
猫の手は選り好みが激しいなあ。
これは古い絵ですな…そして、長い。

かめさん>
ちづるのせいです。
濡れた、と言ってもせいぜい今年のお盆の湿度ぐらいの湿気ですよ。
ううむ、道具でつままれるのは不本意だなあ。
室内なら足の指でつまむんだけど。
[ 2021/08/22 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム