fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

女子のプライド

ある日の昼休み、私が食事を終えてミステリーのいいとこを読もうとしていると、
「ちょっと聞いてよ」とМえから電話がかかってきた。
前日、居酒屋のバイト中に腹の立つことがあったらしい。

いつもの居酒屋の常連スキンヘッド1号と坊主頭F、そしてオーナーが同じ誕生日だ。
なので毎年8月半ばには誕生会と称してバイトの女の子たちを連れて飲みに行く。
Мえもオーナーに、
「その日は空けといてくれよ」
と言われていたのだそうだ。

ところが、Мえが出勤していた火曜日、1号とFが何かこそこそ話をしている。
どうやらその飲み会の店だとか時間だとかの相談だ。
そこでМえが「私も時間聞いてない」というと、1号がいぶかしげな顔をして、

「お前も行くんか」

と言われたのだそうだ。
誕生日の3人と仲良しの社長、そしてバイトのKちゃんとR子ちゃんで予約を取ってあると。
幹事の1号とオーナーとの間で意思の疎通が行われていなかったらしい。
オーナーはいつも通りМえと、出産でバイトをやめたAりも呼ぶのだと思っていたのだ。

予約をし直さなければならないと1号に言われたМえは不愉快に違いない。
「日を空けておけ」と言われていてこの扱いはどうだ。
さらにここに1号が追い打ちをかける。

「お前は飲まないから、KちゃんとR子ちゃんを迎えに行ってくれ」

Мえは事の顛末をAりにも伝え、二人ともブチ切れて不参加にするそうだ。
いつもみんなでワイワイやっていたのに、どうしてこうなってしまったのだろう。

Мえによると、1号は最近KちゃんR子ちゃんとよく出かけているそうだ。
特に二十歳になったばかりのR子ちゃんがお気に入りでちやほやしている。
近くにできた中華料理店も、常連が経営しているハンバーグ店もこの二人を誘った。
Мえは「誘ってほしいわけではないけど何でコソコソする必要があるんや」とお怒りだ。

で、仕返し飲み会が予定された。
Мえ、Aり、Мえの妹、そしてワシ。
ここに1号がいて『神5』などと言っていたのだが、今回1号はハブかれる。
むしろ、1号の悪口を言う会になるであろう。


で、そのように荒れていた火曜日、
私はR子ちゃんとジムに行っていてすいません。






↑Мえに彼氏ができたからだと思うんだけどクリックしてね。




さみしい
スポンサーサイト



[ 2021/08/07 06:56 ] 居酒屋で | TB(0) | CM(5)
そら、1号があかんわ
>「誘ってほしいわけではないけど何でコソコソする必要があるんや」とお怒りだ。

Mえのいう通りやわ
ほいで、なぜか、こみさんが一席設けることに…
[ 2021/08/07 12:34 ] [ 編集 ]
今は何を読んでらっしゃるんですか? 新本格?
[ 2021/08/07 19:33 ] [ 編集 ]
かめさん>
そうなのよー、
で、行ってきてから堂々としゃべるからいやみに聞こえるでしょ。
なんかおっさん側も女子側も飲み回数を競っている感じだなあ。
出費がかさむなあ。

ポール・ブリッツさん>
ふふふ、
『殺人小説家』を堪能させていただきましたぞ。
ちゃんと反応してくれるからうれしいなあ。
[ 2021/08/08 08:33 ] [ 編集 ]
おお、ハンドラー。

ハンドラーは初期の作品のほうが段違いで面白いので、古本屋で見かけたら、ちょっと手に取ってみてくださいね。「フィッツジェラルドを目指した男」とか最高ですぜ。
[ 2021/08/09 05:57 ] [ 編集 ]
ポール・ブリッツさん>
ほほう、段違いとまで言われたら確認してみなくてはならないなあ。
読むものたくさんあるのになあ。
[ 2021/08/10 22:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム