FC2ブログ

花毛と呼ぶ季節

ここでは、花毛と呼ぶ季節 に関する情報を紹介しています。
お出かけの日の朝のことだ。
私が仮眠を摂っていると、ちづるが突然、

「眉毛切ったろ」

と言い出した。
そう、元々眉毛は剛毛な私だが、最近は毛根が暴走して耕作放棄地みたいになることがある。
なにやら謎の形状をしたはさみで切ってくれるのだが、
そのたびに「じょきり」と出雲大社のしめ縄でも切っているような音がする。
切り落とされた毛の長さと太さには「なぜ眉が」と世の不条理を感じるばかりだ。


お出かけしてから気付くものだが、爪を切ればよかったと後悔した。
帰宅してすぐ切ればいいのだろうが、それはきっと忘れるはずだ。
そして夜になれば、爪を切るのはご法度になる。
翌日、幸いにも会社で思い出したので、仕事の合間に切ることができた。

その時に思い出した。
鼻毛も切りたかったのだ。
朝、髭を剃るときに、出っ張った分だけはシェーバーでカットしているのだが、
最近白髪が混じってきたので奥の方でも結構目立つ。
きれいに切りたい。


身だしなみを整えるときのために会社には鼻毛カッターが置いてある。
一つは普通のハサミ型、もう一つは先端が輪になっているタイプだ。
輪鼻毛切りは一撃でそれなりの深さまで突入できる発明品だ。

常備

しかし、私はもう一つの発明品を購入したことを思い出した。
先日、ホームセンターの棚の端っこにぶら下げてあったのを発見したのだ。
5本入りで、たしか98円か198円だったと思う。
その原始的で効率的な理論が気に入って衝動買いしたのだ。

最新

鼻に突っ込んでぐるりと一周、なんと簡単なシステムだろう。
しかし使うには迷いがあった。
一本当たりの単価は安いものだが、左右の鼻に一本ずつ使うのはさすがにもったいない。
とはいえ、片鼻でぐるりとやったものを反対鼻に入れるのは抵抗がある。

いつもの居酒屋でMえが私に失礼なことを言った時などは、
「ワシの鼻毛をおまえの鼻に植え替えたるぞ!」
と脅しに使ったものだ。
それを自分の鼻の左右でしようとしているような気になる。

ともかく一度やってみた。
おお、少し引っ張られる感じはあるが、確実に刈り取られている。
出して、見る。
うおお、すごい性能だ。
その面白さに釣られて、紙で拭いて反対鼻でもやってみた。

「大漁」という言葉を思い出しながら、満足して廃棄した。
それから思い出したのだ。
耳毛も切っておけばよかったと。






↑花粉のひどい時期になんてことしてしまったんやろクリックしてね。




変な人
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
一ヶ所話題になってない部分が
もさーっとしてこないの?
2021/03/05(金) 07:05 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
海平おじさんかと思った(笑)
2021/03/05(金) 12:28 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
猫団子さん>
背中だったらもさーっとしてきましたよ。

ポール・ブリッツさん>
そっちかー
2021/03/05(金) 22:03 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/5558-5b0d2805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック