FC2ブログ

なかったパターン

ここでは、なかったパターン に関する情報を紹介しています。
土曜日が出勤だったので日曜に実家に行った。
11時前に到着したら、スーパーで買い物をしてちょうどおひるごはんの時間になる。
しかし家で二度寝をしてしまったばっかりに11時を少し過ぎてしまった。
母はのんびりコタツに座っていた。

「買い物に行くぞー」」と声をかけると、
「なにがいるんやったかいな?」と動き始めた。
財布とマスクさえあればいい。
マスクはカバンに、財布はいつもの引き出しに入っているから私が用意しよう。
だから、トイレに行ってエプロンを脱いでお出かけ用の上着を着ればいい。

なのに母は黒い財布を出してきた。
それは違う。
いつも買い物にもっていってる黄色い財布がいるのだ。
その黒いのは、黄色い財布の中身が減った時に足すための隠しお金入れだ。

おかしい、おろしてきた万札しか入れないはずの黒い財布に小銭が入っている。
千円札が数枚、それに紙入れのところに五百円玉が二つ入っている。
こちらの財布で買い物をしたようだ。
しかも、五百円玉が二つということは、買い物は二回だ。
冷蔵庫を確認する。

やはり、いつもの干物を持ってくる魚屋さんとヤクルトさんが来たらしい。
だったらなぜ、千円札も小銭も入っている黄色い財布から支払わなかったのか。
いつもの引き出しにはない。
鞄の中にもない。
昔家計簿をつけていた時に使っていた引き出しを見てみたがない。

これは困ったぞ。
母に聞いても「ほかのところには持ってかへんよ~」としか言わない。
そうは言うけど、以前鞄をめったに使わない押し入れに入れていたではないか。
古い預金通帳は永遠に行方不明になったではないか。
今もコタツの中から孫の手が出てきたではないか。

別のタンス、食器棚、仏壇、寝床、鏡台、冷蔵庫、下駄箱まで探す。
ない。
「何を探しとるんやったっけ~」と母。
「財布」というと「そこにあるやないか」と黒い財布を指さす。
「黄色い財布」というと「そんなの知らんな」

ゴミ箱を探す。
収集に出すため縛ってあるゴミ袋もほどいて中を見てみる。
風呂を探し、洗濯機を確認し、トイレットペーパーの後ろを見てみる。
あっ、向こうの部屋で何かを持っている母がちらっと見えた。

「あったんか!」

「あった」

「どこにあった!」

「洋服ダンスの引き出し」

ああ~つまらん!
そりゃ、私にとっては「なんでそんな突拍子もないところに?」って場所なのだが、
文章にしたら、読んだ人は「なんでそこを見てなかったの?」としか思わないではないか。
もう!





↑スーパーのカードにチャージしてあるのがもったいないからクリックしてね。





困った
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
あっ、そっちのパターン
先ず「よかった~。」が来て、次に(すんなり解決できたからこその)「これは良いネタを拾った話。」やと読んでたわ。
「さっき確かめたし、あんなに入念に探したときはなかったのに何でそこから?」ってのはよくある話やからだれも「なんでそこを見てなかったの?」と責めないと思うよ。

新しいPCでの成功話(苦労話含めて)期待してるわ。
2021/02/22(月) 07:01 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/5547-fa132c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック