fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

リアル走馬燈

今朝はもう時間が無いのだが、少し過去記事を読んでみる。
最近物忘れが激しくて「あのネタ書いたっけ?」ということが多いのだ。

ハトのネットの事は……ああ、張ることになったとこまでだ。
こないだ社長と仲良しの電気屋さんが来て、ひさし全体にネットを張っていってくれた。
これで二度とハト害に悩まされることはないだろう。
どうせなら私が以前ハト除けのつもりでひっかけたガムテープの芯を取ってくれたらよかったのに。

母に芋天を買って行った話は……書いたばかりではないか。
でも思ってたのと違う。
だからもう一回書こう。


母に芋天を買って行った。
サツマイモ好きの母は大喜びだ。
夕食にそれを食べながら、昔話に花が咲く。

母の実家は農家だったので、ともかく大量のサツマイモを作っていたのだそうだ。
収穫したサツマイモは恐ろしいほど深い芋蔵に貯蔵する。
その芋を買いに来た人に、お父さん、つまり私にとってのおじいさんが、
大きなかご一杯を30円ぐらいで売ってしまうのだそうだ。
この話は2千万回は聞いた。

母の実家は農家だったので、サトイモも大量に作っていたそうだ。
私が作ったサトイモを持っていってやるとその話になる。
収穫したサトイモは、畑の隅っこに大きな穴掘ってそこに貯蔵する。
その芋を買いに来た人に、以下同文。
これを一回の夕食の間に7回ぐらいは繰り返す。

お姉さんと畑の草取りに行くと、お茶の木の下に植えてあるキュウリが採りごろで、
影に生えているやつはよく冷えていておいしい。
それがとても楽しみだった。
この話は4千万回は聞いた。

学校に行くときは、近所のみっちゃんを迎えに行くのだが、
このみっちゃんが寝坊助で、いつも自分が行くまで起きない。
それから用意をするまで待たされた。
という話も6千万回聞いた。

さすがに同じ話を繰り返していると、たまにかすかに記憶に残ることがあるらしい。
話の冒頭に「言うたことがあるかもしれんけど」と前置きすることがある。
あとから「昔は物覚えがよかったのに、今は何でもすぐに忘れてしまう」と嘆く。
なので私は慰める。

「年取ったらみんなそうや。
 わしも会社で脚立に上ってから『何するんやったかいな』ってことがしょっちゅうや」

このエピソードを話すと母は大爆笑だ。
この話、5千万回はしているのだが。






↑ネタはリサイクルするものよクリックしてね。




一本
スポンサーサイト



[ 2021/01/29 07:00 ] 身内のこと | TB(0) | CM(3)
踏んづけてるのは無かったな
全部「あるあるあるある」

でね、その中でちょっとした変化があると「おっ♪」と思うのよ。
[ 2021/01/29 07:10 ] [ 編集 ]
あははははは
あんまり、おかしいからコメントする気になったですギャハハハ
私も同じ話をするけど、たまにね、私の姉はさらにそれをうわまわる勢いで何度も繰り返すよ。
どっかで読んだけど、それ聞いたと言ってはいけないんだって、理由は忘れました (^-^;
[ 2021/01/29 07:50 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
記憶ネタの時は、アレをどこに置くかだけ考えるんです。
そうそう、変化があると「おっ♪」ってなりますね~
あと、適当にあしらってて論理的に返されるとビビります。

トチイチロウさん>
両方が同じ話を繰り返してたら、前に進みませんね~
それも忘れるんかーい!
[ 2021/01/29 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム