FC2ブログ

筑前煮

ここでは、筑前煮 に関する情報を紹介しています。
私が実家に到着した時、母はカニカマと味噌汁で既に夕食を食べ始めていた。
食事している横でバタバタするのは申し訳ないが、冷蔵庫と電子レンジを確認する。
電子レンジにはごはんと干物とコロッケと筑前煮が入っていた。
食べようと思って温めて、忘れていたのだろう。

全部出して、食卓にずらりと並べてやった。
母はびっくりしていたが、喜んでコロッケを選んだ。
私は干物とカニカマでごはんを食べるしかない。
筑前煮は明日のおかずに残しておいてやろう。

この筑前煮は私がコンビニで買ってきたものだ。
『器に移して温めること』と大きく書いたメモを付けておいたので、小ぶりの丼に入れてある。
本当はビニールのまま温められるやつなのだが、
以前、そうではないカボチャの煮物を袋のまま温めていたので、全部出してチンすることにした。


母がたくわんを2切れ食べて、お茶を飲み、夕食は終わった。
これが母のルーティンだ。
なのに、それから筑前煮に箸を伸ばしたではないか。
つまみあげたのは鶏肉だ。
なにやらしげしげと観察している。

「これはなんやろ」

「鶏肉や」

「鶏肉?」

いろんな角度から嘗め回すように見ているが、口にしようとはしない。
私の言うことが信じられないのだろうか。
「食べてみ」と勧めると、遠慮がちに少しだけかじって、その断面を見た。

「中が赤い」

母は肉でも魚でも玉子でも、少しでも生っぽいところがあったらダメだ。
だから干物があんなに黒焦げなのだ。

「それは、味が浸みてるから」

母は納得したのか、やっと残りを口に入れた。

「ホントや、よう浸みとる」

「おいしいやろ」というとうなずいて、ごっくんした。

また箸を伸ばし、一つつまんだ。

「これなんやろ」

「ゴボウや」

「うわっ、どうしよ」

母はおろおろとうろたえて、ゴボウを器に戻した。
子供の頃、ごぼうをあまりにも食べさせられて、キライになったのだそうだ。
だが、のり巻きに入っているゴボウは食べるし、キンピラゴボウは得意料理だ。

「ニンジンにしよ」

ニンジンは色でわかるらしい。

「やわらかい」

気に入ったようだ。

「ごちそうさま」

やっと終わった。







↑たぶん最終的にはゴボウも食べると思うのでクリックしてね。



旅立ち
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを書き込む前にランキングボタンに添えられた一言を読もうと5回更新してみたけど未だ現れないので先にコメント書き込もう
今日の話題でこの絵が出てくるとは思わなんだ。

レンジ開けたとたんに現れたごはん一式が今日入れられたものかどうか心配になったんだけど、そこはだいじょうぶやったんね。
2020/10/24(土) 07:09 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
あっ、やっぱりもう少し待ったら良かったんか
ごぼうの形状に難があるんかな?
それよりお母様のごぼうに対するし好をそこの時初めて知ったん?
2020/10/24(土) 07:14 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
イラストのフレーズ
いってくるぜ
チクゼンに
筑前煮と福岡の筑前町をかけたのね・・・凄い知識人だね
2020/10/24(土) 14:52 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
早いな~、休みだったのでちょっとのんびりしてしまいました。
この絵、だって筑前煮なんて描けないもの。
いえ、コロッケは私が水曜に買ってったもの。
干物は前日に母が焼いたものでした。
ゴボウ、そんなに嫌いじゃなかったはずなんだけどなあ。

りらさん>
ホントは振り分け荷物の旅人にしたかったんだけど、
うまく描けなかったらからあっさりあきらめました。
知識…というほどのモノではないですよ。
2020/10/25(日) 21:31 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/5425-ec448772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック