FC2ブログ

ハエとサメ

ここでは、ハエとサメ に関する情報を紹介しています。
ジョルジュ・ランジュランの短編小説『蠅』を読んだ。
副題は『ザ・フライ』
1986年に公開されたデヴィッド・クローネンバーグ監督のホラー映画だ。
ただ、私の世代なら、映画は『ハエ男の恐怖』のイメージの方が強いだろう。
はい、『蠅』も『ザ・フライ』も『ハエ男の恐怖』も知りたくない人は読むのをやめましょう。

調べてみたら『ハエ男の恐怖』は1956年の映画らしい。
もちろん私は生まれていないが、日本で劇場公開はされなかったらしい。
ただ、昔は映画はテレビで何度も再放送されていた。
私も何度も観て、若い脳に刷り込まれていったのだろう。

内容は、物質移動装置で人体実験したらハエが入ってて混ざっちゃうという話だ。
今回『蠅』を読んで思ったのは『ハエ男の恐怖』は原作にかなり忠実だということだ。
古い記憶なので自信はないが、そうそうたしかこんな感じ、って感じだった。
一つだけ予想外だったのは、猫もちょっと混じっちゃうことだ。
なんか変なこと言ってるみたいだけど、原作はそうなのだ。

『ザ・フライ』は私は観ていない。
30年の時を経てリメイクされた映像は素晴らしいに違いない。
なにしろ『ハエ男の恐怖』のメカは、バンデル星人のUFOレベルなのだ。
子供心にも「なんたる子供だまし」と思ったぐらいだ。

が、『ザ・フライ』はストーリーに大きな違いがある。
『ハエ男の恐怖』では、物質転移したらハエ男になってるのだが、
『ザ・フライ』では転移後、徐々にハエ男になっていくのだ。
これはもう、最新映像技術でグチョグチョしたハエ変化をやりたくて仕方ないのだろう。

あと、『蠅』と『ハエ男の恐怖』では重要なハエの方、
つまり物質移動装置に紛れ込んだハエの存在が『ザ・フライ』ではあまり触れられていない。
ような気がする。
このようなあいまいな発言になるのは、私が『ザ・フライ』を観ていないからだ
観てない私が言うのは何だけど、この小さなハエの存在が怖いのだ。


テレビでやっていたサメパニック映画『MEG』というのを観た。
サメといえば『ジョーズ』だが、『MEG』のサメはケタ外れに大きい。
なんでも恐竜時代に本当にいた巨大ザメだということなのだが、
調べたらバス2台分の長さがあるらしい。

これだけ大きいと、人なんて丸飲みだ。
これが怖くない。
なぜなら人がサメを恐れるのは噛むからだ。
噛まずに飲まれるのなら、私はサメよりイソギンチャクに飲まれる方が怖い。


ハエ映画もサメ映画も、最初にヒットしたのが一番面白いのだと思う。
それ以降は素材だけ使って「もっとすごく」に走ってしまいがちだ。
「すごい」は案外「こわくない」のだ。






↑移動先でもクリックしてね。




恐怖
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
バンデル星人?知らんなぁ
そのUFOって?ググる。ほぉ~ん、独特やわ。
ふーん、「キャプテンウルトラ」に出てくるんか。
って「キャプテンウルトラ」を知らんわ。いつのやろ?
えっ、「ウルトラマン」の後?
「ウルトラマン」のあとってすぐ「ウルトラセブン」やなかったんか?ほ~ん。

「蠅」って知ってる、けど、ワタシが見たのはどのバージョンなんやろ?判らんなぁ。

サメに飲み込まれるんは知らんけど、クジラに飲み込まれたんやったら知ってるよ。
ピノキオって言うんやけどな。
飲み込まれてクジラのお腹の中で生活するんやで。

正体はこんなんちゃうやろな。
https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/halloween-world/cabinet/s76/pw-23509.jpg?_ex=500x500
2020/08/10(月) 09:07 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
先にフォルダ探せばよかった
わざわざネットから画像拾ってこんでも自前であったやん。

記事と共に貼っとこ。
http://tabekube.blog6.fc2.com/blog-entry-1168.html
2020/08/10(月) 09:14 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
そのとおりですね。

「ウルトラQ第9話」の後では、

「スターシップ・トゥルーパーズ」も、「ミスト」もちっとも怖くはないのです。

これで見る映画が増えてよかったですね!(笑)

そういえば甲賀三郎先生の(まだいうか(笑))
2020/08/10(月) 19:09 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ちなみに、「ウルトラQ第9話」には、現在の技術による「総天然色版」もあるそうですが、

もとの白黒の「第9話」を見た後ではたぶん怖くもなんともないでしょう(笑)。

ぜひチャレンジをしてみてください(笑)。

ついでに言っておきますと、

二番目に送った「怖くない甲賀三郎先生作品」は、ほんとにまったく怖くありませんのでゲシシシ(^皿^)
2020/08/10(月) 19:27 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ウルトラQ第9話ってもしかして
あ、やっぱり。
2020/08/10(月) 20:02 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
こみさん
もっとロマンティックな映画をみたらどうですか?
青春初恋系です
こみさんにもそんな時代があったはずです
2020/08/10(月) 20:40 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
まさかまずそこに食いつくとは。
バンデル星人、あの手なのにどうしてボタンやレバーを考えたんでしょうね。
『蠅』『ハエ』『フライ』で世代が違うかもー。
ピノキオもそうだったねえ。
やっぱりそれもやっていたか。

ポール・ブリッツさん>
9話って“男爵”のやつでしょう。
いいや、そうに決まっている。
誰がそれを総天然色なんかにするねん。
あのラストシーンのくちゃくちゃって…おぞぞぞ~
でもよく考えたら、やつは空腹なまま退治されちゃったのよね。
それにしても甲賀三郎先生。
ものすごくビビりながら読んじゃったではないか。
2020/08/12(水) 22:49 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
猫団子さん>
ご存知でした?
バンデル星人より古いのに。

りらさん>
ロマンチックな青春初恋系……
『ミザリー』みたいなやつかな
2020/08/12(水) 22:51 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
面白かったでしょ「琥珀のパイプ」w

わたしあの作品好きでしてw

それにウソをいったら責められて当たり前ですが、わたしは最初から最後まで、ウソをついた覚えは何一つないぞw

天然色ウルトラQも本当よん。最新技術で全話、天然色バージョンが作られてブルーレイで売ってるよん。今は在庫切れで暴騰してるけど。

https://www.amazon.co.jp/%E7%B7%8F%E5%A4%A9%E7%84%B6%E8%89%B2%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9Q-3-Blu-ray-%E4%BD%90%E5%8E%9F%E5%81%A5%E4%BA%8C/dp/B00BTWQLEC/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%B7%8F%E5%A4%A9%E7%84%B6%E8%89%B2%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9Q+%EF%BC%93&qid=1597262229&s=dvd&sr=1-1
2020/08/13(木) 04:53 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ポール・ブリッツさん>
あの枚数であれだけの登場人物がいて、
殺人、放火、強盗と犯罪があって、
あれだけのどんでん返しをしようという甲賀先生の貪欲さ。
で、このタイトルになるんだなあ。
しかしなんですか、小説一本キーボードで打ってくれたってことですか?
だとしたらどんなウソでも許しちゃいますよ~
天然色ウルトラQ!
表紙に男爵がおるやないか!
2020/08/16(日) 22:06 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
「青空文庫」というやつです。

著作権切れの小説をネットで無料公開しているボランティア団体からいただきました。わたしはプリンターを起動しただけです。

昔の作品、いっぱい読めますよ。タダで。乱歩や安吾や甲賀三郎だけでなく、捕物帳を半七、顎十郎、銭形平次、むっつり右門と読んでたら中毒しますな(笑) 吉川英治も中毒性高いっす。

https://www.aozora.gr.jp/
2020/08/17(月) 12:01 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
総天然色版ウルトラQは、こっちのBOXで買ったほうが、リーズナブルなお値段みたいですね。

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E7%B7%8F%E5%A4%A9%E7%84%B6%E8%89%B2%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9Q%E3%80%8FDVD-BOX-%E2%85%A0-%E4%BD%90%E5%8E%9F%E5%81%A5%E4%BA%8C/dp/B004UD3U64/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%B7%8F%E5%A4%A9%E7%84%B6%E8%89%B2%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9Q&qid=1597658301&s=dvd&sr=1-2

あのゴメスや、リトラや、ペギラ、ガラモンといった連中にカラーで再会できますし、しかもカラーになった男爵までくっついているのでお得です。

「男爵抜き」のセットというのは、探したけれど見つかりませんでした。

それと、先ほどのコメントですが、まるであれではわたしがウソをつくことの常習犯みたいに見えるではないですか。わたしはウソは嫌いです。ちゃんとこみさんへの荷物でも、怖い話には、「これは怖い話ですから絶対読んではいけません」と何度にもわたってくどいほど念を押しましたし、怖くない話には「これはまったく怖くありませんから読んでも大丈夫ですよ」と同じく何度もくどいほど念を押したはずです。まったくもう。

ちょっと最近気に入っている笑い方が人とほんの少し違っているからって、ひどいです。ゲシシシ(笑)。
2020/08/17(月) 18:52 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ポール・ブリッツさん>
そんな文庫があるのか~
捕物帳といえば、先日、安吾を読みました。
半七や顎十郎も興味があるなあ。
それにしてもプリントアウトしていただいてありがとうございます。
2020/08/19(水) 22:13 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
そしてウルトラQ!
ゴメス、リトラから始まるとこがうれしいな。
トドラやバルンガやツヤツヤのゴーガにも会えるのね。
男爵は……抜くわけにはいかないもんねー
みんなスリルにあふれたストーリーなのよね~
で、ウソつきだとは思ってないんですよ~
ただ、その笑い方にスリルが~
2020/08/19(水) 22:17 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/5352-b27b95f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック