FC2ブログ

敬意を表してお静かに

ここでは、敬意を表してお静かに に関する情報を紹介しています。
ある日ある夜、いつもの居酒屋のカウンターで2対1のバトルになった。
1が私、相手は坊主頭FとX氏。
テーマは『ラーメンはまずスープを飲んでみるべきか』だ。

2人の意見はまずこうだ。
「苦労してスープを作った人に敬意を表してスープの味を試すべき」
これに対して私は、
「ラーメンなんざぁ、好きなように食えばいい」
という考えだ。

だから、まずスープを試したい人はそうすればいいし、
麺から行きたい人は最初っからズルズルッといけばいいと思う。
ただし、私の本心は、
「ラーメンはまずスープから行くべきではない」
だ。

なぜなら、ラーメンのスープは麺と合わせることを前提に作られているはずだ。
最初にスープを飲んだら、設定より濃い味を感じることになる。
その後でラーメンにとりかかったらラーメン店の設定より薄いラーメンを食べることになる。

2人は「そんな事はない」と言う。
だったらまず麺を食べたってスープの味ぐらいわかるだろう。
麺+スープでラーメンなのだ。
ラーメンで食べ始め、最後にスープを平らげるのだ。

『敬意』というのも気にいらない。
だったらこの居酒屋でサバ味噌煮を食べるときは、まず味噌を舐めるのか。
アジの南蛮漬けは合わせ酢をすすってみるのか。
そうでないなら、なぜラーメンだけ特別視するのか。
敬意というんだから、当然スープを残したりはしないのだろうな。


そこから話は発展する。
コショウを掛けるのは、まずスープの味を試してからだというのだ。
私はまずコショウを掛ける。
テーブルにあったらニンニクも入れる。
好きだからだ。

しかしやつらは反対する。
「スープを飲んでみないとコショウやニンニクが必要かどうかわからない」というのだ。
そうじゃない、私はラーメンにはコショウやニンニクが必要なのだ。
だいたいそこに置いてあるということは、必要な可能性があるということだ。
可能性がある限りは、私はそこに当てはまる。

カウンターでは三人がカンカンガクガク熱主張をぶつけ合う。
こんなもの答があるわけではないから終わらない。
そこへMえが近寄ってきた。

「私も麺から食べるよ」

勝負あり!






↑だけど牛丼に紅ショーガはあんまり必要ないのでクリックしてね。




声デカい
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
Mえさん最強
そうだよね、麺から食べるよね。
だってラーメンを食べるんだもん。
でもね初めて食べるラーメンは胡椒やニンニクはスープを試してみてからでいいと思うの、いつものラーメンならいつものようにトッピングして完成形やね。

ドシャ絵はいろんなシーンに使えるなぁ。
2019/12/07(土) 07:17 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
猫団子さん>
Mえがそうだといったら彼らは逆らえないねー
麺から食べるったって、麺とスープをセットで食べてるってことよね。
コショウとニンニクは私の意地です。
それを入れたものがノーマルなの。
ドシャ絵は便利だわ~
発明した人を尊敬するわ~
2019/12/08(日) 22:38 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/5104-629ce6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック