FC2ブログ

人はそれを持ちネタという

ここでは、人はそれを持ちネタという に関する情報を紹介しています。
人生初の手術・入院という一大イベントを経験した私。
12月だけど『今年のマイ重大ニュースベストテン』なんて吹き飛んでしまった。
噂は社内、居酒屋、友人関係と瞬く間に広まり、
知らない人にはこちらから教えてあげるという抑えられない親切心。
そのせいでたくさんのお見舞い、応援、体験談を聞かせてもらった。

会社内では、店長、元上司T、その他本社の人や配達の係、出入りの運送屋さん。
居酒屋の常連やオーナー、ジムの同級生、みそか寄席に行く友人。
さすがにおっさんたちは病気、入院の話題に事欠かない。
プライバシーの問題があるので、誰が何ということは伏せてご紹介しよう。


まずは、私と同じ脱腸経験者。

「オレの時は腹腔鏡なんてなかったから痛くて痛くて」

「退院してすぐにまた腸が出てきたから調べたら、手術失敗されとった」

なんと心配になるコメントだろう。
手術前には聞きたくなかった。
他にもドキドキする話を事前にするやつがいた。

「尿道に管を通すんじゃないの? アレが痛くて」(二階から落ちた人)

「あの管を抜くときがすごく痛い」(睾丸を取った人)

その管はしないとわかった時のうれしかったこと。
他にもためになる経験を教えてくれた人もいる。

「腹腔鏡手術のあと、内臓か脂肪が腹の中で動いて気持ち悪い」(盲腸)

確かにそうなった。
事前に聞いていてよかった。

「僕は痔で一カ月入院したけど辛くて辛くて」(いぼ痔)

「体が硬くなってしばらく動けなかった」(椎間板ヘルニア)

脱腸ぐらいでよかった。
そして武勇伝派。

「病院の飯はまずいから、近くの定食屋に行ってビール飲んどった」(胸水症)

「他のところは元気やったから、車いすであちこち走り回っとった」(足にばい菌が入った人)

さすがはおっさん、病気と健康はいつでも話題の軸となる。
大体なにかの病気は経験しているようだ。
で、話をしていると、武勇伝派以外の人でも、薄らほんのり自慢の香りが漂っている。
病気自慢はおっさんの特徴のひとつだ。

そんなわけで、昨日は久しぶりにちづるといつもの居酒屋に行って、
面白エピソードなんぞを一席ご披露してきたのだった。






↑久しぶりだったからホットカーペットで4時まで寝ちゃったクリックしてね。




頼り過ぎ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
昨日アップ絵、今日ダウン絵ともう既に持ちネタを2つとも使っちゃってますけど、そんでまた昨日なんか寝過ごし絵も兼ねるという贅沢な使い方してますけど
何度でも使えるからいいか。
2019/12/04(水) 07:03 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
猫団子さん>
何度も繰り返して、こなれてくるってこともありますよね。
目指すのはタイムボカンシリーズレベルのマンネリです。
だとしても、明日はちゃんと起きよう。
起きたい。
2019/12/04(水) 18:36 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/5101-47e46186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック