fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

レンガ色の花

わが家の庭についに業者さんの手が入ることになった。
私が車を置いているスペースは裸土なので雑草の世話に往生していた。
家を建てた時、数年以内に下水道工事があると言うのでコンクリートをしなかったのだ。
なにしろ手間もお金もかかるので下水道が通ってからも放置していた。
それをやっときれいにしてもらうのだ。

思い切った時にできることはやっておいたほうがいい。
前の庭の木も抜いてもらうことにした。
根が張って、内側からレンガを押しているので危険なのだ。
この工事が始まると言うので先日から大わらわだ。

古い物置とか、いらない植木鉢も全て処分してくれるらしい。
逆に言えば、そのまま置いていたらすべて捨てられてしまう。
物置の中の物も、私の育苗道具も、プランターも必要なものはどけておかなければならない。
中でも一番大変なのが、前の花壇に敷いたレンガだ。

ああ、そうだった。
家を建てたばかりの頃は、ああしたいこうありたいと手を掛けたものだ。
そういう勢いのあったころに、100個ほどのレンガを買って来て、
花壇と砂利部の間に立てたり、敷いたりしたのだ。

これも放置していたらすべて処分されてしまう。
いや、処分してもらった方がいいのではないか。
いやいやそれはあまりにももったいない。
だったらどうしたらいいのだろう。

そうだ、畑に持って行こう。
道具入れの下に草除けに敷いたり、畑のふちに並べたらいい。
いや待てよ、それより苗の風よけになるのではないか。
重みがあるし、子苗ぐらいの高さならかくせるではないか。

普通は苗を植えると“あんどん”というのをする。
これは肥料袋などを支柱で立て、苗が風でやられるのをふせぐのだ。
風のひどいときは揺すぶられて、根の辺りからちぎれてしまうこともある。
ただし、あんどんはとてもめんどくさい。
このレンガで苗を囲んでおこう。

そう思って、花壇のレンガを48個はがして畑に運んだ。
その頃植えたばかりの苗はキュウリとゴーヤが6本ずつ。
一つの苗に付き4個のレンガで周りを囲むのだ。
あんどんに比べたらずっと背は低いが、根から切れてしまうことはないだろう。

高いところから見たら4このレンガが花のようだ。
それが2本の畝に6個ずつ。
なんだか遠目にファンシーな畑になった。


次に畑に行ったとき、近所のおばちゃんが寄ってきた。

「そのレンガはなんですの?」

「コレコレこういう訳で」

ちづるも会社の人に、
「あんたとこの畑、なにをしたんや?」
と訊かれたらしい。
通って行く人も足を止めて見ていたりする。

畑で目立つことをしてはいけないのだ。






↑今日の午後は大忙しなのでクリックしてね。




背景を描かなかった
スポンサーサイト



[ 2019/06/16 07:10 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(3)
すごくよくわかる畑事情
笑ってしまった。
[ 2019/06/16 08:38 ] [ 編集 ]
こみさん
数年以内に下水道工事があると言うのでコンクリートをしなかったのだ・・・
では下水はどこに流していたのでしょうか・・・
後学の為教えて下さいね
[ 2019/06/16 08:51 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
畑事情をご存じの人には通じるのね。
何か変わったことをすると目立ってしまうみたいです。
花型だったレンガは、今はネット抑えになっています。

りらさん>
以前は浄化槽が付いていたんですよ。
それが地区に大きな浄化設備ができて、全戸に下水が通ったのです。
というか、今もまだ順に作っている途中です。
[ 2019/06/16 22:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム