fc2ブログ
2024 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312024 06

号にしたがえ

仕事が終ってからケーキ屋さんに急ぐ。
予約の受付は6時までなのだ。
それに前日になってからの注文だから受けてくれるかどうかも心配だ。
個人経営なので勝手に早めに閉めてしまう時もある。

幸い店はまだ開いていて、リンゴちゃんの誕生日にケーキを買ったので覚えてくれていた。
まずはケーキのチョイスだ。
この店には6種類のケーキがある。
生デコレーション、生チョコデコレーション、チョコレート。
イラストケーキ、イラストとクッキー、イラストとフルーツだ。

今回はギャグとしてスキンヘッド1号の似顔絵を描いてもらう。
Mえを、
「なんで私の顏と違うんやー」
と怒らせる計画だ。
恥ずかしながらイラストを見せると『ウケをねらう』という目的を理解してくれた。
派手にするために、フルーツ付きにした。


さて、問題はサイズだ。
ケーキ慣れしてない我々おっさんには『○号』という単位が理解しにくい。
私の所属している紙業界では、A判、B判という厳密なサイズが使われている。
規格サイズ以外の場合は縦何ミリ横何ミリとはっきりサイズを表す。

それに引きかえ『号』ってなんだ。
絵画なんて紙に書くのにどうしてA3とかB4で表さないのだ。
釣り道具なんて糸の太さ、おもりの重さ、針の大きさすべて『号』ってどういうことだ。
指輪も号で表すが、穴のサイズだけ問題にして、金属部の太さはなんでもいいのか。

そういえばスキンヘッド2号はMえに何号の服を買ってやるのだ。
スキンヘッドたちはなんで『号』で表すことになったのだ。
ひかり号こだま号はどの駅に停まるのか。
コント55号はなんで55号なのか。


落ち着いてメニュー表を見ると1号×直径3センチということになるらしい。
これは植木鉢や育苗ポットと同じ仕組みだ。
しかし、ケーキの場合、構造からいって中のスポンジのサイズではないのか。
それとも、あとでクリームを塗る厚みを勘定してスポンジを痩せさせているのだろうか。

前回、リンゴちゃんの時は5号だった。
なんだか小さい気もしたが、出来上がりを見たら他所のケーキより背が高かった。
そうだ、直径ばかり問題にしているが、高さによって量がすごく変わるではないか。

事情を説明したら5号でいいんじゃないかと言われた。
居酒屋ということは、他に料理があってケーキがメインじゃないし、
そもそもあまり甘党の人がいない。
さらに、他の人がケーキを買ってくる可能性もある。
うん、5号でいいや。

食べる人数を考えてなかったけど大丈夫だろうか。






↑今日は不燃ゴミ出すぞクリックしてね。





カッコよくない
スポンサーサイト



[ 2019/04/16 06:58 ] ある日の出来事 | TB(0) | CM(5)
郷に入れば…の話かと思ったら
そっちなのね。
ふむふむ。
まず今日の揚げ足取り
「近と55号はなんで55号なのか」
その前がひかり号とこだま号なんで勝手に近鉄の新しい特急にそんなのが出たんかと思たじゃないですか。
今の人に、例えばMえさんに「コント55号」って通じるかしら。

大きさはかまへんに、ウケたらOK.

トケ井の手の表現がいいわ♡
[ 2019/04/16 07:18 ] [ 編集 ]
こみさん
『ウケをねらう』
こみさん
そのためなら何でもするのね
[ 2019/04/16 16:06 ] [ 編集 ]
硬い体と、小枝のような手足やのに
いつもトケ井の細やかな表現に感心してますねけど、今回のんは特に秀逸ですわ
[ 2019/04/17 00:01 ] [ 編集 ]
1号✖️3センチは知らなんだ
勉強になりますー
明後日の記事が楽しみな展開やね

15センチのケーキ、何人で分ける事になりますやろ
こみさんの毛ぇきだけに、薄ぅなったりして
[ 2019/04/17 00:10 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
説明しよう。
猫団子さんがこの記事を読み、間違いに気付いてコメントを書こうとしているとき、
ちづるが間違いに気づき、指摘された私はソッコーで直したのです。
つまり、私が修正した時には、まだ猫団子さんのコメントはなかったのよ。

りらさん>
そうです。
それが一番大事なところ。
そのために日々研鑽を積んでいます。

かめさん>
トケ井を動かさせたら天下一品、ってごかいされるかな?
15センチでは小さいかと思ったんだけど、案外大きくて助かりました。
8等分で十分いけました。
薄くないって。
[ 2019/04/18 06:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム