fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

相棒

私はテレビ好きな方だが、観るのはもっぱらお笑い・バラエティ番組だ。
ドラマはほとんど観ない。
ほとんど、ということはちょっとは観るということだ。
それが『まんぷく』と『相棒』だ。
ヨンモジ、というところに惹かれたのだろうか。

どちらもちづるが観るから一緒に観ていると言っていいだろう。
おそらく、私一人なら観ない。
『まんぷく』は自転車や車で出勤するときだけ観ている。
徒歩出勤の時は始まる前に家を出なくてはならないのだ。
だから私の知っているストーリーはツギハギで、ときどきちづるに進展を聞いている。

『相棒』は飲みに行かない水曜日、同じ局のクイズ番組のあとだ。
たいていちづるは途中で寝てしまい、私だけが観ている。
私がドラマをあまり好まないのは続きが気になるからだが『相棒』は1話完結だ。
1時間ですっかり片が付き、あとくされがない。
だから今日観たから来週も観なければならないという事はない。


ところが、このような浅い視聴者の私でさえ『相棒』に気がかりな点ができてきた。
おそらくディープなファンの方なら気が付いているのではないだろうか。
最近、水谷豊演じる主人公の片山右京が怒りやすくなったような気がするのだ。

片山右京といえば冷静沈着な切れ者で、緻密な捜査と推理で犯人を追い詰める。
犯人に引導を渡すときも静かな物言いで、それが魅力のひとつだろう。
めったに興奮することはないが、ごくたまにサイテーな犯人をしかりつけるぐらいだ。

この、しかりつけるパターンが最近多いような気がする。

「人が死んでいるのですよ!」
「あなたにそんな資格はありません!」
「それがわからないのですか!」

このような叱り方なのだが、こんな風に声を荒げるのはよほどのことだ。

右京さんも年を取って怒りっぽくなってしまったのだろうか。
あるいは上司の嫌がらせやめんどくさい人間関係にイライラしているのだろうか。
いや、やはりキャラクターのせいではない。
そういう脚本なのだ。

おそらく脚本家は何人かが交代で書いているのだろう。
それぞれが統一されたドラマの雰囲気を把握しているはずだ。
だったらどうして右京さんが毎回のように怒るようになってしまったのか。

先ほど述べたように、右京さんが声を荒げるのはよほどのことだ。
これは各脚本家が、自分の書く事件を“よほどのこと”にしたいのではないか。
数人の脚本家の一人が“よほどのこと”を書けば“よほどのこと”は数回に一回だ。
でも、それぞれが自分だけのつもりで書いていたら、それは毎回になる。

そんなに“よほどの事件”が起こるものなのだろうか。
いや、起こっているのだろう。
起こっているから怒っているのだろう。
そんなによほどの事件ばかり扱っている番組なのだから、
そりゃ視聴率もとれるわけだ。





<a href="https://blogranking.fc2.com/in.php?id=1532" target="_blank"><img src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/b_01.gif" style="border:0px;"></a>
↑ヒマか―クリックしてね。





長い付き合い

スポンサーサイト



[ 2019/01/26 08:19 ] エンターテイメント | TB(0) | CM(3)
今日の記事で絵がどう来るかと楽しみで
そう来たか。
長寿シリーズだと人間関係に変化を生じさせたりするけど
この時代からhttp://blog-imgs-51.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-120810yuuyake.jpg
関係性が進展しつつあるのかしら。
(相棒は次のシリーズで相方が誰になるかをニュースにしてるね)
[ 2019/01/26 08:39 ] [ 編集 ]
こみさん
プレバト・・・見てるでしょう・・・
私も見ていますよ
俳句上達しましたか・・・
こみさんの教養を感じる俳句アップして下さいね
[ 2019/01/26 13:47 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
文章を書いてる時は絵の事考えてないからあとでたいへんなのよ。
ああ~、♪そんな~時代も~ああーったねと~
こっちの相棒もシーズンで変えてみようかしら。

りらさん>
プレバトは大好きです。
俳句は見ているだけでは上達しませんねえー
『通販生活』にあの先生の俳句コーナーができましたよ。
読んでるだけでは上達しませんねー
[ 2019/01/28 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム