FC2ブログ

谷に雪が積もるころ

ここでは、谷に雪が積もるころ に関する情報を紹介しています。
日曜は朝から町内一斉清掃だ。
班長だからゴミ拾いに参加しなくてはいけない。
幸い一時間ほどで作業は終了。
10時なら乗り気薄でゴロゴロしてから畑に行く日と同じぐらいだ。
むしろ少し温まった体で畑に行く。

メイン作業は間引きだ。
まずは第二弾で蒔いたダイコン。
間引きも二回目なので間が広くなっていて楽だ。
太さ3センチほどのダイコンができているから、普通のダイコンは収穫しないでおこう。

次はコカブの間引きだ。
これはバラ蒔きした畝だから作業が細かくて大変だ。
苗をかき分けながら密集地の細いやつを太い指で抜いていく。
抜いたものの悪い葉をとってそろえていたが、3分の1ほどでギブアップ。
もったいないが残りは廃棄だ。

これでもうお昼前。
ダイコンとハクサイに虫が付いているところがあったので、
酢とウィスキーと木酢液を混ぜたものを散布してきた。
しばらく雨の予報が無かったから効果があるだろう。
帰宅して採ってきた間引き菜を外で洗う。


ちょっと休憩したら着換えてお出かけだ。
得意のショッピングモールで昼食はカツカレー。
ホームセンターで腕時計を買い、書店で文庫と筋トレ本を買い、
スーパーで食品を買って帰宅。
アラームをセットして仮眠。

しなければならないことがあるので30分で起きる。
まずはコタツだ。
私がパソコンテーブルとして使っている掘りごたつにふとんを掛ける。
その前にホコリの積もった“掘り”を掃除機で吸い、拭き掃除をしなくてはならない。
くぼみの内側を拭き掃除していたらカレーが出てきそうになって休憩。

コタツが完成したら、間引いてきた野菜だ。
まず、コカブの葉は漬物にする。
よく洗ってきれいにそろえ、家庭用漬物器に折りたたんで押し込む。
コンブを乗せ塩を掛けてふたをねじ込んで冷蔵庫へ。

次は小さいダイコンの皮をむき寸胴鍋に入れていく。
これは鳥肉と炊くのだ。
葉っぱの方は刻んでアゲと炒め煮にして作り置きおかずにする。
ダイコンの葉っぱが大量に残ったから、徐々におひたしにでもしていこう。


さあ、土曜日にヒートテックやトレーナーは出したし、
今日から弁当を持って行くし、カバンも大きいのを持つことにしたし、
いよいよ今日から本当の冬バージョンだ。
体はいつでも冬眠できるように蓄えてあるぞ。






↑頭も刈ったから寒いぞクリックしてね。





風呂敷が変わった
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
すごい
何やらかんやら大収穫の週末\(^o^)/。
2018/11/26(月) 07:04 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
奴も冬眠する そして目を醒まし,活動する


こみさん,イッパイ食料集めて冬眠するんだ。

奴も冬眠するらしい。
普段は布団や畳の中で過ごしいるが,真冬になると冬眠する。
冬眠中は静かに眠っているのだが,
暖房が入って部屋が暖かくなると,覚醒して活動を開始するのだ。

奴も冬眠する そして目を醒まし,活動する


http://sankyou-rehome.jp/files/libs/42/201504071723135819.png?1531358898

https://www.youtube.com/watch?v=W4DlDFVVZrg
2018/11/26(月) 15:08 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
こみさん
体はいつでも冬眠できるように蓄えてあるぞ。・・・
駄目駄目駄目・・・・
油断大敵ですよ・・・
ダイエットはどうしたのですか・・・
2018/11/26(月) 20:14 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
ダイコンと手羽の煮物と大根葉とアゲの炒め煮は作ったけど、
夕食のメインは土曜に収穫したミズナの味噌鍋でしたー。
ちなみに弁当のおかずも大根葉、今日の夕食も大根葉。
青虫になりそう。

chan.na.oさん>
ああ、冬眠したい。
しかし、私は出勤しなくてはならないのだ。
で、なぜやつらの宣伝活動を?

りらさん>
今日もお腹いっぱい食べちゃいました。
でも大丈夫、95%が野菜です。
あっという間にお腹が減って明日には出ていきます。
今日は徒歩通勤だったし、帰宅してから腹筋もしましたよ。
2018/11/26(月) 22:03 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4716-8ca7490d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック