FC2ブログ

用心しろよ、娘さん

ここでは、用心しろよ、娘さん に関する情報を紹介しています。
これまでにもX氏だとか2号だとか、おっさんに愛を告白されて来たMえだが、
またもや熱烈なファンができてしまったようだ。
しかも今度のは年令と言い行動と言い、ボスキャラとでも呼んでもいいような人だ。
便宜上、彼のことを『KB』と呼ぼう。

KBはMえの以前の仕事場での顔見知りで、いつもの居酒屋にもたまに来ていたらしい。
それが最近活発になってきたのだそうだ。
いつもお金を多めに払い、お釣りを渡そうとすると「あげる」と言って帰ってしまう。
もちろん、お店にではなく、Mえ個人にだ。

先日、お釣りが三千円もあるのに置いて出て行ってしまった。
これは受け取れんと思ったMえが後を追いかけて行ったら、
「もう」と言ってギュッとハグされてしまったらしい。
ちなみにこのおっさん、年齢は60代だ。

おまけに翌日LINEで連絡が入り、
「一度お食事に行きたいのだけど、ランチとディナーどっちがいい?」
と誘われたと言うではないか。
おい、それって先日逮捕されたナンパ東大生の手口ではないか。
ランチかディナーと誘えばイエスorノーになりにくいって、
モテない男たちの前で偉そうにレクチャーしていたのをニュースで見たぞ。


さらにややこしいのがMえのおばあちゃんの存在だ。
最近いつもの居酒屋にときどき来るようになったおばあちゃん、
先日このおっさんとカウンター出隣同士になったことがあった。
KBとしては愛するMえのおばあちゃんだ。
ご機嫌を取ったり奢ったりとちやほやしたらしい。

これでこのイケイケおばあちゃん、KBのことを好きになったらしい。
で、告白したらしい。
で、「僕はMえちゃんが好きなんです」と言われたらしい。
ちなみにおばあちゃんは70代だ。
おばあちゃんを振って孫に、なんて話があるだろうか。

Mえは『モテ期』だとか『三角関係』だとかからかわれては、
「やめてー!」と全力拒否で叫んでいる。
みんなの疑問は、これが『青春の1ページ』と言えるかどうかだ。


そして昨日、またもやKBの予約が入った。
以前は5時過ぎに来ていたのに、Mえが遅番だと知ってから7時に来るようになった。
きっとまたあの作戦を使うに違いない。
店側としてもそのような不埒な行動を見過ごすわけにはいかない。
ちゃんと作戦を練っていた。

またもや数千円のお釣りを置いて行ったKB。
Mえが後を追いかけたら今度は何をされるかわかったものではない。
なので、女将さんが追いかけた。

結局受け取ってもらえず、とぼとぼ帰ってきた女将さん。
「なんか、すごくガッカリさせたみたいで辛い」と言っていた。
お金は次回の支払いに持ち越すそうだ。

ただ一つだけ、KBに言ってやりたいことがある。
ハグされたとのMえは、店に入るなり、
「抱きしめられたー!」
と大声で言ったから、店中の全員がこのことを知っているのだぞ。





↑それはともかく帰ったのが1時になったのでクリックしてね。






へたくそ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ん~これは
これからは常連が順番に追いかけるってのはどうでしょ。
2018/11/07(水) 07:06 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
娘さんよく聞けよ ハゲ男(おとこ)にや惚れるなよ


Mえさんが危ない!
こみさん,Mえさんをガードしてあげなくてはいけない。

こんなことを考えていたら,ダーク・ダックスの「山男の歌」を思い出した。
わたしの覚えているダーク・ダックスの「山男の歌」を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい)

ダーク・ダックスの「山男の歌」

 娘さんよく聞けよ ハゲ男(おとこ)にや惚れるなよ
 山でぬかれりゃよ 若ハゲさんだよ
 山でぬかれりゃよ 若ハゲさんだよ

娘さんよく聞けよ ハゲ男(おとこ)にや惚れるなよ


https://www.youtube.com/watch?v=xPvcXNFc16U
2018/11/07(水) 15:28 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
名案ではあるけれど、出てくまで一緒に飲んでるだけに気まずいなあ。
つーか、今回のでわかってくれなかったら、空気読めんってことよね。

chan.na.oさん>
ハエ男みたいに言うなー!
2018/11/07(水) 22:51 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4697-40375264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック