FC2ブログ

観光地にも生活あり

ここでは、観光地にも生活あり に関する情報を紹介しています。
お盆には、実家に行く。
いつもの買い物とは違って、弟一家も来て家族がそろう。
俗に言う里帰りだ。
だいたいお昼頃集まって、お昼ごはんからスタートする。

この日は早く家を出た。
母に頼まれて銀行に行かなくてはならないのだ。
話によると、古い高座があって、それをどうにかするように銀行が言ってきたらしい。
そんなものはひとつにまとめておいた方が後で楽だ。
ちづるにどうにかしてもらおう。

どれだけ時間がかかるかわからないのでかなり早く家を出た。
実家に着き、挨拶もそこそこにその書類に目を通してもらう。
わかったのは、本人が行かなければならないこと。
本人だと証明するためのものが二つ必要だということだ。

母は車の免許を持っていない。
写真入りの証明書である免許証があればそれ一枚で事が済むのにややこしい。
年金手帳がどこにあるかわからないというので、
健康保険証と母あてに届いた郵便物で証明することにした。

母とちづるを乗せて銀行に向かう。
私は行ったことのない銀行だ。
2人をおろし、駐車場に車を停めてくる。
ああ、銀行が涼しいことだけがありがたい。
母にはちづるに付き添ってもらい、私は座ってスマホをいじっていた。


ちづるに呼ばれた。
母が印鑑を間違えたらしい。
置き場所を聞いて私が取りに戻ることになった。
母は足が痛いのでもう動きたくないらしい。

印鑑の場所はすぐわかったので銀行に引き返す。
おや、なんだか銀行前が渋滞しているぞ。
前方を確認してわかった。
観光のために訪れた車が銀行の隣にある市営駐車場にどんどん入ろうとしているのだ。
そうだ、鳥羽市は観光地だったのだ。

幸い銀行の駐車場はその手前だったので、ちょっと無理をして右折した。
印鑑を渡して私はソファでくつろぐ。
涼しい。

ちづるが私を呼んだ。
本人証明のために持ってきた健康保険証が2年前のものだったらしい。
また取りに戻らねばならないのか。
ただ、もう本人、つまり母の役目は終わったので、次はちづると二人でいいらしい。

実家に戻り、保険証を探す。
古い書類は捨てておけや。
ちづると銀行に向かう。
もうその手前の交差点から渋滞が始まっていた。
交差点を右折できずに並んでいる車も多い。

こんな行列に入ったらいつたどり着くかわからない。
だが、そこは私に任せておけ。
この辺の道の事ならグーグルよりも詳しいのだ。
一方通行も車がなんとか通れる道も全て熟知しているのだ。

ぴゅぴゅぴゅと裏道を通り、反対方向から銀行の駐車場に入ることに成功した。
「さすが元鳥羽市民」とちづるに褒められる。
ま、だから実家や利用している銀行があるんだけどな。





↑鳥羽水族館のアシカショーの声が聞こえていたけどクリックしてね。






色が信用できない
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
すごいわ、そんな挫折ポイントが4つもある案件が解決した何て、すばらしい
本人確認書類を2つ用意は難易度2くらいかしら。
お母様あて郵便物が用意できたのはすばらしい。
自分が管理していない印鑑の場所がすぐわかったのはお母様の管理がしっかりされていたということで難易度1?
「本人が用意したのが2年前の健康保険証」なのに最新の健康保険証が短時間で無事見つかるのは難易度10くらい驚異的だと思う。
カーテクニックはこみさんにとって一番容易かったと、パチパチパチ。

ということで今日の揚げ足取り。
落語はお好きですけど「古い高座があって、」あるのは「口座」だよん。
2018/08/15(水) 07:26 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ヨンホンゲと黄色いネクタイ
2018/08/15(水) 10:09 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
2018/08/15(水) 10:41 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
2018/08/15(水) 10:47 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
2018/08/15(水) 19:11 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
ややこしいことはすべてちづるの助言のおかげです。
なのに、その上を行くポカをやってくれるからねえ。
ま、コレで一つ書類が減ったってとこかな。
ちなみにこの「高座」の間違え、
これは変換ミスじゃなくて思い込みでした~
口座に縁がないもんで。

chan.na.oさん>
確かにそう言われればそうだなあ。
コンドルは関係ないけどね。
コガネグモも関係ないけどね。
ストライプに関してはまちがってるからね。
かわいいのは他人だからね。
叔父さんも他人だからね。
2018/08/15(水) 21:25 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4613-9f937e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック