fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

右か左か袋小路

私はガッチガチの正統派右利きだ。
左手では将棋も指せない。
右手なら仕事をしながらラインを見ながらつまみ食いをすることもできるのに、
左手ができることといったら、左の鼻の穴をほじくることぐらいだ。
今もキーボードの打ち間違いをするのは左手ばかりのような気がする。

このような左右の“利き”があるのは手だけの話ではない。
足にも右利き左利きがあるという。
目を閉じてまっすぐ歩いてみると必ずどちらかに曲がってしまうらしい。
これが左に曲がれば足は右利き、右に曲がっていったら左利きだ。
利き足の方が蹴りが強いので曲がるのだそうだ。

頭のつむじにも右巻き左巻きがある。
しかしこれはあまり“利き”には関係なさそうだ。
右巻きと言ってもそれは他人が見た時の事。
自分から見たら、つまり脳、つまり体の内側から見たら左巻きなのだ。
これは左右というより、思考の仕方が『内利き・外利き』なのかもしれない。


不思議なのは血管だ。
私は献血の時、左手で試し取りをして、右手で本抜きをする。
『試し取り』『本抜き』という用語が正しいかどうかは不明だがわかってもらえるだろう。
この血管が、私から見てどちらも腕の右側にある。
つまり腕を並べてみると、血管の位置が対称ではなく相似形なのだ。

人体は左右対称ではないという証拠ではないか。
これは右利き左利きに関係あるのか。
大いにある。
この左右の血管、位置だけでなく角度も左右同じようになっている。
これは採血する人が右利きの場合、どちらも針を刺しやすい向きなのだ。


さて、この利き○○、我が身の一部でありながら左右どちら利きかわからない所がある。
いっぱいあるのだが、さしあたり知りたいのが膀胱だ。
私の膀胱は右利きなのだろうか、左利きなのだろうか。

なにしろ最近、朝が冷える。
目覚ましのアラームが鳴る前に、膀胱の危険信号で目覚めてしまう。
この時間が微妙だ。
もう少し我慢したら、アラームをセットした時間になる。
一旦トイレに行ったら、わざわざ寝床に戻ってくるのが面倒なぐらいの間だ。

そこで私の膀胱よ。
おまえは右利きか、それとも左利きなのか?
つまり、右向きで寝た方が我慢できるのか、左向きの方が耐えやすいのか。
それがとても知りたいのだ。

しかし寝相と言えば左右だけではなく、あおむけ、うつ伏せもある。
『上利き・下利き』ということも考えられるのだ。
いや、これは私が寝ている状態だから上下と思ってしまっている。
自分の主観なら『前利き・後ろ利き』ではないのか。

ただ、前利きだったとして、うつぶせ寝では下腹部を圧迫してしまう。
両手を腰骨の辺りに当てて空間を作らなければならない。
あるいは足を少し曲げて圧迫しないように支えにするか。
そのときは右足左足どちらを曲げればいいのか。

あああ、答えはいずこ。
切羽詰っています。





↑カテゴリーで迷ったけどクリックしてね。






事件
スポンサーサイト



[ 2017/10/05 06:34 ] 寝る | TB(0) | CM(4)
読み進めるごとに悲惨な予感が
あっ。

5年前も「寝る」カテゴリだったのね。
http://tabekube.blog6.fc2.com/blog-entry-2517.html
[ 2017/10/05 06:56 ] [ 編集 ]
こみさん
切羽詰っています・・・
そこまでガチガチになることないと思うけどね
[ 2017/10/05 19:39 ] [ 編集 ]
人間は内臓の関係で、右側を向いて寝るのがいいってよ
[ 2017/10/07 23:37 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
季節ネタですなー
それにしても、寝るカテゴリーの多さに驚いてます。

りらさん>
間もなく、がまんをあきらめる時間に起きるようになると思います。
そして、睡眠時間中に二回、三回と…

ペコさん>
そうそう聞きましたよ。
心臓が上になるし、胃の出口が下になるとかね。
でも、右を下にするとちづるの方を向くことになるんですよ。
[ 2017/10/08 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム