早めの畑の衣替え

ここでは、早めの畑の衣替え に関する情報を紹介しています。
土曜日に草刈りをしておいてよかった。
車は停めやすいし見晴らしは良いし、なにより時間がたくさんある。
この日の予定は盛りだくさんなのだ。

まずはゴーヤのお片付け。
おそらくまだしばらくは収穫できるだろうが、早じまいをすることにした。
なにしろ冷蔵庫の冷凍室は刻んだゴーヤの小袋でいっぱいだ。
たぶん、来年の春まであるだろう。
もらってくれる人も少ないし、野菜室にもたくさんある。

ネットから大きく垂れ下がったゴーヤのツルを鎌で切っていく。
向こう側が見えるぐらいにツルが減ったら、はさみで切りながら丁寧にツルを取る。
根っこを抜いて細かい破片を取り除き、ネットを外して支柱を抜く。
敷いてあったワラと雑草を片づけたら、ほうらきれいな更地だ。

続いてシシトウに取り掛かる。
畝の両端で大木になっているシソの根元にクワを打ち込んで引っこ抜く。
若い枝ははさみで切って水に差しておく。
こうすると十日ぐらいは大葉として利用できるのだ。

シシトウを丸ごと抜き、はさみで一個ずつ収穫する。
残った木はなるべく小さく切って野菜くずや雑草を埋める穴に入れる。
センチュウ除けに植えたマリーゴールドは花盛りなので処分するのがもったいない。
サトイモとオクラの畝にスペースがあったのでそちらに引っ越した。

ここでタイムアップ、お昼になった。
ゴーヤを片づけるのに手間取ったので遅くなってしまった。
本当はオクラも片づけたかったのだが、まだ収穫できそうなので来週でいいや。
ああ、働いた働いた。


しかし、これでは物足りない。
考えれば考えるほど、もうちょっと作業したい。
というのも、空いた畝に肥料と石灰を入れて混ぜておけば2週後には種蒔きができる。
それが来週になれば一週遅れ、収穫はもっと遅れてくる。
もしかしたら次の休みには、雨が降るかもしれない。

ちづるにも午後の予定はないらしい。
だったら、と思い立ち、食事と仮眠の後ホームセンターに行って肥料を買った。
とりあえずザッと撒いて耕しておこう。
こいつは体力勝負、何も考えなくてよい。

およそ一時間後、広めの二畝を作ることができた。
二週間後にはダイコンやジャガイモを植えることができる。
体はクタクタだが、安心感で気持ちが楽になった。

おそらくちづるも同じ気持ちだろう。
なにしろ二日間の洗濯量が尋常ではない。
実家に行ったときの服、その午後草刈りをしたときの服、その後の自宅での服、
午前中の畑作業服、食事に行ったときの服、午後の畑の服、帰宅後の服。

これが草まみれ、土まみれ、汗まみれなのだ。
『収穫』だと思ってくれるだろうか。





↑最後に収穫したナスを誰かにもらってもらおうとしたのに誰にも連絡着かなかったのでクリックしてね。






やさしささ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おぉ、大仕事、大収穫
洗濯ものは…天気さえよければまぁ大収穫気分になるかな。
お疲れ様です。
2017/09/11(月) 07:08 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
猫団子さん>
まだ実のなるものを片づけるのは気が引けますね。
でも、次のことを考えたら、早めに切り替えてく方がお得よね。
この休みにオクラを片づけようと思ったんだけど、台風でムリみたい。
2017/09/13(水) 22:17 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4274-c04c806d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック