fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

始終貼って

親指のうわさも23日。
右手親指をケガしてからもうこんなに経った。
綿棒を綿玉に替えた甲斐があって、消毒液は使い切った。
だいたい治ったと言っていいだろう。

湿らせてはいけないというので、日に二度ずつ傷に当てているものを交換した。
ガーゼが望ましいと言われたから、夜はガーゼを当ててテープと包帯。
仕事に行くときは外れにくいように絆創膏を貼って行った。

この絆創膏も普通のではダメだ。
冬場のアカギレ用に百枚入りぐらいの買い置きがあったのだが、それでは傷が隠れない。
仕方ないのでわざわざ買いに行った。
大判で通気性のいいのを見つけたら、7~8枚入りで700円ぐらいする。
なんともったいないことか。

しかもこれ、大きすぎてそのままで貼れない。
指先というのは本当に絆創膏に不向きな場所だ。
余分なテープをそのまま巻いてしまうと頭でっかちになってしまう。
だから、接着部を少し切り落とし、更にハサミで切れ込みを入れて貼っていた。
毎日出勤前に、めんどくさい作業だった。

ほぼ一週間でその絆創膏が無くなった。
しかしその分傷は治りつつある。
私の傷は刃物が入った傷なので、指先が深く、指の根元に向かって浅くなっている。
一番浅い辺りはもうパッドからはみ出していてもいいだろう。
普通よりちょっと大きいサイズの絆創膏にしよう。

それだと在庫があったのだ。
あれはひと月ぐらい前だっただろうか。
うっかり自転車のペダルを後ろ蹴りしてしまい、アキレス腱あたりから出血した。
そのときに買ったちょっと大きめでちょっと高めの絆創膏が役に立った。

それも使い切った。
ちゃんとそれを見越して新しいのを買ってきてあったのだ。
多分もう傷は隠しておけばいいぐらいになっていた。
見た目はまだひどかったが、カチカチに固まっている。
引っ掻けたりぶつけたりしないように保護できたらいいだろう。

ただし、普通の絆創膏では隠し切れない。
『指先用』というT字型の物を買ってきた。
これは指の根元側から貼って行き、Tの横棒に当たるウイング部を巻けば、
指先がきれいに隠れる仕組みになっているのだ。
もちろん、これも普通のと比べると格段に高い。


絆創膏の交換時に傷口を観察してみた。
なんだか端っこがペケペケ動いて、皮が剥がれかけているように見える。
触ってみたら、どうやらかさぶたになっているようで、その下はピンクのお肌だ。
まだ先端部がくっついているのではがすのは怖い。
ペケペケしているところだけ爪切りで切った。
少し傷口がサッパリしたような気がする。

そんな昨日、左手親指を戸に挟んだ。
戸の端をつかんだまま閉めようとしたのだ。
なんでそんな変な持ち方をしたかというと、右手の傷のせいだ。
触ると痛い、濡らしちゃいけない、汚すとめんどくさい。
そのせいで、何もかもをおかしな持ち方するようになり、それがクセになっていたのだ。

幸い出血はしなかったが、丸一日経ってもまだ赤黒い。
友人には『親指のたたり』と言われたがそれはおかしい。
その理屈だと右手親指が左手親指を祟ったことになるではないか。
どちらにしろ、痛いのは私だぞ。





↑裸の指でクリックしてね。






説明しよう
スポンサーサイト



[ 2017/08/19 06:52 ] ワシのこと | TB(0) | CM(3)
こみさん
だいたい治ったと言っていいだろう・・・ネタが一つ減ってしまうね
[ 2017/08/19 06:55 ] [ 編集 ]
ああっ、左手親指まで
不便でしょうけど何とか乗り切りましょう。

そりゃヨンホンゲ自身で示したらよく分かるけど惨劇の二の舞になるじゃありませんか。…三の舞だったわ。
http://blog-imgs-67.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-140828settyaku.jpg
http://blog-imgs-88.fc2.com/t/a/b/tabekube/s-151220eraikoto.jpg
[ 2017/08/19 09:11 ] [ 編集 ]
りらさん>
そうなの。
かさぶたの剥がれてるとこを切っていったら、
小っちゃいのが残りました。
まだお肌がやわやわなのでバンドエイド貼ってます。
ネタ、失くなるなあ。

猫団子さん>
A型なので左右対称でうれしいですー
そんなわけあるか!
惨劇の二の舞ってのも面白いけど、
ホンマに三回目だったとは。
でも、なんとかなってきたのよね。
[ 2017/08/20 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム