fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

葉ですがなにか?

朝、実家へ行く前に畑に行った。
ウチの畑にあるのだから、スーパーで買ったりしたらもったいない。
ちづるも休みだったので、持って行くだろう。
あとはいつもの居酒屋とQちゃんと……

と考えていたのだが、思ったより収穫できなかった。
ところどころに先細りのができ始めている。
これはキュウリの勢いが落ちてきた証拠だ。
考えてみれば、あれだけの実をつけたのに追肥もしていない。
雨すらろくに降っていないのだ。

なので、夕方もう一度畑に行った。
臨時で液体肥料を一通りの野菜にやってきた。
火曜あたりに雨が降る予報が出ていたから、また化成肥料も撒いておこう。
これで少々は盛り返してくれるだろう。


さて、かといって手ぶらで帰るのはつまらない。
そうそう、あんなに収穫できる作物があるではないか。
いろんな畝の両端に植えておいた、あの役立ち作物。
シソとバジルだ。
夏にシソの香りはたまらない。

たとえば夏の定番、冷奴。
ショウガ、ネギ、かつお節が欠かせないが、
このかつお節が扇風機の風で飛ばされてしまう。
そこで、これらを先に醤油で混ぜて豆腐に乗せるのだが、
そのときシソを入れると、香りが立って湿ってしまうかつお節を補助してくれるのだ。

カツオと言えば、たたきにも薬味としてシソは外せないレギュラーだ。
刺身だったら下に敷くだけで晩餐のグレードがグッと上がる。
刻んだキュウリにだってシソを混ぜればちゃんとした料理になる。


ただし、シソ科の収穫にはひとつ問題点がある。
採ってすぐ家に帰っても、到着したらすでにしなびている。
水に差しておいたらシャンとしているのだが、
それってその水を吸っているということだから、用水の水なら食べたくない。
家に持ち帰ったとして、それをなかなか保存しておけない。

なんか方法がないかとネットで調べてみたらいいのがあった。
葉っぱを一枚ずつにして小瓶のような入れ物に立てて入れる。
底に少し水を入れておくと、変色もせずに2週間もつという。
なのでそのような形にして、いつもの居酒屋に持って行った。
なにしろ使い道があるからとても喜ばれた。


それにしても、シソ農家さんはこれをどうやっているのだろう。
あのさばきにくいシソの葉を、洗ってサイズを合わせてまとめて出荷するなんて。
ちなみに、持って行く分を作るだけで30分ぐらいかかった。
火も使ってないのに汗だくだ。
サービスしてもらった生ビールのうまかったこと。





↑ナスもやっと採れ始めたよクリックしてね。






シソは地味だから
スポンサーサイト



[ 2017/07/23 08:11 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(4)
大葉はむしるもの!
Subjectは七夕の日に横浜の娘から来たメールですわ。

何事?と返したら

そうめんの薬味にしようときれいにそろえられてパックに入ったのを買ってきたけど、実家住まいの時は青じそむしってきて~と言われて庭でむしってたなぁ…と。

なるほど~。
その青じそ、毎年野良でどこかに生えてたのに何も世話しなかったために、今は駆逐されちゃって”生えてない”のよ。

ナスは切り戻しで今ハゲ状態です。

我が車ですが昨日6ヶ月点検の際にエアコンの不具合を言いまして点検の結果、現状としてはガスが抜けててナイということで充填してもらってひとまず効くようになりました。
が、「どこかに穴が開いてて抜けている」のかどうかはワカラナイので、また抜けてくようなら本格修理で専門業者に出すことになるのでその時は「時間(日数)もお金もかかります」という説明を受けました(そらそうだわな、と納得)
この夏無事に越せることを祈る(^▽^;)
[ 2017/07/23 08:41 ] [ 編集 ]
は○ですがなにか? (-””-;
今日のブログのタイトルは

は○ですがなにか? (-””-;
[ 2017/07/23 13:57 ] [ 編集 ]
こみさん
記事のシソとイラストのシーソーをかけたの?そうだしたら強引過ぎない?
[ 2017/07/23 18:38 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
そう、シソはむしるものなのよね。
でも、ウチにもありません。
先日、庭の草取りをしたとき、ためらわずに全部抜いちゃったから。
ナスがもう切り戻しなんてうらやましい~

エアコン無し、やっぱり厳しい~
ガスで済んだらいいんだけどなあ。
ウチのはなんだか妙な音がするんですよ。
もう十年乗ってるし、ヘタにお金がかかるなら買い換えた方がいいかも、と。

chan.na.oさん>
いやいや、○の入る余地ないから。
っていうか、無いから、そんな部分。

りらさん>
これほど滑らかな掛け方があるでしょうか。
だって、シソなんて絵にかいてもわからないのよね。
[ 2017/07/23 21:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム