fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

食べ物も唇も触れないところ

夕食のメインおかずはキュウリだ。
昨日収穫した20本の中から、なるべく大きいのを3本選んで細切りにする。
ボールに一杯のキュウリにポン酢を掛ける。
料理名は『七色キュウリ』だ。
焼いたアゲや、カニカマ、ハムなどをキュウリと合わせていただく。

ドカドカ食べていくと底の方には謎のスープが溜まっている。
ポン酢だけの量ではない。
つまりこれだけの水分がキュウリに含まれているのだ。
キュウリダイエットになればいいが。


さて、食卓には私専用の箸置きが用意されている。
大の字になった猫の『ニャンたる箸置き』だ。
なのに、育ちがいいせいだろうか、つい食器の上に箸を橋のように渡してしまう。
自分用の小鉢があるときならばそれでもいいが、今日の器はボールだけ。
それでもそのボールの上に箸を置いてしまうのだ。

ぽちゃん。

しまった、箸が落ちた。
箸が落ちて「しまった」と思う時は、持つ方が落ちた時だ。
あれは『箸の先』に対して『根元』でいいのだろうか。
『上』か『手元』か『軸』か、なんと呼んだらいいかわからないが、
ともかく食べ物をつかまない方が落ちたのだ。

この時のダメージは、ラーメン食べててレンゲが沈んだ時に匹敵する。
ただ、レンゲの場合はまだ箸が残っているが、
わが家での夕食時の箸は、唯一無二の食事道具だ。
このままでは栄養が不足してしまう。

どうしたらいいか。
まずは箸を拾い上げることだ。
そこまでは誰でもわかる。
問題は、箸の“普段食物に触れない部分”に着いた水分だ。
そのまま使おうとすれば、引力によって水分が手の位置まで垂れてくる。

一番手っ取り早いのは「ちゅっ」と口で吸うことだ。
これには抵抗がある。
なぜなら、ここは普段食べ物だけでなく口も触れないところだからだ。
口が触れないところだとわかっていながら口をもっていけるだろうか。

ティッシュで拭く、という手もある。
しかし、私が箸をティッシュで拭くとしたら、それは箱から顔を出していた一枚だ。
なんの対策も施されずに外気に晒されていた部分だ。
そんなところで食べ物に関わる道具を拭けるだろうか。

箸を洗うのもいいかもしれない。
だが、それでは箸全体が濡れてしまう。
部分的に濡れてしまったものをどうするか悩んでいて、
全体を濡らしてしまうなど本末転倒ではないか。

ならば箸を替えるか。
この箸は一応ちづるとおそろいの夫婦箸だ。
一方が違う箸を使っているとなると、何か問題が起こったと勘違いされるかもしれない。
じゃあ、二人そろって箸を替えるか。
そんな無意味に洗い物を増やすわけにはいかない。


と、いろいろ案を出して水増し疑惑がささやかれているが、
実は、最初に書いた通り、口で「ちゅっ」と吸っているのだ。
どうして、などと訊ねてはいけない。
もう考える間もなく、その瞬間に「ちゅっ」とやってしまう。
条件反射なのだ。





↑ナイフとフォークでクリックしてね。






手を使え、いやまず確かめろ
スポンサーサイト



[ 2017/07/11 06:42 ] 世間話 | TB(0) | CM(4)
きゃーきゃーきゃーきゃー
きゃーの数を増やしてみました。
…増やすってなんていい響きと思いませんでした?
[ 2017/07/11 06:55 ] [ 編集 ]
こみさん
今日のイラスト凄い
面白いね
記事
言葉がでないね
[ 2017/07/11 21:54 ] [ 編集 ]
ウチは小さいトングでつまみますわ
新しい表現がおもろいどー
[ 2017/07/11 23:14 ] [ 編集 ]
猫団子さん>
増えるっていいなあ。
とはいえ、何か思惑があるのではないでしょうな。

りらさん>
イラスト、おもしろいと言ってもらえて光栄です。
文章、言葉が出ないほど面白いと言ってもらえてうれしいです。

かめさん>
小さいトングって、ポテチつかみじゃないでしょうね。
表現はがんばってますよ~
[ 2017/07/13 23:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム