体温以下でいただきたい

ここでは、体温以下でいただきたい に関する情報を紹介しています。
もう毎度おなじみとなってしまったが、ああ暑い。
こんな時には生ビールだ。
「私はお酒飲まないの」という人も、生ビールにだけは称賛を送ってほしい。
なぜなら、生ビールは世界で唯一、冷やさなくても冷たい飲食物なのだ。
他に存在しても黙っておくように。

私にはよくわからないが、生ビールは気化熱がどうとかという理屈で冷たいらしい。
だから冷蔵庫で冷やす必要がない。
ということは、うっかり原始時代にタイムスリップしてしまっても、
生ビールサーバーと原液がありさえすれば、冷たい生ビールがグビグビいけるのだ。
これ以上の発明があるだろうか。


とはいえ、この夏場に生ものはビールだけにしておきたい。
生ものが食べたい人は冷やしておいた方がいい。
衛生面だけでなく「冷やし」というカンムリが付いただけで体温が2度ほど下がる。
こちらは電気をどんどん使ってよーく冷やしてもらいたい。

しかし、実はよく考えてみると、本当に冷たい物には「冷やし」はつかない。
冷やしアイスクリーム、冷やしカキ氷、冷やしスイカすら聞いたことない。
つまり冷えていて当たり前のものは、わざわざ「冷やし」と言わないのだ。
では、どんなものに「冷やし」が付くのだろう。

筆頭は『冷やし中華』だ。
ただ、実際のところ冷やし中華はそんなに冷たくない。
冷やし中華で頭がキーンとなった、なんて人に出会ったことはない。
『中華』の持つ強火灼熱油地獄のイメージを、風鈴レベルに抑えたぐらいの温度だ。
もうちょっと冷やしたい。

生野菜はけっこう冷えた感がある。
冷やしトマト、冷やしキュウリというと常温よりは冷たい気がする。
氷で冷やしてある感じがする。
あわよくば、井戸で、なんて風流を味わえるかもしれない。
それにしたって、この「冷やし」も大して冷えていない。


さて、そういういろんな「冷やし」アイテムの中で、私が好きなのが「冷ごはん」だ。
冷ごはんは冷蔵庫に入れてなくても、室温より冷たく感じる。
ひょっとしたら生ビールに対抗できる唯一の冷やし食材かもしれない。
わが家では、大体朝炊いたごはんが茶碗に半分ほど残っている。
ディナーのラストにこれをどうやって食べるか。

量が少ないから、玉子をかけるとエッグ感たっぷりだ。
そこにふりかけを掛けるとザリザリしておいしい。
魚のフレークやマヨネーズ、キムチなんかも相性がいい。
かつお節や刻みショウガ漬け、ちょっと甘めの味噌もうまい。

おっと、一つだけ断わっておかなくては。
このラストの冷ごはん、シメではない。
まだまだお酒のおつまみだ。
味の付いた冷ごはんはとてもいいお酒の友だ。

おつまみなのでチビチビ食べる。
でも、本当はごはんはドカドカ食べたい。
むしろ、チビチビ食べたからこそドカドカっと食べたくなる。
だからこの後、シメに炭水化物を!
という欲求と戦っている。





↑うちわ片手にクリックしてね。





涼し気な感じがしない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うわぁ~、毛根によくない気がする
何事も「過ぎ」はよくないよ。
お腹に来るぞ。
2017/07/08(土) 08:35 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
冷やご飯(レンジでチンしてもよい)にギンギンの氷水をドバッとかけて、ざらざらとかき込むと夏にはウマいでありますよ。

おかずとして、味の濃い赤貝の缶詰めとかあったらたまらないでありますな。
2017/07/08(土) 13:35 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
こみさん
次から次へと食べるのでびっくりです
こみさんの胃袋は幾つあるのでしょうか
2017/07/08(土) 19:56 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
昔から言いますよね、
『過ぎたるはヨボヨボになるがごとし』
毛根がヨボヨボになっては困ります。
確かに冷えはおなかにくるしね。

ポール・ブリッツさん>
茶漬けならぬ氷水漬けですな。
永谷園のお世話になってもよさそうな感じ。
赤貝の缶詰とはまたピンポイントなおかずですな。

りらさん>
いえいえ、アレを全部食べるわけじゃなくて、
その日によっていろいろ変えてるんですよ。
だとしても夜の炭水化物なんですけどね。
2017/07/09(日) 17:12 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4208-f3ddbe71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック