fc2ブログ
2024 031234567891011121314151617181920212223242526272829302024 05

P・P

今、プリンといえば、百花繚乱、花盛りだ。
生クリームが乗っていたり、マンゴーが入っていたり、
とろ~りだったり、焼きだったり、あらどーもだったり。

ケーキとは明らかに違うし、お菓子というにも違和感がある。
いわば、それ単独でひとつのジャンルを形成しているのだ。
プリンは気高く、プライドが高い。
だから、お中元でゼリーといっしょになるのは仕方ないにしても、
水ようかんとセットになるのはガマンできないはずだ。

こんなに上品でエレガントなプリンだが、
私が子供のころは鍋で煮ていた。
ハウスプリンだ。
粉を水で溶いて、煮て冷まして冷やす。
家中に甘ったるい匂いが充満した。

だからどこの家にもプリン用の型があった。
バケツの形のプリン型。
デコボコした柄のあるゼリー型。
それでも足りないと湯飲みまで動員された。

冷却に入ると、我慢のできない子供たちはうるさい。
「まだ~? まだ~?」
と、秋の夜長のまだまだ虫ぐらいしつこく鳴き続ける。

やっと時間が来る。
やれやれと安心してはいけない。
この型抜きが一番重要なのだ。
万が一、形を崩したりしようものなら、
子供たちは烈火のごとく怒り、レッカーのごとくモノを移動させる。
つまり、投げる。

そんなことがないよう、つまようじなどを使って慎重に皿に出す。
そのてっぺんにカラメルをきれいに乗せ、やっと完成だ。
ここまで行かないと子供たちは納得しない。
パッケージの写真と同じじゃないとイヤなのだ。
だから、プリン用の洋ナシみたいな形のスプーンまで欲しがるのだ。

やがて、プリン界に革命が起きる。
「プッチンプリン」の登場だ。
買ってきて、プッチンするだけ。

これは衝撃的だった。
当時の私は幼いながらも考えた。
「この容器を置いておけば、いつでもプッチンプリンができる!」
ただし、そうすると永遠にプッチンはできないのだ。

プッチンプリンという激震のあとも、プリンは進化を続けた。
いまや主流はコンビニだ。
プッチンはあまり見かけない。
カップから直接食べるようになったのだ。

「私は皿に出して食べる主義だ」
という人がいるかもしれない。
しかし、デコレーションされたプリンは皿に出せない。
それどころか、近頃は牛乳瓶に入ったプリンもあるそうだ。

私は、プリンは皿に出してぷりんぷりんさせてから食べるのが本当だと思う。
容器から出さないプリンなんて、
一口サイズに切ってあるスイカぐらい味気ないと思うのだが、どうだろうか。



↑「今日は何を書こうかな」と悩んでいたら、
 ちづるが「プリンで書け」と言ったのです。





スポンサーサイト



[ 2006/10/17 01:48 ] | TB(0) | CM(8)
昔、「夢を叶える云々」とかいうテレビ番組で、「プリンのお風呂に入りたい」というのがあったのを思い出しました。
八咫もプリンは大好物で一家言ありますねぇ(笑)。
[ 2006/10/17 02:17 ] [ 編集 ]
最近は、スーパーでもコンビニでも本当にいろんなプリンが売ってるねぇ~w

回転すしに行っても、生クリームののってるプリンが回って来るw

kotoもプリンは大好きw
でっかいバケツプリン。。。ちょっと興味があったりしてますw
あのでっかいプリンをお皿に開けて、お腹いっぱい食べてみたいかもw

三重に行った時も、某ケーキ屋さんに、わざわざプリンを買いに行ってきましたwヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
HPで見つけて、おいしそうだったモンだからさぁ~w
[ 2006/10/17 08:55 ] [ 編集 ]
つい最近まで髪の毛がプリンだったikuでつこんにちわんwww

よくお母さんがね、
直径30cmのお皿にのっかる大きなプリンを作ってくれたんだ~(*^-^*)

また食べたくなっちゃったぁwww
[ 2006/10/17 11:06 ] [ 編集 ]
バケツプリンもあるしねぇ。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~ryuju/pudding/pudding-01.html
[ 2006/10/17 20:53 ] [ 編集 ]
プリンをこんなにも熱く語るなんて・・・(笑)
プッチン系も、焼きカスタード系も、牛乳ビン系も、どんなプリンも大好物!
なんでこんなにおいしいんでしょうね~
決死のダイビングには憧れなかったけれど、いくつ食べれる?ってモロゾフのプリンに挑戦!3つ食べたら、気分悪くなった・・・
[ 2006/10/17 21:18 ] [ 編集 ]
ぷりん~
私はぷっちんプリンもぷっちんせずに容器から直接食べる派です
主婦は洗い物が増えなければそれでいいのさ~
たまにハウスプリンを一箱使って丼プリンを作ったりする
その内鍋いっぱい作ってそのまま固めて鍋プリンでも・・・
一般家庭では飛び込めるほどのサイズは作れんのでねぇ
でも最近はなめらかプリンがお気に入りのあるるです
[ 2006/10/18 11:27 ] [ 編集 ]
八咫烏さん>
甘党ですね~。
赤福風呂はいかがですか。
餅気分が味わえますよ。

kotoさん>
プリンの種類、多いですね~。
バケツプリンをがぶがぶ食べるのも魅力だけど、いろんな形のを作るのも楽しいかも。
それにしても、三重の某ケーキ屋ってどこだろう?
おいしかった?

ikuさん>
髪の毛がプリン?
2色だったのかな?
私はおはぎ風です。
ジャンボプリン~
十分一食になりそうですね。
[ 2006/10/18 18:35 ] [ 編集 ]
まむちゃん>
やっぱりやる人がいるのね。
まるでシロップの重さで崩れたようなタイミングやね。

さっちさん>
おっと、プリン相手にコーフンしてしまいました。
誰が発明したんでしょうねえ。
しかし、さっちさんもなかなかのチャレンジャー。
足りないぐらいが一番おいしいですね。
カロリーも高いことだし。

あるるさん>
実は私もぷっちんしてません。
同じ理由で怒られるから。
焼きプリンの固くなったとこが好き。
あれは皿に出したらだめね。
巨大プリンならバットが分けやすくていいかも。
分けちゃつまらんのかな。
[ 2006/10/18 19:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こみ

  • Author:こみ
  • 三重県在住。
    妻のちづると二人でダラダラ暮らしています。
    晴耕雨読が理想です。
    記憶を自在に操る一人暮らしの母のところへ通ったりもしてます。


    ※はじめてご利用のみなさまへ※
       ★おヒマならこみ箱★
     ★こんなんですがギャラリー★


    ↑いい人はクリックしてね。
    人気ブログランキングへ



月別アーカイブ
ブログ検索
ブロとも申請フォーム