凸子と凹子

ここでは、凸子と凹子 に関する情報を紹介しています。
去年から居酒屋のバイトに来始めたKさん。
そしてその友人のQちゃん。
私はこの二人の性格を第一印象で真反対に受け取っていた。

Kさんはスラリと背が高くて冷静そうなタイプだ。
以前アドレスを教えてくれた時も、紙に書いた番号をポンとカウンターに置き、
「登録して」と一言。
なんてかっこいいんだろう。
私はKさんを『シャーペンの芯一本で敵スパイを音もなく始末できる人』と評した。

片やQちゃんは、丸顔でニコニコしててかわいいタイプ。
初めて会ったのは、Kさんの歓迎会のカラオケに呼ばれて来たときだ。
それだけなのに、次に居酒屋に来た時は両手を振って「おーい」と呼び掛けてくれた。
なんと気さくで人当たりがいいのだろう。
私はQちゃんを『Kさんに甘えるお茶目さん』だと思っていた。

二人の関係のイメージが出来上がったのは公民館だ。
Qちゃんが私を送ってくれて、公民館で話していたら、
「待ち合わせ時間にいないけどどうしたの?」とKさんから電話がかかってきた。
「今、公民館で…」と言い訳するQちゃんとそれを聞いて爆笑するKさん。
Qちゃんがうっかりしてて、Kさんがそれを笑って許す、というコンビだと思った。


これが全く違っていた。
最初にわかったのは、Kさんが私の不要なコタツをもらってくれるという話になった時。
LINEでその打ち合わせをしていると、Qさんが飛び込んできた。
「ちょっと失礼」と私に前置きをしておいて、Kさんに説教が始まる。

「あんたは何でももらえると欲しがって、そのままほったらかしやろ!
 家をちゃんと片づけてから言いなさい!
 こみやん、だからちょっと待ってあげてね」

この後居酒屋に行ったとき、Kさんが私のところに来て、
「ごめんなさい、Qちゃんの言う通りなの」と謝ってくれた。
いやはや、この二人の関係は、私の第一印象とは二重の意味で真反対だった。
というのも、うっかりしてるのはKさんのほうで、
Qちゃんは決してそれを笑って許しはしないのだ。

ともかくQちゃんがKさんを叱るときの言葉は強烈だ。
「あのくっそ汚い車に忘れてやがった」
「だいたいこのざまや」
「あんたという人は~」
「こういう女や!」

叱られるたびに、Kさんはしょんぼり頭を下げるだけだ。
あれだけきつい言い方をされたら、友達とはいえケンカになりそうなものだが、
Kさんは爪の先ほどもQちゃんのことを悪く言ったことはない。
「また怒られたそうやな~」とからかっても、

「違うの、私が悪いの」
「Qちゃん怒るけど、それ以上に励ましてくれるの」
「Qちゃんはいつも私のことを考えてくれてるの」
何がシャーペンでスパイを始末する人だ。
むしろKさんの方がカワイイタイプではないか。

そして、どれだけ怒ってもQちゃんはその場限りだ。
まるで竹をカミソリで割ったようにサッパリした性格なのだ。
だから、なんだかんだ言っても名コンビなのだろう。
ふたりとも『名コンビ』と言われるととてもうれしいという。


で、こんな二人とお付き合いしててわかったことが一つある。
私は、怒られる側の人間だということだ。





↑すでに一度怒られたんだけどクリックしてね。






トリオではダメなの?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
何々?何怒られたの?
ヨンホンゲとトケ井が名コンビだと思ってたのに~。
「が~ん!!」という擬音が聞こえた気がする。
2017/05/21(日) 08:29 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさんがQさんに怒られ,ハゲまされた!

こみさん,Qさんに怒られ,そしてハゲまされたんだ!

こみさんがQさんに怒られ,ハゲまされた!
2017/05/21(日) 09:18 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
Qちゃんがいつもの居酒屋に来たとき、おどおどしてしゃべれなかったら、
しゃべらんのかーい!
と怒られました。
ヨンホンゲとトケ井だけの世界だったのにねえ。

chan.na.oさん>
3行同じことを書いとるやないか!
ああ、怒られたさ。
そのストレスでハゲが増したさ。
2017/05/23(火) 22:03 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4160-f876f9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック