7の奇跡

ここでは、7の奇跡 に関する情報を紹介しています。
ちづる家のお彼岸の墓参りの帰りにはいつも温泉に寄ってくる。
枕草子で日本三名泉と言われた榊原の湯と地下でつながっているであろう温泉だ。
私は体を洗わないが、それでもお肌がスベスベになる。
更にサウナで体を絞る。

ここのサウナは小さい。
座れるのは5人ぐらいだ。
この狭い密室に汗まみれのおっさんが無言で集う。
景色も見えずテレビもないのでただ時計を見ている。

サウナの時計は12分計だ。
数字は普通の時計と同じように12まであるが、短針と長針はない。
赤針と黒針というか早針と遅針というか、ともかく同じ長さの針が二本ある。
赤い針が1分で一周すると黒い針が数字一個分進む。
黒い針は12分で一周することになる。


さて、ここからはちょっとわかりにくい説明になるのでよく読むように。
この時計にも『7』という数字がある。
幸いここに表示されているのと同じような字体だ。
つまり、左側に短い縦棒が無く、横棒と斜めの直線だけで構成された『7』だ。

サウナの熱で蒸されてぼんやりこの時計を眺めていてふと考えた。
この『7』の斜め棒、回ってくる針とピッタリ重なるのではないか。
何しろ『7』は最下部にある『6』の次だ。
理屈で行けば『7』を指し示すときの針の傾斜はおよそ60度。
『7』の縦棒もそのぐらいの傾斜ではないのか。

確認できるのは遅くても数十秒後。
1分に一度は赤い針が回ってくる。
3・2・1・ピッタリ!
…だと思う。
でも早すぎて本当にピッタリなのかどうかわからない。

だったらもう一本ゆっくり来る針があるではないか。
黒い針が回ってくるのは遅くても12分以内。
スピードは赤い針の12分の1だ。
さ~~ん・にぃ~い・いぃ~ち・ピーッタリ!

なんだかささやかだが感動があった。
よくぞアラビア数字の七番目をこの形にしたことぞ。
そしてこの数字の形をこのようにデザインしたことぞ。
これこそ奇跡なのではないか。

いや、ただの偶然ではないだろう。
時計職人が何らかの手心を加えたに違いない。
この字体だってもうちょっと丸いのや横長のがあったはずだ。
そこから彼は、ピッタリ合うものをわざわざ選んだのだ。
ひょっとしたら、ピッタリ合うようにわずかながら数字が傾けてあるかもしれない。

そしてもう一つの感動は、
普通の生活の中で、リアルタイムとスローモーションを体験できたことだ。
まるでテレビの科学番組のように、一度見た映像を12分の1のスピードで、
もう一度繰り返して見られたのだ。
そういう体験ができることもあるのだなあ、と感慨を受けた。


ってなことでも考えていないと、
汗まみれのおっさんだらけの密室で黙って座ってはいられないのだ。





↑あったまったらクリックしてね。






針はオプション
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお~パチパチパチ
温泉の絵かな?
蒸しあがった絵かな?
おっ、新しい分野だ。
2017/03/20(月) 09:57 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
疲れ取れました?
それにしてもいろんな事考えるんだね。

ここで一つ疑問が。
他の人も気づいているのか。いないのか。
たぶんいるね。
2017/03/20(月) 11:10 | URL | ミドリノマッキー #-[ 編集]
おおーっ
こんどスパ銭行ったら見てこよう

…12分も入っとれんか…
2017/03/20(月) 22:47 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
ここでトケ井を使わずにいつ使う。
って思ったけど、針が違うと雰囲気出ないねえ。
普通なら温泉絵で終わるとこだけどね。

ミドリノマッキーさん>
リフレーッシュ!
だったけど、この後食堂で待たされて疲れました~
もうちょっと身になることを考えたいなあ。
他の人たち、気づいているのか…
気付いてる人もいるんだろうけど、それが会話に上ることはないだろうなあ。

かめさん>
12分待つことはめったにないですから。
逆にすごいタイミングやと思うわ。
それより、全国のスパで共通ではないと思うよ。
2017/03/21(火) 22:22 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4097-c97f1a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック