ダメの一手

ここでは、ダメの一手 に関する情報を紹介しています。
私は落語を聴いたりする。
どちらかというと新作より古典が好きだ。
古典といってもその時代は範囲が広い。
古くは江戸時代から、昭和のものでも古典と言われる噺は多い。
どの時代であれ、電気やエンジンや通信のない時代の風景が楽しい。

当時は今と違って、庶民の楽しみも少ない。
落語に登場するのは、芝居(歌舞伎)・相撲・花見・花火・囲碁・将棋ぐらいだ。
こういったジャンルの言葉が現代にも残っている。
つまり、語源となっているのだ。

『ダメ』という言葉がある。
この語源は囲碁だ。
『駄な目』つまり、よくない一手ということだ。
これは私もよく使う。
世間でもよく聞く、当たり前に使われる単語だ。

子供やペットを「ダメよ」なんて優しく叱っているシーンをよく見る。
「あいつの仕事のやり方はダメだ」などと酷評されている人もいる。
経験はないが、女性のこそばいところに触って「ダメ」なんて、
案外ダメでもなさそうな言い方でたしなめたりされる男性もいるらしい。
「ダメ」という言葉はこのように使い勝手がいい。

この「ダメ」が囲碁以前にはなかったのだ。
もし、誰も囲碁というゲームを発明しなかったら、今「ダメ」は使えない。
「ダメ」がない世界なんか考えられるだろうか。
「今日から『ダメ』という言葉を使っちゃダメ」と言われたらどうしたらいいのか。


ちょっと辞書で「だめ」を調べてみた。
①むだ
②してはいけない
小さい方の辞書にはこれだけしかなかった。
いや、もはや「ダメ」の意味はこれだけでは納まりきらないはずだ。

『ダメオヤジ』も『だめんず』もピンクレディの『SOS』の歌詞も使えなくなる。
歌詞といえば演歌には結構「ダメ」が出てくるのではないか。
ホントはもっと効果的なたとえをしたいのだが、
あまりに普通に使われ過ぎて「ダメ」の例が見つからない。

英語で「ダメ」はなんというのだろう。
先ほどの辞書で調べたら「useless」だそうだ。
この辞書はダメだ。
こんな単語聞いたことない。
英語なら「NO!」とか「BAD!」って意味で使われることもあるのではないか。

普段世間から「ダメ」とよく言われている私だが、
こうまで集中的に「ダメ」を使ったことは無かった。
おかげで「ダメ」の意味が理解できなくなってきた気がする。
これがひょっとして『ゲシュタルト崩壊』というやつか。
つまり、頭の中でその言葉の意味がダメになっちゃうというやつだ。






↑クリックしなきゃ、と言いたいとこだけどクリックしてね。





言葉が通じるか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そんなコメントしちゃダメよね
揚げ足とっちゃダメよとか、昔のことほじくり返しちゃダメよとか、いろんなエピソード繋げて勝手にストーリー作っちゃダメとか。
2017/01/23(月) 07:48 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
私の寄席はいぢわるこみ箱です
但し 落ちは滅多にありません
2017/01/23(月) 20:49 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
放置してすいません
猫団子さん>
いえいえ、そういうコメントはいいんですよ。
私が知らない難しい言葉を使うのはダメ。
スペイン語で数を数えるとかやっちゃダメです。
さあ、昔あったこんなコメント、探せるかな?


りらさん>
それは褒められてるのかどうなのか……
とはいえ、寄席と言われるのはうれしいなあ。
まさか「よせ」の誤変換じゃないでしょうね。
落ちないってことは、まだ前座か。
2017/01/26(木) 18:36 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
昔あったコメントを探せと?
ムリ!?
そりゃ印象に残ってるコメントでもうそろそろ聞こえそうな「毛去」とかだったら探し出せるけど(これがまた検索にちゃんと引っかかるのよ)キーワードを思い出せないコメントはダメですわ。

…自分のしたコメントでも覚えていないのに。
あのね、2016年3月ごろマイブームでお騒がせ(無理矢理付き合いご迷惑)しました「U.N.C.L.E.(アンクル)」書いたのそれが初めてだったと思っていたのに、2013年に記事から連想してちょこっと書いてたことを先日発見してしまったのですわ。(;'∀')
2017/01/26(木) 21:33 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ポルトガル語の歌は紹介したことがある

スペイン語で数を数える昔あったコメント…
わたしはコメントで,時々,英語,フランス語,中国語を引用しているが,
スペイン語で数を数えるコメントをした記憶がない。
スペイン語に似ているポルトガル語の歌は紹介したことがあるが,数は数えていない。
昨年11月4日のブログ「夏男返上」へのコメントでその歌を紹介している。
そのコメントの概要は次の通りだ。

昨年11月4日のブログ「夏男返上」へのコメント概要

ヨンホンゲが紅く染まって,枯葉と共にハラハラと舞い散るかどうかは不明だが,
かみの毛が舞い散ったまま,12月には増毛への道が絶たれることを考えていたら,
セルジオ・メンデスでお馴染みのボサノバの定番の名曲「マシュケナダ」を思い出した。
マシュケナタ(mas que nada) はジョルジュ・ベンの作品として
1963年に発売された。
マシュケナタは当時のサンパウロのスラングで
「まさか」「なんてこった」「やなこった」などという意味だ。
私の覚えているボサノバの定番の名曲「マシュケナダ」を紹介しよう。
(うろ覚えなので正確でないことをご諒解下さい)

ボサノバの定番の名曲「マシュケナダ」

 オー アリャ ラィ オ オハゲ オハゲ オハゲ
 オーオーオーオーオーオー アリャ ラィ オ オハゲ オハゲ オハゲ
 マシケマダ
 サイダ ミニャ フレンチ ケ,ヌケール バサーァ
 ボゥズ サンバ イスタ アニマートゥ
 ウ ケウ ケー エ サンバ
 エスチ サンバ ケ ミストゥ ジ マラカトゥ
 エ サンバ ジ プレトゥ ヴェ―リュ サンバ ジ プレトゥ トゥ
 マシケマダ ウン サンバ コム エスチ タゥン レガーラ
 ヴォセ ナゥン ヴァイ ケ,ネー キ エゥ シェギ ヌ フィナウ

※マシケマダ→増し毛未だ→かみの毛がハラハラと舞い散ったが,増毛への道も絶たれ,
新しいかみの毛は未だに生えてこないこと。
(新しいかみの毛が生えるのはあり得ないことなのだろうか)

マシュケナタ(mas que nada) なんてこった!
2017/01/26(木) 22:29 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
猫団子さん>
そうなのよ~
昔なんかこんな感じのコメントが、って思っても探せないのよね。
つーか、自分が書いた記事でも探せません。
保存してあるフォルダ見てもタイトルでわからんのだから。
アンクル騒ぎはもうそんな昔だったっけ?

chan.na.oさん>
『ついに日本語でないものを持ち出しましたな。
それにしても、学がある人なのか、趣味人なのか。
いろんな知識があるのに使い方を間違っているのでは?』
って私がレスをしたやつですな。
こんな内容になんて優しいワシ。
で、なんでこのコメントを思い出した!
2017/01/28(土) 17:56 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/4040-dc693965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック