キング オブ ローガン

ここでは、キング オブ ローガン に関する情報を紹介しています。
視力検査の結果、左右とも1.5だった。
眼力未だ衰えず。
いや、どえりゃー衰えているのだ。
世間がおっしゃっていた通り、おっさん遠くは見えても近くはさっぱりだ。

そんなわけで私はいくつものメガネを使いこなしている。
居間では細いタイプの老眼鏡。
会社では緑の老眼鏡を首からぶら下げて。
通勤には折り畳み式をポケットに。
車にはいざという時のため、サングラスに挟む補助用を。
寝床ではちょっと度の強い金属製の重いのを。
パソコンをするときはちづるが誕生日にくれたブルーライトカットの遠近両用。
そして出勤時は富士山ブルーのサングラス。※過去記事参照

で、一つ余っている。
ここの記事にもしたはずだが、昔メガネ屋さんに行って遠近両用を作った。
「最初はまごつきますが、毎日掛けて慣れてくださいね」
と言われていたのだが、慣れる前に疎遠になってしまったのだ。

初めのうちは会社で掛けていた。
仕事中にかけたり外したりがめんどくさかったからこれがいいと思った。
しかし、遠近両用と言うのは、下の方が老眼用で上が遠くを見るようになっている。
階段の上で紙を数えるときは便利なのだが、それを持って降りるとき、
下り階段で下を見ると『老レンズ』のせいでめまい状態のようにぼんやりしている。

ちなみに私は遠くは見えるので遠近と言ってはいるが、上は普通のレンズだ。
だったら、細手の老眼鏡を下にずらして掛けているのと同じだ。
だから階段を下りるときサッと外せるようにぶら下げるタイプにしたのだ。


かといって、大枚はたいて買ったこのメガネが遊んでいるのはもったいない。
なので先ほど挙げた私の生活時間の中でメガネがない時に掛けることにした。
つまり、お出かけの時だ。
お出かけだと着るものが変わるのでメガネを持つのをよく忘れる。
無理して常に掛ける癖をつけようという算段だ。

そんなわけで、最近はホームセンターや本屋さんでメガネを掛けているようになった。
ところがやっぱり不便なのだ。
私は背が高くもないのに世間を見下ろすようにして歩く。
ちづるに言わせると『裸の王様みたいに歩く』のだそうだ。

あごを上げ、見下ろすようにすると、視線は老レンズの位置に来る。
世間がめまい状態だ。
だから、なるべくうつむき加減にして、やぶにらみのように歩く練習中だ。
遠近両用メガネに慣れるということは、姿勢まで変えなければならないのだ。


それはいいとして、ちづるさん。
なんで“裸の”王様なのだ。
普通に『王様みたいに歩く』でいいではないか。
誹謗中傷か。





↑王様も大統領もクリックしてね。






耳がないのは気にせずに
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
だって「王様」にもいろいろあってみんながみんな偉そうじゃないじゃん
例えば…思い浮かばん。
2016/11/10(木) 07:18 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
そして出勤時は富士山ブルーのサングラス。※過去記事参照・・・・
だけでは その記事にはたどりつけないでしょ・・・

やはり心配りが出来ない王様だね
2016/11/10(木) 19:52 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
王様は裸じゃない。
偉そうではあるけれど。

りらさん>
リンクってやつが難しくて~
王様は気配りができないのよね。
社長と一緒よね。
2016/11/10(木) 22:03 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3966-2756991c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック