小さな声が聞こえない

ここでは、小さな声が聞こえない に関する情報を紹介しています。
この日曜は朝から畑に行った。
土が湿っているから耕したりはできない。
作業は草削りだ。
畝の間や畑の周りの草をクワで粉砕していく。

ダイコンやコカブは先週種蒔きできたので一安心だ。
一週間でずらりと発芽した。
野菜は天候不順で育ちが悪いというのに、
センチュウ予防に植えたマリーゴールドが花盛りだ。

花

さて、この日の作業のメインは午後だ。
畑のまだ耕してないスペースに植えるための苗づくりだ。
トレイに蒔いたコマツナ、ミズナ、小ハクサイ、チンゲンサイ、レタスなどが、
せまい一区画にたくさん育っている。
これを一本に間引きしなくてはならない。

苗たち

この作業が老眼には大変なのだ。
理想は5センチ角ぐらいの1マスに3本ぐらい育っているのがいい。
ところが、私の太い指は種を少しだけつまむのが苦手なので、
ドッサリ生えているマスがある。

3本でも10本でも1マスの土の量は同じだ。
ということは、本数が多いほど定量の栄養を取りあい、ヒョロヒョロに育っている。
その中から一番いいのを1本選ぶのだ。

この基準が難しい。
太く短く葉の元気なものがいいのだが、これが一長一短だったりする。
これは根元が太いけど間延びしている。
これは背が低いけど葉が巻いている。
これは歯が元気だけど茎がグネグネだ。

こうなるともはや勘に頼るしかない。
別に私はそれで構わない。
どうせ1本にしてから肥料をやれば大きく育つだろう。
ただ、苗の気持ちになってみるとちょっと気の毒だ。

おそらく、1マスの中で本人たちはわかっているだろう。
「どうだい、このマスで残されるのは一番太いこのワシさ」
なんて思っているやつ、たぶんまわりの者も、
「ああ、このマスではあいつが残るんだろうな」
と思っているに違いない。

なのに私はうっかり違うのを切る。
「なぜワシを~」
「あら、ボクが残っちゃった」
たぶん私の“見る目”なんてそんなものなのだ。

でも、なるべくそんなことは考えないようにしている。
こういうマスがおよそ500あるのだ。
一マスずつにこんな感情移入はしていられない。
だいたい、切って捨てられる方が圧倒的に多いのだ。
その悲鳴が聞こえたら、それはもう阿鼻叫喚の地獄絵図ではないか。

趣味の園芸なのに。





↑無言で作業をしているとろくなことを考えないのでクリックしてね。






いかんいかん
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
抜く作業
そうか、意に反して抜かれた苗ののろいが反映してるのね。
何に?ってのは書かないでおこう。
2016/10/26(水) 07:44 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
試してみては如何 大きく育つかも
ヨンホンゲも間引きして,イッポンゲにしたら,大きく育つのか?

こみさん,試してみては如何 大きく育つかも… 知らんけど
2016/10/26(水) 08:33 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
こみさんへ
┏━━━━━━━━★┃
おはよーございます!

近かったら間引き菜貰うのに残念やゎ^^;
トイレに撒いたって読み間違え💦 
こみちゃんちって凄い!!って💦

これで趣味の園芸って言い放つ こみちゃんってやっぱ凄い人!

今 葉っぱもんが高騰で大変
レタス2種類と水菜を植えました
可愛いもんやろ^^;               
┃★━━━━━━━━┛
2016/10/26(水) 09:17 | URL | komamichi #-[ 編集]
猫団子さん>
苗の呪い……
……
……
何にや!

chan.na.oさん>
大きい一本ってどんな感じなのかなあ。
波平のようでもあるし、ある意味モヒカンでもあるし。
落語『頭山』のようでもあるし。

komamichiさん>
まだまだ幼苗の間引きだから食べるようなのじゃないですよ。
トイレには蒔かないですよ。
肥えは効いてそうだけど。
葉っぱモン高いですよね~
今日はキャベツが500円もしてましたわ。
早く育てよわが野菜。

2016/10/26(水) 21:06 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3951-bb331945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック