二枚重ねの紙婚式

ここでは、二枚重ねの紙婚式 に関する情報を紹介しています。
職場が引っ越してちょうど2年。
「もう2年も経ったのか」といいう感慨と、
「まだ2年しか経ってないの」という驚きが入り混じっている。
普段通りの仕事をしているときは、そんな時間経過は考えていない。
今の環境にポーッと馴染んでいるだけだ。

ただ、見るたびに、
「もう2年も経つのに」
と、呆れてしまうものがある。
トイレットペーパーの箱だ。
ズラリと並ぶ棚の一番端っこの上に乗せてある。

このトイレットペーパーは100個入りの大箱で、バラ売りはしていない。
傷物になったのを、以前は社内用として使っていた。
ところがこちらに引っ越してからは、二枚重ねのやわらかいのを使うようになった。
お客さんも使うからかもしれないが、私はこの固い方が好きだった。

そんなわけでこの大箱は、宙に浮いたトイレットペーパーなのだ。
「持って帰ってもいいよ」と言われてはいるが、このままでは家には大きすぎる。
なので思い出すと数個ずつ持って帰るのだが、めったに思い出さないのだ。
先日見てみたら、まだ70個ぐらいは残っているようだ。
2年も経つのに。

じゃあどうやって減らしているかというと、私が机で使っている。
芯を抜いて内側からしゅるしゅる引き出して、いろんなものを拭く。
つまりティッシュペーパーの代わりだ。
水分の吸い取りはいいし、手軽でなかなか便利だ。


では、ティッシュペーパーは置いてないかというと、これもちゃんと置いてある。
雨に濡れてしまった5個セットを「使って」と言われてもらったのだ。
机の上に並んでいるトイレットとティッシュのペーパーコンビ。
ティッシュを使うのは、ほぼ鼻をかむときだけだ。

これには悩ましい思いがある。
ティッシュペーパーは最初の1枚を使うと次のがとりやすいように出てくる。
これがティッシュペーパーの花だ。
花言葉は『無垢・純潔・汚れのない白』だ。
人の粘膜にまで接する可能性のあるティッシュは、完全に清潔であって欲しい。

が、今述べたように私はほとんどの場合トイレットを使っている。
ティッシュの花は咲きっぱなしだ。
ほこりまみれになっているのではないだろうか。
目には見えない細かいいろんな粒子が、繊維の間にいっぱい付着しているのではないか。

鼻をかむのは、たいていくしゃみや鼻水が出た時だ。
原因として、花粉症やシックハウスが考えられる。
いわばホコリだ。
くしゃみが出た時にほこりまみれのティッシュを使っていていいものか。

だったら、鼻をかむのにも常に新鮮なトイレットペーパーを使えばいいのか。
いやそれはできない。
なぜなら、トイレットペーパーは水に溶けるのだ。
ああ、思い出されるあの大惨事。
2年間でそれだけは学習したのだった。






↑結婚は一年目が紙婚式で、二年目だから二枚重ねで……ていうような意味のタイトルだけどクリックしてね。





いつもの風景





非日常
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
その大惨事を書かんかい
えっと、ずずずい~っと読んでこの感想ってどうなの?っと自己突っ込みしときます。
2016/10/06(木) 07:29 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
かみ生えてこん!

色付きの文字ティッシュペーパーは二枚重ねの「カミコン(紙婚)式」,
こみさんは,かみ生えてこん!
2016/10/06(木) 10:41 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
毛違い!
色付きの文字
毛違いで文字に色がつかなかった。
2016/10/06(木) 10:45 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
いぢわるされた

F室にぃぢわるされた!
文字に色がつかない。
2016/10/06(木) 10:49 | URL | chan.na.o #-[ 編集]
こみさん
つまりティッシュペーパーの代わりだ。

到底耐えられない・・・・
2016/10/06(木) 22:20 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
大参事は想像してね。
いや、経験あるでしょ。

chan.na.oさん>
なに宣言や!
『手違い』や!
やーいやーい、えらいぞF室。

りらさん>
すごーく近いと思うんですけどねー。
たとえば、シマシマと縞柄ぐらいの差ですよ。
ただ、大量の鼻水だと大参事になるんです。
2016/10/08(土) 21:55 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3931-3c2e4717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック