その男プーン

ここでは、その男プーン に関する情報を紹介しています。
朝、雨が降ってなかったので畑に行った。
とはいえ土いじりはできないから、ダイコンの間引きと収穫だけだ。
帰ってきたのは10時半。
汗だけ拭いてすぐ出発した。

この日は隣の市のホームセンターへお買い物だ。
あわてて出発するのは、お店が混み始める前にどこかでお昼をいただくためだ。
一応目当てはあって、そのホームセンター近くのラーメン屋に行こうと思っていた。

車を走らせていると、ちづるが臭い臭いと言い出した。
私は何も感じない。
それもそのはず、ニオイの元凶はこの私。
昨日食べたニンニクのせいなのだ。

夕べはカツオのたたきがあった。
カツオと言えばニンニクだ。
幸い我が家には自前で収穫したニンニクがたくさんあった。
すりおろすのが面倒だったので、スライスニンニクをカツオに貼りつけて食べたのだ。

うちの両親はニンニク臭にうるさい。
なので実家に行くときのために、昨日ニオイ消しを買った。
それを食え、とちづるは言うが、残念ながら持ってきていない。
どうして家にいるうちに言わないのか。


なんだかんだ言っているうちに隣の市に入った。
久しぶりに通る道だ。
すると見たことのないラーメン屋ができているではないか。
これはナイスタイミング、ここに入ってみよう。

初めてのラーメン屋では、ノーマルのラーメンを頼むことにしている。
でないとその店の基本形がわからないからだ。
それが決まっているから、店に入ったらすぐ注文する。
後から来た常連がメニューも見ずに注文したら順番を抜かされる。
注文が5秒遅れたら、ラーメンが出てくるのは5分遅れる。

そんなわけでその店の名前が付いたメニューの最初に載っているラーメンを頼んだ。
それからゆっくりメニューを読む。
あれあれ? なんかおかしいぞ。
隣のページに『ラーメン』というメニューがある。
うわーしまった、メニューの最初はこの店オススメのスタミナラーメンだ。

私はメニューの数が多くて、それにいろいろ説明が書いてある店が嫌いだ。
ゴチャゴチャしていて、選べなく無くなるからだ。
注文してからそのゴチャゴチャを読んでいてとんでもないことがわかった。
私たちが頼んだのは、青森産ニンニクが丸のままゴロゴロ入っているラーメンなのだ。

他の具は、豚肉、ニラ、もやし、トウガラシだ。
これがどうやら炒めてあるらしい。
ニンニクはまさに丸ごと、まるで茶碗蒸しのユリ根を食べている食感だ。
ちづるはそれを食べ兼ねている。
これがすごすぎて、一緒に頼んだギョーザに全くパンチを感じない。

店を出てから、ラーメンの批評をしながらホームセンターに向かった。
ちづるももう臭いとは言わない。
同類になったのだ。
これから行くお店の人が気の毒ではあるが。





↑そして夜はジムに行ったんだけど迷惑だったかなクリックしてね。






本人は心地良い
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひょえぇぇ~
今日に持ち越してないでしょうね?
2016/09/20(火) 07:32 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ブログのコメントにも書きましたが、「毒蛇」をはじめとするネロ・ウルフものの旧作、グーテンベルグ21から和訳がKindle版でごろごろ出ています。訳者も早川と同じです。

である以上、早川がポケミスや文庫で再刊する可能性はトイレットペーパーよりも薄いと思われます。

紙の本で読むのにこだわられるのならしかたがありませんが、小説自体が読めればそれでいいというのなら、もうあきらめて携帯をスマホにして、Kindleのアプリを入れて、パソコンとスマホで電子書籍として読まれるしかないのではないかと……。年貢の納め時というか。南無。
2016/09/20(火) 11:51 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
こみさん
同類になったのだ・・・
キスしたの?
2016/09/20(火) 23:33 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
なにしろ自分ではわからないのよね~
持ち越してなかったとして、また食べるから。
干してたとこに雨がしけ混んだので、急いで食べたいとこです。

ポール・ブリッツさん>
ひえ~、電子モノになっちゃったの?
スマホで長編一冊読む自信はないなあ。
訳者が同じってことは、新訳ではないってことかな?
他の作品だけど、ポケミスではアーチー・グッドウィンが、
「よござんす」なんて言っててビックリしましたぞ。

りらさん>
あらま、なんてことを。
ちづるもニンニクを食べたから同類になったってことですよ。
わざわざニンニク食べてからそんな事する人いないでしょー。
2016/09/21(水) 18:17 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3915-56c9083d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック