ハッピースチロール

ここでは、ハッピースチロール に関する情報を紹介しています。
玄関にずっと発泡スチロールの箱が置いてあった。
何が入っていたものだろうと疑問に思っていたのだが、
ああそうだ、車の点検の時おろしたままだったのだ。
夏場に生ものの買い物をしたときなどに入れるつもりで常備していたやつだ。

これはずいぶん昔から車に乗せっぱなしだったので、周りが少しすり減っている。
色も黒ずんできて骨董感が出始めている。
少し前に新しい発泡スチロールの箱があった。
今のよりちょっと小ぶりで使い勝手も良かったのだが、そちらを捨てた。

発泡スチロールの箱はひとつあるとなかなか便利だ。
ただ、使うとなると『なにが入っていたか』を考える。
この小ぶりなのに入っていたものはなんだったか。
そうだ、サバだ。
ちづるが会社でもらったサバが丸々一本裸で入っていたのだ。

生魚が直に入っていたとなると、ちょっと使うのは躊躇する。
嗅いでみて生臭さが無かったとしても、この前歴は消し去れない。
洗うのもいやだ。
案外大きいし、乾いたかどうかわかりにくいし、破片が取れてくるし、
どうかしたら割れるし、キュキキュキうるさいからだ。


が、捨てるのも捨てにくい。
案外大きいし、割ると破片が散乱するし、割っても大きいし、
可燃物か不燃物かわかりにくいし、ゴミ箱の中でキュキキュキいうからだ。

だから、できることなら誰かに差し上げたい。
でも、ただ箱だけではなかなかもらってもらえない。
発泡スチロールに入れなければならない理由のあるものを満杯にしないと差し上げにくい。
そういう中身は、できれば我が家に置いておきたいものだ。

箱だけでもらってくれそうだからという理由で、これを子供に与えてはいけない。
子供は発泡スチロールを割るのが大好きだ。
細かい破片が飛び散るのも平気で木端微塵にし、
結局破片以外の部分、つまりすべてを風に吹き飛ばさせてしまう。
しかもキュキキュキいう音を聞いてキャピキャピ喜ぶのだ。


サバの過去を持つ発泡スチロールはちづるに捨ててきてもらった。
ちづるがもらってきたのだから当然だ。
車に乗せていた箱は車に復帰した。
またいずれ使うこともあるだろう。

実は会社にもう一つある。
夏場、弁当やおやつ、飲み物などを冷やしておくのにいいと思って、
職場が引っ越すときに持って行ったのだ。
そのときは気付かなかったのだ。
発泡スチロール単独では冷えないってことを。

確か去年の夏は、冬場に使うポットやマグカップをしまっていた。
今年は電気ポットがティファールの湯沸しになったので片づけていない。
カラの大きな発泡スチロールの箱が棚の重要な場所を占拠している。
捨てたい。
でも、紙屋に発泡スチロール捨て場はないのだ。




↑こんな日だから『ハッピー』って使っちゃったけどクリックしてね。









新品みたい
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お祝いの品詰め合わせ
ヘアブラシ、○毛剤、帽子、ヘアウイッグ。
2016/07/24(日) 07:31 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
ちょっと真面目におめでとう
2016/07/24(日) 12:52 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
トゲ丼
発泡スチロールの箱から出てきたの?
何時から?
リコメにその時のイラスト書いた日
URL 貼ってね
2016/07/24(日) 20:13 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
詰め合わせより、間隔が詰まって欲しいなあ。
なんのやっ!
マジメな方もありがとうございます。
なんでだろうって思ったらB面だったのね。
今日から新しい私ですぞ。

りらさん>
うぐっ、こいつは痛いところを突かれたなあ。
いつだったかなあ。
なにしろ、初めて描いたつもりだったからなあ。
2016/07/25(月) 22:24 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3857-57ca07d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック