『おしん』で使え

ここでは、『おしん』で使え に関する情報を紹介しています。
予告通り、昨日は畑を耕しに行った。
コカブを植えてあった2本の畝と、その隣の葉物を畝、
そしてもう1本、ここまで一切触れなかったがダイコンの畝だ。
これだけを耕してしまうと夏野菜に向けての耕し作業は完成する。

9時半ごろ畑に行き、肥料を撒いてただひたすら耕すのだが、
その前にまず、ダイコンをすべて収穫した。
ダイコンといっても普通のダイコンではない。
夏野菜の植え付けまでの間に作れる小ぶりのダイコンだ。
ダイコンおろしにふさわしい辛みのあるダイコンとのことだった。

一個一個はニンジン並みに小さいのだが、小さいがゆえにたくさん植わっている。
全部収穫してみたら、葉をちぎっても小ぶりのバケツに2杯あった。
こんな感じだ。

バケツで


今、「なんだなんだ」と二度見をした方、
気持ちはわかります。
ちょっと形がわかるように並べてみよう。

ダイコンが立った


ダイコンというのは、土の中の石などの影響で形が変わりやすい。
よくセクシーダイコンなんてのが紹介されていたりするが、
これはその類ではない。
こういう形の品種なのだ。

野菜の種売り場を見に行ったらよくわかるが、今野菜にはものすごい種類がある。
メーカーがいろいろと品種改良をしているのだ。
そのおかげで、病害虫に強い品種やうま味の強い品種ができている。


が、このダイコンはどのような意図で品種改良されたのだろう。
なにかこの形にメリットがあるのだろうか。
ちょっと考えてもらいたい。
先端が広がっているこのダイコン、抜くのがどんなに大変かを。

ともかく葉っぱを持って引っ張ったら、葉が全部ちぎれてしまう。
首のところを持って、左右にグリグリ揺さぶり、土ごと引っこ抜くのだ。
そしてそのあと土をふるい落とさなければならない。

バケツへの納まりも悪い。
考えながら並べるように入れていかないと隙間がたくさんできてしまう。
普通のダイコンならまっすぐきれいに入るのに。
こんな苦労をしたのは、居酒屋のバイトの子にプレゼントするのに、
百均バケツにアヒルちゃんを並べて以来だ。

そして、この裏側の形状を見てもらおう。

足の裏


ご覧のようにくぼんでいる。
どうやって皮をむくのだ。
細長い部分と広がった部分を切り離し、半分に割らないと包丁ではむけない。
彫刻刀でも使えというのだろうか。

ちょっと試しに切ってみた。
ものすごく手間がかかってキーッってなった上に、
全部採り遅れで“ス”が入っているではないか。
ええい、もう全部廃棄だ。
なんだったんだ、抜く、洗う、運ぶ、切るの苦労は。





↑タイトルは「このダイコンならおしんが大根飯作るのにもっと苦労しただろう」ってことだけどクリックしてね。






掘るしかない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
え~、え~、え~!!
こんな形状の大根初めて見た~。
そんでもって全部廃棄したんですと~?
え~~~~~~~!!
2016/06/13(月) 07:02 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
こみさん
最近 写真が多いみたい
記事よりも写真が語るべきものがあるみたい

イラスト
トゲ丼の「ぬかねばわかるまい」
その言葉に納得です
2016/06/13(月) 07:13 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
記事も抜かねば打てるまい、書けるまいというとこやけど、パソやからね
写真つきのエエ記事が書けたから良しとして

こみさんの毛根にも見習って欲しい、抜けにくい形状や
2016/06/13(月) 10:49 | URL | かめ@スーパー大根足 #-[ 編集]
下から見てると、ニンニクみたいや
2016/06/14(火) 01:45 | URL | かめ #-[ 編集]
猫団子さん>
変わってるでしょ~
種袋の写真ではもっと首部分が太いと思ったんだけどねえ。
バケツ二個のうち一個は全滅。
もう一個は検品予定だけど、もうトウが立ってたからね。

りらさん>
久しぶりにカメラをいじったら、ちょっと虫が騒いじゃったのよね。
更新が楽だし。
抜いたら抜けない仕組みがわかるかも。

かめさん>
写真ネタは簡単でいいなあ。
毛根をこうするためにはどのように品種改良したらいいのかなあ。
髪って品種改良できるのかなあ。
ニンニクはニンニクで収穫したのよ。
2016/06/14(火) 23:49 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3814-b71e2483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック