痛いの大好き

ここでは、痛いの大好き に関する情報を紹介しています。
膝の裏を痛めてしまった。
正座はできないし、足を伸ばして寝るのも痛い。
ちづるは歩きすぎだと言うがそんなことはない。
会社までは片道25分だし、今も歩くのは痛くない。
梅雨に入っても徒歩通勤できる方法を模索して、昨日もポンチョで歩いて帰った。

なんでこんなに張り切っているかというと、ダイエットの効果が現れてきたのだ。
上半身に筋肉が付いたような気がして、ほうらと見せたらちづるもそう思うという。
体重は3キロぐらい減ったので、体脂肪はもっと減っているはずだ。
先日は居酒屋でMえに「顔が小さくなった」と言われた。

人間というものはこういう時に調子に乗るものだ。
現にこのブログの話題がここしばらく徒歩通勤関連ばっかりだ。
そして調子に乗るとやり過ぎる。
若い頃ならそれでもいいのだが、年をとるとやり過ぎは失敗につながる。


私のダイエットの三本柱は、徒歩通勤、作り置き粗食、腕立て伏せだ。
腕立て伏せは週に二回と決めている。
それが一番効果的なのだそうだ。
理想的なのは月・木曜の二回だ。
木・月間は中三日になるが、土日には畑で汗をかく場合があるからだ。

さて、この月曜日、思ったより仕事が少なくて早く片付いた。
腰回しや横曲げの準備運動をして腕立て伏せにかかる。
1分間に10回のゆっくりペースで、手の位置を変えてトータル12セット。
やり始めたころはもっと少ない回数でも、最後にはプルプル震えていたが、
今では汗はかくものの完全にこなせるようになっている。

時間は余ったし、運動は物足りない。
体が温まるとやる気は出てくるのだ。
チューブを使って腕を引き付ける運動をやってみた。
腕立て伏せは腕を伸ばす力なので、曲げる方にテンションのかかる運動がしたい。

でも、チューブの運動はつまらない。
腕を戻すときに負荷が減るので達成感がないのだ。
本当は懸垂がしたい。
上半身のフォルムを逆三角形に見せる広背筋を鍛えるには懸垂が一番だ。
ただ、懸垂用に用意した鉄パイプをセッティングするのは見られたくない。

そこで、トレーニング本を立ち読みして知った方法を試してみた。
腰を落として何かにつかまり、体を引き付けると言うやり方だ。
幸い職場にはフォークリフトという安定感抜群のつかまるものがある。
さっそくリフトを職場の端っこに移動して実行だ。

斜め懸垂みたいなものだからラクラクだと思っていたがこれが結構きつい。
10回を5セットしてみたらへとへとになった。
おっさんになってから普段使わない筋肉を急に使ってはいけない。
翌日の筋肉痛のすごかったことよ。

ところがご存じのように、年をとると筋肉痛はもっと遅く現れる。
そんなわけで今朝の筋肉痛のひどいこと。
筋肉痛で目覚めたのは初めてだ。
二の腕から肩、脇の下の背中側がギンギンに固まっている。
学芸会の昆布の役もできないぐらいだ。


まだ楽だった昨夜、ちづるにこの話をしてこう言われた。

「もう筋トレの話をするな。つまらん!」

皆さんにもこう思われてないか心配だ。





↑今もヒーヒー言っているけどクリックしてね。






安易すぎる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
安心してください、つまらなくないわよ
同じ話の繰り返しでもないし、自慢話でもないもん。…でもないか。
でも面白いのよね、なんででしょ。
2016/06/08(水) 07:06 | URL | 猫団子 #mQop/nM.[ 編集]
リバースの
ディップスも後背には
オススメです。
2016/06/08(水) 12:36 | URL | マルボーズ隊員(タカダカズヤ) #.Oqi5Drk[ 編集]
こみさん
凄い頑張ったね
花丸あげるね
2016/06/09(木) 19:53 | URL | りら #sSHoJftA[ 編集]
猫団子さん>
どうしても自分の興味のある話になっちゃうのよね。
なので今はダイエットと草取りばかり。
頭って、あんまりいろいろ考えられないものね。

マルボーズ隊員さん>
ヴィックス・ヴェポラッヴのことかと思った~
さすがやってるだけあって詳しいですな。
ま、私にはどんなんかわかりませんが。
あの後ろ腕立て伏せみたいなやつかな。
アレもフォークリフトで行けそうだ。

りらさん>
うおー、久しぶりに無条件で褒められたー!
これはうかつにやめられないなあ。
2016/06/09(木) 23:14 | URL | こみ #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabekube.blog6.fc2.com/tb.php/3809-d7a082e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック